東京海上日動イーデザイン損保は、どちらも東京海上グループですね。どちらにするか、迷っています。

ダイレクト(ネット通販)型にメリットを感じられるかが、第一の関門です。

東京海上日動とイーデザイン損保は、どちらも東京海上グループの損害保険会社です。

両社には大きな違いがあります。東京海上日動は代理店型の、イーデザイン損保はダイレクト(ネット通販)型の損害保険会社です。

自動車保険は、代理店型とダイレクト(ネット通販)型に分けることができます。

損保会社と契約している代理店を窓口にするのが代理店型、ネットや電話などで損保会社が顧客と直接にやり取りするのがダイレクト(ネット通販)型です。

代理店型自動車保険とダイレクト(ネット通販)型自動車保険の仕組み

ダイレクト(ネット通販)型は、代理店のためのコストがかからないので、その分保険料が安くなります。

しかし、代理店がないので、加入・更新・内容変更・請求といった手続きを、加入者がネットや電話を通じて、損保会社と直接にやりとりしなければなりません。

そのことを大きな負担と感じる方にとっては、ダイレクト(ネット通販)型のイーデザイン損保は選択肢に入りません。

東京海上日動とイーデザイン損保は、歴史的にも、企業規模も、組織面でも、大違いです。

2014年に損保ジャパンと日本興亜損保が合併し、損保ジャパンが誕生しました。それまで代理店型トップ(=国内トップ)だった東京海上日動は、残念ながら損保ジャパンに売上規模で抜かされて、業界第2位に後退しました。

とは言え、長年、国内の損保業界に君臨してきた東京海上日動です。人材や組織の力を考えると、依然として業界のリーダーであることは変わりはないはずです。

一方、イーデザイン損保は、2009年の設立。ダイレクト(ネット通販)型の中でも、歴史の浅い企業です。いろんな面で、東京海上日動に見劣りするのは、やむを得ません。

そんな2社の、会社の成り立ちや規模を調べました。数字は2017年度末です。金額は正味収入保険料です。

東京海上日動 イーデザイン損保
創業 1879年(明治12年) 2009年(平成21年)
直営の全国拠点数 386 3(住所で集計)
従業員数 17,368人 264人
自動車保険売上 10,785億 280億
総売上 21,680億 280億
ソルベンシー・マージン比率 735.1% 282.4%

会社としての歴史は当然として、従業員数で86倍、売上高で101倍と、圧倒的な差があります。

もっとも、イーデザイン損保は、ダイレクト(ネット通販)型という販売形態をとっている以上、企業として成長しても、全国の拠点数や従業員数を、東京海上日動並みに増やすことはないでしょう。

組織を大きくしてしまうと、それを維持するために保険料が高くなって、ダイレクト(ネット通販)型の魅力が弱まってしまいますから。

イーデザイン損保は、事実上の東京海上日動の通販(ダイレクト販売)部門と言うことができます。

東京海上日動とイーデザイン損保との間には、圧倒的な差がありますが、そのことは、イーデザイン損保にとってマイナスイメージにはなりません。

イーデザイン損保は、実質的に東京海上日動の通販(ダイレクト販売)部門と呼べる立場です。東京海上日動という力強い後ろ盾(だて)があることは、安心感につながります。

イーデザイン損保の株主や、役員の顔ぶれを見ると、両社のつながりの深さが分かります(2017年度末)。

イーデザイン損保の株主
  • 東京海上ホールディングス(株) 95.18%
  • NTTファイナンス(株) 4.82%
イーデザイン損保の役員 取締役10人中9人と、監査役3人全員が、東京海上日動出身者。

イーデザイン損保は、会社の資金面は当然として、人材の面でも、東京海上日動と密接な関係にあります。

東京海上日動とイーデザイン損保の、自動車保険の補償内容は、どちらが優れていますか?

補償の基本部分は、似通っています。しかし、細部を見ると、東京海上日動の方が手厚いです。

まず、それぞれの自動車保険の補償内容を比較します。

品ぞろえの充実度を比べます。それが保険料に見合うかは、後ほどご説明します。

対人賠償保険 東京海上日動 イーデザイン損保
対人賠償保険の補償内容に差はない。
対物賠償保険 東京海上日動 イーデザイン損保
対物賠償保険の補償内容に差はない。東京海上日動は、対物超過修理費用特約が自動セットされる。イーデザイン損保は任意。
人身傷害保険 東京海上日動 イーデザイン損保
人身傷害保険そのもの補償内容は同レベル。補強のための用意されている特約数は、東京海上日動の方が多い。
車両保険 東京海上日動 イーデザイン損保
車両保険の基本の機能は同レベル。車が全損になったときや、こちらが無過失の事故での補償は、東京海上日動の方が行き届いている。
ロードサービス 東京海上日動 イーデザイン損保
東京海上日動は、30分以内とか年に1回とか、制限が多い。一方、イーデザイン損保は、代替交通費や引取り費の補償がない。
プラン作成の自由度 東京海上日動 イーデザイン損保
個人が一般的な補償内容で加入するなら、自由度は同レベル。ただし、特殊なニーズに幅広く対応できるのは東京海上日動。
総合 東京海上日動 イーデザイン損保
基本の仕組みに大きな違いはないものの、東京海上日動の方が、補償の選択肢が多くて、設計の自由度が広い。

自動車保険は、自賠責保険(強制保険)と一体となって、ドライバーや同乗者を守ります。

だから、民間企業の商品でありながら、高い公共性を持っています。

そのために、各社の特色ある補償やサービスが盛り込まれつつも、基本の仕組みは共通しています。

しかし、それを補強する補償や特約の豊富さや、それらを組み合わせるプランの自由度は、東京海上日動が勝っています。

東京海上日動のような代理店型の損保会社の場合、商品が少々複雑でも、代理店の営業員が対面で説明・案内します。

だから、補償の選択肢を多くしたり、設計の自由度を高められます。

一方、イーデザイン損保のようなダイレクト(ネット通販)型の損保会社は、素人が迷わないように、スッキリと分かりやすい商品にしなければなりません。そういう事情もあります。

事故対応についての安心感は、東京海上日動がやや優勢です。

補償やサービスに大きな差はなくても、それらの丁寧さとか迅速さとか親切さ、つまり品質に違いがあるかもしれません。

特に大切なのが、事故対応の品質です。

自動車保険では、事故が起こってから、損害保険会社が調査や示談交渉をおこなって、保険金額が決まり、支払われます。

そのスムーズさや迅速さに、損害保険会社の実力の差が出ます。

事故対応の評判を知るには、公正なアンケート調査が一番参考になります。また、交通事故の当日初期対応の違いも併記しました。

交通事故での当日初期対応 東京海上日動 イーデザイン損保
どちらも事故の連絡受付は24時間365日。そして、当日初期対応も24時間365日。
オリコン日本顧客満足度ランキング 東京海上日動 イーデザイン損保
『オリコン日本顧客満足度ランキング自動車保険2019』によると、東京海上日動は2位、イーデザイン損保は8位。ちなみに、2018年版ではイーデザイン損保が上でした。
J.D.パワー事故対応満足度調査 東京海上日動 イーデザイン損保
『J.D.パワー自動車保険事故対応満足度調査2019』によると、東京海上日動は4位、イーデザイン損保は2位。ちなみに、2018年版では東京海上日動が上でした。
総合 東京海上日動 イーデザイン損保
イーデザイン損保の評判は十分に良いが、東京海上日動はそれを上回る。

イーデザイン損保の評判は、J.D.パワーとオリコンとで温度差があります。

J.D.パワーではトップクラスの高評価ですが、オリコンではそれほどではありません。

一方の東京海上日動の評判は、まんべんなく良好です。

どちらかを選ぶとしたら、東京海上日動の方が安定感で勝っています。

ちなみに、イーデザイン損保は、事故対応において、東京海上日動のサービス・ネットワークを利用できます。

よって、両社の間に、決定的な差異は生まれにくいと考えられます。

ただし、自動車事故のときに、警備員が事故現場に駆けつけて、現場対応を支援・代行してくれるのは、イーデザイン損保です。

イーデザイン損保も東京海上日動も、事故対応の評判は良いのですね。

なお、利用者による、両社の口コミ情報は、イーデザイン損保の評判・口コミ東京海上日動の評判・口コミをご覧ください。

代理店型の東京海上日動より、ダイレクト(ネット通販)型イーデザイン損保の方が、保険料は安そうですが、どのくらい違いますか?

両社の保険料には、あきらかな差があります。イーデザイン損保の割安感が目立ちます。

年齢、車両保険の有無、免許の色、車種を変えて保険料を比較しました。

車両保険の有無で金額が大きく変わるので、別々に比較します。なお、車はトヨタのアクアの中古車(市場価格100万円)での見積もりです。

車両保険あり

車両保険を付けるときの一括払い保険料です。

26歳7等級
東京海上日動 139,460円
イーデザイン損保 85,000円
35歳10等級
東京海上日動 91,290円
イーデザイン損保 51,800円
45歳14等級
東京海上日動 80,410円
イーデザイン損保 48,370円
55歳19等級
東京海上日動 72,200円
イーデザイン損保 46,160円
55歳(20歳の子)
東京海上日動 209,200円
イーデザイン損保 121,640円

ダイレクト(ネット通販)型のイーデザイン損保の方が安いのは、当然ですが、金額の差はかなり大きいです。

車両保険なし

車両保険を付けないときの一括払い保険料です。上と比べて、金額はかなり減ります。

26歳7等級
東京海上日動 74,800円
イーデザイン損保 50,240円
35歳10等級
東京海上日動 50,840円
イーデザイン損保 30,340円
45歳14等級
東京海上日動 44,450円
イーデザイン損保 28,470円
55歳19等級
東京海上日動 39,810円
イーデザイン損保 27,290円
55歳(20歳の子)
東京海上日動 110,510円
イーデザイン損保 66,980円

車両保険を外すと、保険料そのものが圧縮されるので、両社の金額差は小さくなります。

それでも、両社の違いは歴然としています。

イーデザイン損保は、ダイレクト(ネット通販)型の中でも、平均的な価格設定です。

代理店型の東京海上日動より、大幅に安いイーデザイン損保ですが、同じダイレクト(ネット通販)型の中では、どのくらいの安さなのかを、調べました。

下のグラフでは、車両保険を付けないときのイーデザイン損保の保険料を、6つの年齢・等級のパターンで、代理店型とダイレクト(ネット通販)型のそれぞれの平均と比較しています。

イーデザイン損保の保険料を、代理店型とダイレクト型の平均と比較したグラフ

イーデザイン損保の保険料は、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近い水準です。

もちろん、代理店型の平均より、かなり安いです。

平均額付近は、競合他社がひしめき合っているので、必ず比べて選びましょう。

東京海上日動、イーデザイン損保それぞれに、勝っている点と劣っている点があるのですね。

どちらかを選ぶとしたら、決め手はやはり代理店が必要かどうか、になりそうです。

ここまで、東京海上日動とイーデザイン損保の自動車保険を、さまざまな角度から比較しました。

その結果、保険料はイーデザイン損保の方が、大幅に安かったです。一方、補償内容と事故対応の評判では、東京海上日動の方が優位でした。

ただし、補償内容と事故対応の評判の差が、保険料の差に見合うほど大きいかというと、微妙でした。

とすると、どちらを選ぶかは、やはり代理店を必要とするかどうか、で決まりそうです。

すでに自動車保険の経験をお持ちで、補償内容が固まっているなら、代理店が無くても平気です。

冒頭で説明したように、代理店の役割は、加入・更新・内容変更・請求といった手続きの対面窓口です。

ちなみに、代理店型であっても事故の受付は、損保会社が窓口になります。

事故の連絡を代理店にしても、代理店は損保会社に伝言するだけです。間に代理店をはさむと、損保会社の初動がその分遅くなる恐れがあります。

すでに何年か、自動車保険を継続していて、補償内容がだいたい固まっているなら、代理店が無くても、スムーズに手続きできます。

ダイレクト(ネット通販)型でも、電話やメールでの質問には、丁寧に答えてくれますし。

自動車保険初心者には、無料の自動車保険一括見積サービスをおすすめします。

初めての自動車保険ということなら、代理店型自動車保険の方が、安全かもしれません。

もし、ダイレクト(ネット通販)型自動車保険で、保険料を節約したい、ということなら、無料の自動車保険一括見積サービスをおすすめします。

主要な自動車保険の見積もりを一気に集められるサービスです。

ダイレクト(ネット通販)型損保会社のウェブサイトに行くと、保険料見積もりの機能が提供されています。そこで、初心者向けに、おすすめプランが3パターンくらい用意されています。

このおすすめプランは、あくまでも損保会社の"売りたいプラン"です。残念ながら、これをうのみにするのは危険です。

その点、無料の自動車保険一括見積サービスのおすすめプランは、特定の損保会社にかたよらない、バランス良い内容になっています。

おすすめプランに、ご自分のニーズを反映させていけば、意外とスムーズに見積もりを入手できます。

また、このサービスでは、見積もり入手後も、条件を変えて再見積もりすることができます。

東京海上日動とイーデザイン損保を検討するときに、いっしょに比較した方がいい自動車保険はありますか?

代理店型自動車保険をご希望なら、損保ジャパンAIG損保も検討してください。

損保ジャパンは、国内損保市場において、東京海上日動の最大のライバルです。年間の売上高で激しく首位争いしています。

補償内容や品質は接近しているので、保険料の値段や、それぞれの代理店への信頼の度合いで、どちらにするか決められそうです。

もう一つ付け加えるなら、AIG損保をおすすめします。

米国のAIGグループの傘下の、外資系損保会社です。

売上規模は、東京海上日動や損保ジャパンに遠く及びません。しかし、ダイレクト(ネット通販)型に比べると、まだまだ優勢です。

AIG損保をおすすめする理由は、事故対応の評判の高さです。上でご案内したオリコンやJ.D.パワーの口コミ・ランキングでも、毎年安定して上位につけています。

不安な点は、代理店の数が少ないことです。お近くに、AIG損保の代理店がないかもしれません・・・

なお、代理店型自動車保険の加入にあたっては、代理店の存在が大切です。損保会社に相談すれば、最寄りの代理店を紹介してくれます。補償内容と保険料だけでなく、代理店への信頼感も判断材料にしてください。

イーデザイン損保といっしょに検討したいのは、こちらの自動車保険です。

イーデザイン損保の、ダイレクト(ネット通販)型自動車保険としての特徴は、以下の2点です。

  • 代理店型の大手損保に見劣りしない、事故対応の品質。
  • ダイレクト(ネット通販)型として、平均的な水準の保険料設定。

要するに、

ダイレクト(ネット通販)型の安い料金で、大手損保並の品質を提供しており、コストパフォーマンスに優れています。

ダイレクト(ネット通販)型の中でも、魅力度が高い商品の一つです。

着眼点別に、イーデザイン損保と比べていただきたい商品をご案内します。

同じ大手損保系列ならセゾン自動車火災

イーデザイン損保の親会社東京海上日動と、激しく売上トップ争いを演じているのが、損保ジャパンです。

この損保ジャパン系列のダイレクト(ネット通販)型損保が、セゾン自動車火災です。

同社の主力商品は『おとなの自動車保険』です。

保険料は

かなりクセのある料金体系です。

10〜20代はかなり高額です。30代以降になって、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近くなります。

それでも、ダイレクト(ネット通販)型平均より、高くなることが多いです。

例外は、運転する同居の子どもがいる世帯です。このケースでは、トップクラスに安くなります。

事故対応の評判は

イーデザイン損保より、やや劣る印象です。

それでも、代理店型の大手損保並の評価を受けているので、不安を感じることは無さそうです。

事故現場に駆けつけて支援・代行するサービスを

セゾン自動車火災もやっています。

ダイレクト(ネット通販)型は、補償が薄いというイメージをくつがえす、注目のサービスです。

サービス品質の高さならソニー損保

ソニー損保は、ダイレクト(ネット通販)型損保の売上高トップを、ここ数年独走しています。

最高レベルの品質

その原動力は、代理店型、ダイレクト(ネット通販)型をひっくるめて、トップクラスの評価をされている、品質の高さでしょう。

自動車保険の品質そのものと言える事故対応でも、信頼できるマーケティング調査会社のランキングで、最高レベルの評価を獲得しています。

日本を代表するエレクトロニクス企業ソニーのグループ会社というのも心強いです。

ダイレクト型としては割高

ただし、保険料の料金設定は、ダイレクト(ネット通販)型としては高いです。

代理店型から乗り換えるのであれば、安く感じられるでしょうが、他のダイレクト(ネット通販)型と比べると、割高です。

事故現場駆けつけサービス

事故現場に駆けつけて支援・代行するサービスは、セールスポイントの一つです。

ダイレクト(ネット通販)型は、補償が薄いというイメージをくつがえす、注目のサービスです。

保険料の安さならチューリッヒネット専用自動車保険

チューリッヒ保険は、社名が表すとおり、スイスに本拠を置く世界的な保険グループです。

同社は、一般家庭向けに2つの自動車保険を販売しています。『スーパー自動車保険』と『ネット専用自動車保険』です。

テレビ、ネット、新聞・雑誌などで盛んに宣伝しているのは『スーパー自動車保険』です。

最新鋭の機能を備えた、同社の看板商品です。

他方、『ネット専用自動車保険』は機能を最小限に絞って、保険料を安くした商品です。

機能を絞っていると言っても、標準的な補償は一通りそろっています。

ただし、取り扱い上の制限がいくつか設けられています。主なものでは・・・

  • 加入できるのは21歳〜69歳の個人に限られる。
  • 手続き・窓口はインターネットのみ(電話・郵送は不可)。
  • 保険料払込は、クレジットカード一括払いのみ。
  • 契約の更新は自動(更新の通知はない)。事前の拒否は可能。

支障がないようなら、候補に加えてください。

保険料は

業界最安値レベルです。

ほとんどの見積もり条件で、三本の指に入る安さです。最も安くなることも少なくありません。

事故対応の評判は

代理店型の大手損保と比べると、やや低い印象です。

ただし、大幅に劣るわけではなく、保険料の安さを考慮すると、許容できる範囲でしょう(人によりますが)。

詳しくは、チューリッヒ保険の2つの自動車保険を比較をご覧ください。

なお、以下の一括見積りサービスをご利用いただくと、『ネット専用自動車保険』の保険料見積もりが手には入ります。

主な自動車保険の補償内容と保険料を比較するなら、一括見積りサービスがおすすめです。

近年では、損保各社のホームページに、使いやすい見積もり機能が提供されています。見積もりを集めるだけなら、時間をかければできそうです。

ただし、見積もりを比較するためには、損保各社の自動車保険の見積もり条件をそろえなければなりません。これがやっかいです。

各社の自動車保険の条件をそろえるには、それぞれの商品の特徴や独特の言葉遣いを理解できている必要があります。

何度か見積もりを作り直したあげくに、それでもちゃんとできているか自信を持てない、となりがちです。

その対策として、おそらくもっとも有効なのが、無料の一括見積サービスです。

1回(=1社分)だけ必要事項を入力すると、主な自動車保険の見積もりが、自動的に手元にそろいます。

入力の手間を省けるうえに、入力した内容をもとにすべての見積もりが作成されます。

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報