チューリッヒ保険の自動車保険の、補償、保険料、評判、競合などをご案内します。

チューリッヒ保険は、フランスに拠点を置く、世界的保険グループの日本法人です。

日本国内での営業実績は20年を超え、ダイレクト(ネット通販)型損保の中で、第2位の売上高です。

このページでは、チューリッヒ保険の自動車保険について、以下の内容をご案内します。

2008年のCM

チューリッヒ保険とはどんな会社なのですか?

チューリッヒ保険は、スイスにある世界的な保険会社チューリッヒ保険の日本支店です。

チューリッヒ保険、世界に展開する保険グループ、チューリッヒ保険・インシュアランス・グループの日本支店です。

チューリッヒ保険は、世界的な保険会社

世界で最も読まれているビジネス誌『フォーチュン』による、2018年の世界の保険会社(生損保を合わせて)の収入トップ15は以下の通りでした。

順位 保険会社(グループ)
1位 バークシャー・ハサウェイ 米国
2位 アクサ(AXA) フランス
3位 中国平安 中国
4位 アリアンツ ドイツ
5位 中国人寿保険 中国
6位 かんぽ生命 日本
7位 プルデンシャル イギリス
8位 ゼネラリ イタリア
9位 ステートファーム 米国
10位 中国人民保険 中国
11位 ミュンヘン再保険 ドイツ
12位 日本生命 日本
13位 メットライフ 米国
14位 エイゴン オランダ
15位 チューリッヒ保険 スイス

チューリッヒ保険は、世界で15位の保険会社です。

日本の保険会社が2つ、チューリッヒ保険より上にいます。どちらも生命保険会社です。

ちなみに、日本の損保会社で最も高順位なのは、東京海上ホールディングスの22位です。

スイスの本社

日本での営業開始は1986年なので、すでに30年以上営業しています。

外資系損保会社の中では、実績がある保険会社の一つです。

チューリッヒ保険は、2つの自動車保険を、販売しているそうですね。どこが違っているのですか?

チューリッヒ保険は、充実タイプとエコノミータイプの、2つの自動車保険を販売しています。

チューリッヒ保険は、個人向けに2つの自動車保険を販売しています。

  • スーパー自動車保険
  • ネット専用自動車保険

テレビ、新聞、雑誌、ネットなどで盛んに宣伝されているのは、『スーパー自動車保険』です。

一方、『ネット専用自動車保険』はその低価格版で、地味な専用ウェブサイトでひっそりと販売されています。

『スーパー自動車保険』と『ネット専用自動車保険』の補償内容を比較しました。

チューリッヒ保険の2つの自動車保険の、中身が異なる箇所を、表にまとめました(共通するところは省いています)。

搭乗者傷害保険
スーパー
自動車保険
自動付帯
ネット専用
自動車保険
なし
ロードサービス
スーパー
自動車保険
自動付帯
ネット専用
自動車保険
付けるか付けないかを選べる。
ファミリーケア特別見舞金特約
スーパー
自動車保険
原則付帯
ネット専用
自動車保険
なし
選べる特約の数
スーパー
自動車保険
17個
ネット専用
自動車保険
8個
見積もり・申込
スーパー
自動車保険
電話、インターネット、郵送
ネット専用
自動車保険
インターネット
加入条件
スーパー
自動車保険
18歳以上の個人、法人
ネット専用
自動車保険
21歳〜69歳の個人
保険料の払込
スーパー
自動車保険
クレジットカード(一括・分割・リボ)、
銀行振込・引き落とし、
コンビニ払い
ネット専用
自動車保険
クレジットカード(一括払いのみ)

『ネット専用自動車保険』は、保険料が安くなるかわりに、いくつか機能が制限されています。

その中でも、加入する人にとって、特に大きな影響がありそうなのは、次の3点です。

  • 手続きがインターネットのみで、電話・郵送は使えない。
  • 20歳以下と70歳以上は入れない。
  • 保険料払い込みは、クレジットカード一括払いのみ。

『ネット専用自動車保険』が見劣りする点を、補償内容に限ってピックアップすると、➀搭乗者傷害保険がない、➁特約の数が少ない、の2点だけです。

日常の足として車を使い方々にとって、大きな不足はなさそうです。

2009年のCM

チューリッヒ保険の2つの自動車保険の、どちらがおすすめですか?

年齢制限や保険料一括払いがクリアできるなら、『ネット専用自動車保険』をおすすめします。

『ネット専用自動車保険』をおすすめする理由は、次の3点です。

  • 業界トップクラスの安い保険料。
  • 人身傷害保険があるので、搭乗者傷害保険が無くても、必要な補償を確保できる。
  • 事故対応は『スーパー自動車保険』と同等。

『ネット専用自動車保険』は、業界トップクラスの安さです。『スーパー自動車保険』も、中身の割には割安です。

2つの自動車保険の保険料を、8パターンの年齢と等級の組み合わせで、比較しました。

それ以外の見積もり条件は統一しています。車両保険は付けていません。金額は月々の保険料です。

ただし、『ネット専用自動車保険』は年払いしかないので、月払いに換算しています。

なお、参考に、代理店型の平均と、ダイレクト(ネット通販)型の平均も載せています。

チューリッヒ保険の、2つの自動車保険の保険料比較

『スーパー自動車保険』は

見積もり条件によって、ダイレクト型の相場より高くなることもあれば、安くなることもあります。

一方の『ネット専用自動車保険』は

年齢制限のため20歳と75歳の保険料はありませんが、残る6パターンのすべてで、ダイレクト型の相場より安くなりました。

搭乗者傷害保険が無くても、人身傷害保険で死亡やケガに備えられます。

補償内容で、『ネット専用自動車保険』が他の自動車保険より劣るのは、搭乗者傷害保険が無いことです。

搭乗者傷害保険があると、自分自身や同乗者が事故でケガをしたときに、定額の保険金が出ます。

ただし、搭乗者傷害保険が無くとも、『ネット専用自動車保険』には人身傷害保険が自動セットされているので、死亡やケガに備えることができます。

人身傷害保険からは、実際にかかった治療費に相当する保険金が出るので、この保険だけあれば、十分に補償してもらえます。

搭乗者傷害保険の優れている点は、保険金が定額なので、治療が終わる前でも保険金を請求できる点です。

治療が長引くときに、早く保険金が出ると助かります。

『ネット専用自動車保険』を検討されるなら、無料一括見積サービスをご利用ください。

チューリッヒ保険は、『ネット専用自動車保険』の専用サイトを設けていますが、無料一括見積サービス経由での申し込みを、おすすめします。

この商品の見積もりをするだけでは、どの程度安いのかわかりません。

一方、一括見積もりサービスを利用すると、1回の入力で、競合商品と保険料を比較できます。

チューリッヒ保険の、事故対応の評判やランキングでの順位はどうですか?

チューリッヒ保険の評判や顧客満足度を、3つの角度から調べました。

自動車保険の中身を評価するときに、補償内容と並んで気になるのが、事故対応等サービスの品質です。パンフレットなどで約束された補償やサービスが、どのくらいスムーズに速やかに実現されているのでしょうか!?

と言っても、サービスの品質を正確に把握するのは難しいです。このサイトでは、中立的で客観的な判断材料として、以下の3つを参考にしています。

  • 過去3年の販売実績の伸び。
  • 売り上げに対する苦情件数
  • 中立的な調査機関による口コミ

ただし、チューリッヒ保険にかんしては、苦情件数を他社と比較できません。

なぜかと言うと、チューリッヒ保険は日本支店として営業しているため、日本損害保険協会の会員ではないからです。

このサイトでは、信頼性の点から、損保協会が受け付けた苦情件数を参照していますが、あいにくチューリッヒ保険のデータはありません。

そこで、苦情件数以外の2つの角度から、顧客満足度を調べます。

ダイレクト(ネット通販)型損保会社の、過去3年の売上高の伸びを比較しました。

自動車保険は1年更新なので、不満があれば、簡単に他社に移ることができます。

とくに、現在ダイレクト型自動車保険に入っている人は、良い商品オトクな商品が見つかれば、乗り換えることに躊躇しないでしょう。

とすると、ダイレクト(ネット通販)型自動車保険の販売実績は、消費者の満足度をかなりストレートに反映していると考えられます

そこで、おもなダイレクト(ネット販売)型損保会社の、過去3年間(2015年度⇒2018年度)の自動車保険の売り上げ(元受正味保険料)の伸びをランキングにしました。

1位 ソニー損保 174億円
2位 セゾン自動車火災 145億円
3位 イーデザイン損保 91億円
4位 SBI損保 71億円
5位 アクサダイレクト 39億円
6位 チューリッヒ保険 38億円
7位 三井ダイレクト損保 1億円
8位 セコム損保 0.5億円

チューリッヒ保険の伸びは8社中6位です。

一応伸びてはいますが、勢いは感じられません。

売上高は増えているので、不満より満足のほうが上回っているのでしょうが、好評というほどではなさそうですね・・・

中立的な調査機関による3つの顧客満足度ランキングをご覧ください。

マーケティング調査会社が実施している顧客満足度調査がいくつかあります。

上の2つと違って、顧客満足度を直接調べたものなので、その点では有力な情報です。

ただし、客観性の高い上の2つの情報と違い、ネットの口コミ情報には、自演や組織票などの不正がつきものです。

そっくりそのまま信用するのは危険です。

事故対応についてのチューリッヒ保険の評判をご案内します。

J.D.パワー顧客満足度ランキング

米国に本拠を置く、マーケティング調査会社J.D.パワーは、毎年『事故対応満足度調査』を実施し、結果を公表しています。

チューリッヒ保険の、過去3年間の評価は、以下の通りです。

調査年 事故対応
2019年 10位 / 12社
2018年 8位 / 12社
2017年 1位 / 12社

2017年は1位でしたが、今となっては、この順位を信頼できません。

あくまでも一般論ですが、事故対応の品質には従業員や組織の実力が反映されるため、短い期間で激しく上下することは考えにくいです。

大規模な組織改革や合併などがあれば別ですが、ここ3年で、そのようなことはなかったようです。

となると、ランキングに不備があったか、不正がおこなわれた可能性も否定できません。

2018年〜2019年の順位がチューリッヒ保険の本来の評価だとすると、トップ10の下位というポジションです。

国内で大きなシェアを持つ大手損保4社(損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、あいおいニッセイ同和)よりやや低いです。

オリコン顧客満足度ランキング

様々な分野のランキングを発表しているオリコンは、自動車保険のランキングも、毎年発表しています。

オリコンのランキングは、項目数が多いのが特徴です。ここでは、事故対応に関連する3部門の、2020年ランキングでの順位をご覧いただきます。

部門 順位
事故対応(初期対応) 8位
調査・認定結果 8位
受取額・支払いスピード 5位

3部門とも、10位までが公表されます。

チューリッヒ保険の順位は、このランキングでは、大手損保と同じくらいの、まずまず良好な順位です。

価格ドットコム顧客満足度ランキング

価格ドットコムでも、自動車保険の顧客満足度ランキングが、毎年発表されています。

チューリッヒ保険の、過去3年間の順位は、以下の通りです。

調査年 事故対応
2020年 10位
2019年 8位
2018年 圏外

このランキングでは、10位までが公表されます。10位より下は圏外になります(順位がつきません)。

チューリッヒ保険は、3年のうち1年は圏外で、他の2年はトップ10の下位でした。

業界標準である大手損保よりやや低い評判です。

3つのランキングを見る限り、チューリッヒ保険の事故対応は「大手損保に近いけれど、やや低い」といったところでしょうか。

保険料は、代理店型の大手損保より安くなるので、それとのバランスでご判断ください。

なお、チューリッヒ保険の事故対応や顧客対応についての、利用者による口コミ情報を、具体的に知りたい方は、チューリッヒ保険の評判・口コミをご覧ください。

チューリッヒ保険は、加入者の口コミ情報を、自社のウェブサイトで公開しています。

チューリッヒ保険のウェブサイトにいくと、お客様の満足のページで、自社調べの顧客満足度が公表されています。

具体的には、事故対応を利用した人のアンケートの集計(5段階評価)と、最新100件の「お客様の声(利用者によるコメント)」を公表しています。

公表に積極的なアクサダイレクトやソニー損保と同じ形式ですが、「お客様の声」が100件というのは見劣りします。

アンケート結果の集計(5段階評価)による顧客満足度は、以下のとおりです(2020年6月現在)。

満足
(4960件)
やや満足
(1206件)
普通
(619件)
やや不満
(273件)
不満
(239件)

「満足」「やや満足」を合わせると、全体の85.0%になります。

これに「普通」を加えると93.0%になります。

自社調べる事故対応満足度を他社と比べると、悪くはないが、良くもない・・・といったところです。

2020年のウェブ限定CM

チューリッヒ保険といっしょに検討した方が良い自動車保険はありますか?

『スーパー自動車保険』と競合するのは、安さと品質のバランスの良さが売りの商品です。

チューリッヒ保険『スーパー自動車保険』と比較していただきたいのは、以下の自動車保険です。

イーデザイン損保
  • 名門、東京海上グループのダイレクト型損保。
  • 保険料は、ダイレクト型の相場に近い水準。
  • 事故対応の評判は、チューリッヒ保険と同程度〜やや上。
  • セコム事故現場急行サービスがある。
セゾン自動車火災
  • SOMPOグループ(損保ジャパンなど)のダイレクト型損保。
  • 「おとなの自動車保険」が人気。
  • 10〜20代の保険料は高いが、30代半ば以降は、ダイレクト型の相場に近い水準。
  • 事故対応の評判は、チューリッヒ保険と同程度。
  • ALSOK事故現場安心サポートがある。

イーデザイン損保の「セコム事故現場急行サービス」と、セゾン自動車火災の「ALSOK事故現場安心サポート」は、同じサービスです。

自動車事故のときに、警備保障会社の警備員が駆けつけて、現場でやるべきことを代行・支援してくれます。

事故現場で、わたしたちがやらなければならないこと(関係各所への連絡、示談交渉のための情報収集など)のほとんどを、代行してくれます。

損保会社に対する、事故状況についての連絡もやってくれます。

このサービスは、すべての加入者に向けて、無料で提供されます。

チューリッヒ保険にはない、注目のサービスです。

『ネット専用自動車保険』と競合するのは、保険料の安さの優先度が高い商品です。

チューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』と比較していただきたいのは、以下の自動車保険です。

SBI損保
  • 保険料は『ネット専用自動車保険』に次ぐ安さで、見積もり条件によってはSBI損保が勝る。
  • 『ネット専用自動車保険』のような機能制限はない。
  • 事故対応の評判は、チューリッヒ保険より下。
三井ダイレクト損保
  • 国内最大MS&ADグループ(三井住友海上など)のダイレクト型損保。
  • ダイレクト型の相場と同じくらいか、やや安い水準(『ネット専用自動車保険』より高くなりやすい)。
  • 『ネット専用自動車保険』のような機能制限はない。
  • 事故対応の評判は、チューリッヒ保険よりやや低い。

『ネット専用自動車保険』は、加入年齢や保険料払い込み方法などを制限することで、コストダウンを図っています。

上の2つは、そういうった思い切ったコストダウンをしていないので、『ネット専用自動車保険』より高くなる確率が高いです。

ただし、見積もり条件によっては逆転することがあります。

ダイレクト(ネット通販)型は、見積もりしないと、どれがオトクか決められません!

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

チューリッヒ保険についてのよくある疑問に、Q&A形式でお答えします。

申し込み、継続、解約などの手続きは、ネットでも電話でもできるのですか?

申し込みの手続き

スーパー自動車保険

同社のウェブサイト、または電話にてできます。

電話申し込みを選ぶと、最大2万円のインターネット割引を受けられないので、極力ネットで申し込むことをおすすめします。

ネット専用自動車保険

インターネットからの申し込みのみです。

同社の専用ウェブサイトの他、無料一括見積もりサービスからでも申し込みできます。

継続の手続き

スーパー自動車保険

チューリッヒ保険のウェブサイトから、継続(更新)の手続きが可能です。

電話による継続の手続きも可能ですが、インターネット割引(2年めは最大5000円、それ以降は一律1500円)を受けられません。

なお、期日を過ぎても、30日以内ならウェブサイトで手続きできることがあります。

それができないか、30日を過ぎたときは、電話での手続きとなります(インターネット割引なし)。

ネット専用自動車保険

自動継続です。

解約の手続き

スーパー自動車保険

解約の手続きは、電話のみです。

ネット専用自動車保険

ネット専用自動車保険のウェブサイトから手続きできます。

自動車保険で、バイクや自転車の補償もできますか?どうすれば良いですか?

2つの自動車保険とも、同じようにバイクや自転車の補償を準備できます。

バイクの補償

原付特約を付加すると補償を受けられますが、対象は原動機付自転車に限られます。それ以外のバイクは、バイク保険の加入をご検討ください。

原動機自転車とは、❶総排気量が125cc以下または定格出力が1.00キロワット以下の二輪車、❷排気量が50cc以下または定格出力が0.6キロワット以下の三輪以上の車両、のいずれかです。

補償内容は、下のようになります。

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 自損事故保険

相手がある事故のときには、こちらのケガは補償されません。

なお、補償される人の範囲はどちらの型も同じで、❶記名被保険者、❷その配偶者、❸同居の親族、❹別居の未婚の子、です。

自転車の補償

自転車の補償は、個人賠償責任補償特約人身傷害保険との組み合わせで可能です。

個人賠償責任補償特約

この特約があると、自転車事故に限らず、日常生活に起因する偶然の事故で、他人に損害を与えたときに、損害賠償(上限は1事故あたり1億円)できます。

人身傷害保険

この保険自体は、自動車の運転者や同乗者が死傷したときの補償です(死亡保険金や治療費が出ます)。

ただし、補償される事故の範囲を最大に指定すると、こちらが自転車運転中の自動車事故も、補償されます。

あくまでも、相手が自動車の事故に限られます。相手が人や自転車のときは、お金は出ません。

チューリッヒ保険のロードサービスの特徴は?

2つの自動車保険で、ロードサービスの内容が異なります。

自動車保険のロードサービスは、どれもサービスメニューは似通っています。

違いが出やすいのは、次の点です。

  • レッカー搬送で、無料で搬送してくれる距離。
  • 現場応急対応で、無料対応してくれる作業の範囲。
  • 出先で走行できなくなったときの、宿泊費用、帰宅費用などの補償。

スーパー自動車保険

無料でレッカー搬送する距離は100kmまでと、平均レベルを超えています。

また、現場応急対応は、30分程度の作業まで無料とする他社が多い中、時間制限を設けていません。これも平均以上です。

そして、出先で車が故障したときの、宿泊費用(ペットホテル代を含む)や帰宅費用も補償されます。

『スーパー自動車保険』のロードサービスは、業界でも手厚いサービス内容です。

ネット専用自動車保険

ロードサービス費用特約として提供されており、付ける付けないを加入者が選べます。

無料でレッカー搬送する距離は100kmまでと、平均レベルを超えています。

現場応急対応は、30分程度の作業までが無料です。業界内では標準的ですが、時間制限を設けていない『スーパー自動車保険』より劣ります。

また、出先で車が故障したときの、宿泊費用(ペットホテル代を含む)や帰宅費用は補償されます。

『スーパー自動車保険』にはやや劣るものの、『ネット自動車保険』のロードサービスは、業界内の平均レベルより上です。

チューリッヒ保険のCMに出演している俳優は誰ですか?

松木里菜さん、石丸幹二さんの二枚看板です。

チューリッヒ保険のようなダイレクト型損保は、売上に直結するので、広告宣伝に熱心な会社が多いです。

松木里菜さんは、なんと2006年からずっと出演しています。

テレビドラマ・映画にも出演されていますが、露出の大きさではチューリッヒのCMが代表作かもしれません。

こちらは2007年に流れていたCMです。

続いて、現在放映されているCMです。

一方、俳優・歌手の石丸幹二さんは2015年からの登場です。

読まれている記事
更新情報