JA共済とはどんな組織なのですか?

JA共済は、国内最大級の共済で、大手保険会社とそん色のない規模を誇ります。

共済と保険はかなり似ています。大きな違いは、共済が会員制のサービスである点です。

誰でも、JA共済に加入できる

共済によって、組合員になれる条件は異なっています。

農業関係者は、出資金を払って(1回のみ)、所定の手続きを経て組合員になります。

農業関係者以外がサービスを利用するには、次の2つの方法があります。

  • 准組合員(組合員と同等の立場)
  • 員外利用(組合員とならずに、サービスを利用する)

よって、農業関係者でなくても、生活圏内にJA(農業協同組合)の窓口があるなら、保険を検討するときの選択肢に入ります。

共済は、損保会社と生保会社を兼ねる

JA共済の、個人向け商品のラインナップを見ると、下のようになっています。

保険のジャンル JA共済の商品名
生命保険
  • 終身共済
  • 養老生命共済
  • こども共済(学資)
  • ライフロード(年金)
  • 引受基準緩和型終身共済
  • 一時払終身共済
  • 一時払介護共済
  • 定期生命共済
損害保険
  • むてき共済(建物更生共済)
  • 団体建物火災共済
  • 火災共済
  • 自動車共済
  • 自賠責共済
医療・介護保険
  • 医療共済
  • がん共済
  • 介護共済
  • 引受基準緩和型医療共済
  • 傷害共済

というように、個人向け保険にかかわる、すべてのジャンルを網羅しています。

これだけの品ぞろえの保険会社はありませんから、JA共済は、日本有数の保険会社と見なすことができます。

JA共済の資金力は巨大だが、自動車保険の売上は大手損保より低い

次に、JA共済の規模を、損保業界のトップ4と比較します。2018年3月末の総資産(企業のすべての資産)と自動車保険売上(元受正味保険料)の2項目で比べました。

社名 総資産 自動車保険
売上高
JA共済 587,740億 2,847億
あいおいニッセイ同和 34,867億 6,613億
損保ジャパン 76,882億 10,812億
東京海上日動 96,698億 10,674億
三井住友海上 70,982億 6,642億

総資産では、JA共済が圧倒的です。JA共済は、巨大金融機関と言えそうです。

ただし、自動車保険に絞って比べると、大手損保より見劣りします。大手損保で最も低いあいおいニッセイ同和の半分以下です。

とは言え、売り上げの規模としては十分に大きいです。たとえば、ダイレクト(ネット通販)型売上トップのソニー損保の売上高は、981億円です。JA共済は、これの3倍近く売り上げています。

JA共済の自動車共済を、損保会社の自動車保険と比較したときの、強み・弱みを教えてください。

JA共済の自動車保険について、同業他社と比較しての印象をまとめると以下のようになります。

★★★★が満点。★★は、他に魅力があるなら許せるかもしれないレベル。は、おすすめできないレベル。

補償の充実度 ★★★★
設計の柔軟性 ★★★★
共済掛金(保険料)の安さ ★★
事故対応の評判

JA共済の自動車共済の補償内容は、損保会社の自動車保険と、同等です。

JA共済の自動車共済は『クルマスター』という愛称で販売されています。

その補償内容について、損保会社が販売する、一般的な自動車保険との相違点を調べました。

補償内容は同等

JA共済の自動車共済の補償内容は、一般の自動車保険と同等です。

その証拠に

一般の自動車保険とJA共済の自動車共済の間で、切りかえても、等級をそのまま引き継ぐことができます。

これが可能なのは、自動車保険としてのベースの仕組みが共通しているからです。

JA共済だから損保会社と等級を引き継ぎできるのであって、他の共済だと、できないことが多々あります。

一般的な自動車保険並みに、プランを作成できる

損保会社の自動車保険は、全員共通の基本補償にさまざまな特約を組み合わせて、自分好みの補償プランを作成できます。

JA共済の自動車共済も、プラン作成の柔軟さ・幅広さの点では、遜色ありません。

用語は、一般の自動車保険と異なる

注意が必要なのは、自動車共済と自動車保険とで、言葉づかいに違いがあることです。

共済の用語 保険の用語
共済金額 保険金額
共済掛金 保険料
共済期間 保険期間
被共済者 被保険者
保障 補償または保険
傷害定額給付 搭乗者傷害保険

"ほしょう"を表するのに、損保会社は"補償"としています。これに対して、JA共済は"保障"という漢字を使っています。

ちなみに、同じ共済でも、こくみん共済coopの自動車共済は、"補償"を使っています。

補償と保障は、厳密は意味が異なります。ただ、わたしたち消費者は、それを意識することはありません。

JA共済のサービス体制は、代理店型自動車保険に近いです。

損害保険会社の自動車保険を、サービス体制で分類すると、代理店型とダイレクト(ネット通販)型に分けられます。

JA共済のサービス体制は、代理店型損保に近い

代理店型とダイレクト(ネット通販)型の大きな違いは、加入・更新するとき、あるいは保全(契約内容の変更等)や請求(保険金の支払い請求)のときに、対面で説明を受けたり手続きをできるか、という点です。

代理店型自動車保険だと、損保会社と提携している代理店が、わたしたちの窓口になります。

他方、ダイレクト(ネット通販)型では、インターネットや電話を介して、損保会社と直接やり取りします。

JA共済の窓口を、この2つの型と比べました。

サービス JA共済 代理店型 ダイレクト型
加入・更新 全国のJA 代理店 損保会社
保全・請求 全国のJA 代理店 損保会社
事故対応 系列の損保 損保会社 損保会社
ロードサービス 提携業者・工場

JA共済の場合、各地のJA(農協)に共済担当者がいます。その人が加入者の窓口になります。

また、JA共済の傘下には共栄火災があります。

共栄火災は、独自の保険商品を販売しながら、JA共済の保障事業にも深く関わっています。

損保会社の営業形態で言うと、JA共済は、代理店型損保会社に近い体制で、サービスを提供しています。

共済は、掛金(保険料)が安いというイメージがあります。JA共済は、どのくらい安いですか?

JA共済は、代理店型自動車保険とダイレクト(ネット通販)型自動車保険の、中間の価格設定です。

いろいろと見積もり条件を変えて試算したところ、JA共済の自動車共済の共済掛金(保険料)は、代理店型自動車保険より安く、ダイレクト(ネット通販)型より高い価格設定でした。

共済掛金(保険料)は、車両保障を付けるかどうかで、大きく変動します。そこで、付ける場合、付けない場合に分けて、それぞれ見積もりしました。

車両保障を付けたときの共済掛金(保険料)

車両保障を付けたときの、JA共済の共済掛金(保険料)を、代理店型とダイレクト(ネット通販)型の自動車保険の保険料平均と比べました。

6パターンの年齢と等級の組み合わせで見積もりして、その結果を下表にまとめました。

21歳7等級 代理店型
平均
155,203円
通販型
平均
133,554円
JA共済 138,450円
26歳7等級 代理店型
平均
118,400円
通販型
平均
86,409円
JA共済 102,820円
35歳10等級 代理店型
平均
80,715円
通販型
平均
57,908円
JA共済 70,240円
45歳14等級 代理店型
平均
72,935円
通販型
平均
53,362円
JA共済 63,740円
55歳19等級 代理店型
平均
67,963円
通販型
平均
47,854円
JA共済 56,560円
65歳20等級 代理店型
平均
61,793円
通販型
平均
43,329円
JA共済 48,810円

代理店型の平均は、国内大手4社(あいおいニッセイ同和、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上)の保険料をもとに、ダイレクト(ネット通販)型の平均は、主要8社の保険料をもとにしました。

できるだけ、見積もり条件を同じにして、算出しました。

価格の傾向が分かりやすくなるように、上表をグラフにしました。

JA共済の共済掛金(保険料)(車両保険あり)

JA共済の共済掛金(保険料)は、全パターンで、代理店型の平均より安く、そしてダイレクト(ネット通販)型の平均より高くなりました。

車両保障を付けないときの共済掛金(保険料)

車両保障を付けないときの、保険料比較をご覧ください。比較の方法は、上と同じです。

21歳7等級 代理店型
平均
89,165円
通販型
平均
69,938円
JA共済 75,550円
26歳7等級 代理店型
平均
68,138円
通販型
平均
47,960円
JA共済 55,130円
35歳10等級 代理店型
平均
47,060円
通販型
平均
31,884円
JA共済 36,840円
45歳14等級 代理店型
平均
42,600円
通販型
平均
28,853円
JA共済 33,370円
55歳19等級 代理店型
平均
39,880円
通販型
平均
25,590円
JA共済 29,460円
65歳19等級 代理店型
平均
36,425円
通販型
平均
23,598円
JA共済 25,710円

こちらでも、上表をグラフにしました。

JA共済の共済掛金(保険料)(車両保険なし)

車両保険を外しても、代理店型より安く、ダイレクト(ネット通販)型より高いという傾向は、変化ありません。

ただ、全体的に、ダイレクト(ネット通販)型により近い金額になっています。

JA共済の魅力は、対面の窓口がありながら、代理店型自動車保険より安いところです。

自動車保険の代理店型とダイレクト(ネット通販)型の保険料を比べると、代理店型の方が、かなり高くなります。

代理店の担当者が窓口になってくれるかわりに、そうしたサービス体制を維持するためのコストが、保険料に上乗せされています。

JA共済は、JAの保険担当者が窓口になっているので、サービス体制は代理店型損保に近いです。

にもかかわらず、JA共済の掛金(保険料)は、代理店型損保の保険料より安く設定されています。

安くできる理由は、以下が考えられます。

  • JA共済は、損害保険だけではなく、生命保険や医療保険も扱っており、売上高を確保しやすい。
  • JA(農協)は、保障性商品(=保険)以外にも、多くの収益源を持っている。

いずれにしても、

対面のサービスがあるのに、代理店型自動車保険より安い点が、JA共済の魅力です。

JA共済の事故対応は、一般の自動車保険と同じくらいに、安心できますか?

少し古いデータですが、日経ビジネス誌『アフターサービスランキング』では低評価でした。

損保会社が販売する自動車保険の事故対応力は、J.D.パワーやオリコンといった、中立的な機関による顧客満足度ランキングを通して、客観的に知ることができます。

ところが、これらのランキングから、自動車共済は外されています。

そこで、やや古くなりますが、日経ビジネス誌による、アフターサービスランキングの結果をご紹介します。このランキングの自動車保険部門には、自動車共済も含まれていました。

会社名 2014年 2013年 2012年
ソニー損保 1位 1位 1位
セゾン自動車火災 2位 12位 -
富士火災* 3位 14位 3位
チューリッヒ保険 4位 8位 6位
イーデザイン損保 5位 11位 -
あいおいニッセイ同和 6位 13位 13位
損保ジャパン* 7位 10位 9位
三井住友海上 8位 2位 4位
三井ダイレクト損保 9位 4位 10位
日本興亜損保* 10位 3位 8位
東京海上日動 11位 5位 7位
アクサ損保 12位 9位 14位
SBI損保 13位 6位 11位
全労済 14位 7位 12位
JA共済 15位 15位 15位

*の損保会社のうち、富士火災はAIU保険と合併してAIG損保に、損保ジャパンと日本興亜損保は合併して損保ジャパンになっています。

また、全労済は、こくみん共済coopに名称を変更しました。

ご覧のように、JA共済は、ランクインした中で(回答数不足の保険会社はランク外)、3年連続で最下位でした。

これだけ悪いと、その後抜本的な対策をとっていない限り、改善を期待しにくいです。

ちなみに、このランキングは、2014年度から後中断されています。影響力が大きくて、訴訟沙汰になったりしたので、たぶん自粛したのでしょう。

サービス産業生産性協議会のJCSI(日本版顧客満足度指数)でも、好評とは言えません。

公益財団法人日本生産性本部に設置されたサービス産業生産性協議会が、10年ほど前から、業種毎の顧客満足度ランキング=JCSI(日本版顧客満足度指数)を公表しています。

ただ、5位までしかわからなかったり、気になる損保会社が対象外になっていたり、全体的に公表される情報が少なかったりで、使い勝手は今ひとつです。

しかし、自動車保険のランキングに、共済の商品も含めているので、それらの評判を知りたいときは、多少参考になります。

そこで、過去5年間の損害保険部門のランキングをチェックしましたが、JA共済の名前は1つのありませんでした。

6部門あって、それぞれ5位までが公表されています。つまり、1年につき、のべ30社の名前が登場します。

5年分を振り返りましたが、JA共済の名前は1度も出てきませんでした。

さしあたって、JA共済の顧客満足度は、高くはないようです。

いずれにしても・・・

事故対応に関して、JA共済をおすすめする根拠は、見つかりませんでした。

JA共済といっしょに検討した方が良い自動車保険はありますか?

JA共済と一緒に検討するなら、ダイレクト(ネット通販)型自動車保険をおすすめします。

JA共済の自動車共済と代理店型自動車保険の保険料を比べると、代理店型の方があきらかに高くなります。

サービスの品質は向上するかもしれませんが、価格差を考えると、代理店型をおすすめしにくいです。

ダイレクト(ネット通販)型の中から、事故対応の評判が良い商品を、ご案内します。

おすすめは事故対応の評判が良いダイレクト型

ダイレクト(ネット通販)型自動車保険の中から、事故対応の評判が良い商品をご案内します。

  • イーデザイン損保
  • セゾン自動車火災
  • ソニー損保

JA共済なら、加入・更新・請求などの手続きを、JAの担当者と顔を突き合わせて進めることができます。

ダイレクト(ネット通販)型にすると、加入者自身が、損保会社のウェブサイトや電話で、手続きをやらなければなりません。

そのかわりと言っては何ですが、おすすめの3つの自動車保険には、事故現場駆けつけ支援サービス(サービス名は商品によって異なります)が、用意されています。

事故現場から損保会社に連絡すると、提携している警備保障会社(セコム、ALSOK)の警備員が駆けつけて、現場対応を支援・代行してくれます。

加入者全員に無料で提供されます。

こうしたサービスのせいもあって、おすすめの3社の事故対応は、代理店型損保に負けないくらい好評です。

以下で、それぞれについて補足説明します。

イーデザイン損保

国内の損保市場では、東京海上日動と損保ジャパンが、激しく首位を争っています。

そんな東京海上日動系列のダイレクト(ネット通販)型損保が、イーデザイン損保です。

会社の規模はまだ小さいですが、定評ある東京海上グループのサービスネットワークを利用できる、という強みがあります。

実際、イーデザイン損保の事故対応の評判は、代理店型の大手損保(損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上など)に引けを取りません。

イーデザイン損保の保険料は、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近い水準です。

ほとんどの見積もり条件で、JA共済より安くなるでしょう。

セゾン自動車火災

東京海上日動のライバルである、損保ジャパン系列のダイレクト(ネット通販)型損保が、セゾン自動車火災です。

同社の主力商品は『おとなの自動車保険』です。

保険料は

かなりクセのある料金体系です。

10〜20代はかなり高額です。JA共済より高くなります。

30代以降になると、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近くなります。

JA共済と同じくらいか、少し安くなりそうです。

なお、運転する同居の子どもがいる世帯の保険料に限り、トップクラスに安くなります。

事故対応の評判は

代理店型の大手損保並の評価を受けているので、不安を感じることは無さそうです。

ソニー損保

ソニー損保は、ダイレクト(ネット通販)型損保の売上高トップを、ここ数年独走しています。

最高レベルの品質

その原動力は、代理店型、ダイレクト(ネット通販)型をひっくるめて、トップクラスの評価をされている、品質の高さでしょう。

自動車保険の品質そのものと言える事故対応でも、信頼できるマーケティング調査会社のランキングで、最高レベルの評価を獲得しています。

日本を代表するエレクトロニクス企業ソニーのグループ会社というのも心強いです。

ダイレクト型としては割高

ただし、保険料の料金設定は、ダイレクト(ネット通販)型としては高いです。

JA共済と近い金額になりそうです。保険料(掛金)の節約にはなりにくいです。

自動車共済のライバル商品なら、こくみん共済coop『マイカー共済』があります。

自動車共済の中から競合商品を選ぶなら、こくみん共済coop『マイカー共済』が有力候補です。

全労済が2019年に名称を変えて、こくみん共済coopになりました。全国の都道府県生協などが窓口になります。

  • こくみん共済coop『マイカー共済』

『マイカー共済』の補償内容は、多少シンプルになっていますが、損保会社の自動車保険や、JA共済の自動車共済と同等です。

また、損保会社の自動車保険との間で、等級を継承できます。もちろん、JA共済との間でも承継できます。

掛金(保険料)は、ダイレクト(ネット通販)型と同じくらい安いです。もちろん、JA共済より安いです。

主な自動車保険と、補償内容や共済掛金(保険料)を比較するなら、一括見積りサービスがおすすめです。

近年では、共済でも損保各社でも、ホームページで使いやすい見積もり機能が提供されています。見積もりを集めるだけなら、時間をかければできそうです。

ただし、見積もりを比較するためには、全商品の見積もり条件をそろえなければなりません。これがやっかいです。

異なる商品の条件をそろえるには、それぞれの商品の特徴や独特の言葉遣いを理解できている必要があります。

何度か見積もりを作り直したあげくに、それでもちゃんとできているか自信を持てない、となりがちです。

その対策として、おそらくもっとも有効なのが、無料の一括見積サービスです。

1回(=1社分)だけ必要事項を入力すると、主な自動車保険の見積もりが、自動的に手元にそろいます。

入力の手間を省けるうえに、入力した内容をもとにすべての見積もりが作成されます。

こくみん共済coopの見積もりも、いっしょに作れます!

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報