アクサダイレクトチューリッヒ保険の自動車保険を、徹底比較しました!

外資系損保会社が販売する2つのダイレクト型自動車保険を、徹底比較します。

どちらの会社の方が、安全性信頼性が高いですか?

2社とも外資系ですが、日本の大手損保以上の大きな会社です。

アクサダイレクトもチューリッヒ保険も、外資系ですが、本体は日本の大手損保以上の大きな会社です。

米国フォーチュン誌が毎年発表しているグローバル500(世界の500社)の2021年版では・・・

順位
(全業種)
会社名 収益
(百万ドル)
46位 アクサ(フランス) 128,011
168位 チューリッヒ(スイス) 59,001
208位 東京海上ホールディング 51,516
245位 MS&ADインシュアランスホールディングス 46,149
331位 SOMPOホールディングス 36,283

比較すると、アクサのほうがより巨大ですが、自動車保険を任せる上では、どちらを選んでも問題なさそうです。

アクサダイレクト チューリッヒ保険

もっとも、外資系の場合、日本から撤退するリスクはありますが、心配することはないと思います。

過去の例を見ると、自動車保険は1年契約なので、❶まず新規契約を停止する、❷保有する契約がすべて満期になるのを待って業務停止、という段階的な撤退になる可能性が高いです。

アクサダイレクトとチューリッヒ保険社の、会社の成り立ちや規模を調べました。

アクサダイレクト チューリッヒ保険
創業 1998年(平成10年) 1986年(昭和61年)
企業グループ AXA(フランス) チューリッヒ保険(スイス)
営業形態 日本国内に現地法人を設立 日本支店として営業
従業員数 931人 1,200人
自動車保険売上 513億 188億
総売上 551億 422億
ソルベンシー・マージン比率 573.1% 831.8%

上表のチューリッヒ保険の自動車保険の売上高(正味収入保険料)は、アクサダイレクトよりかなり低いです。

ただし、チューリッヒ保険は、販売した保険の半分以上を他の保険会社に引き受けてもらっています(いわゆる再保険)。そのため、決算での売上高は小さい数字になっています。

2社の自動車保険の補償内容は、どちらが優れていますか?

補償内容では、細かな違いはあるものの、優劣を決するほどの差は見当たりません。

自動車保険は、自賠責保険(強制保険)と一体となって、ドライバーや同乗者を守ります。

だから、民間企業の商品でありながら、高い公共性を持っています。

そのために、各社の特色ある補償やサービスが盛り込まれつつも、基本の仕組みは共通しています。

アクサダイレクトとチューリッヒ保険とでは、補償内容の細かな違いはいろいろありますが、トータルでは同レベルという印象です。

アクサダイレクト チューリッヒ保険

検討されている方のニーズによって優劣が決まりそうです。

もっとも、シンプルな補償をご希望なら、どちらを選んでも不足はありません。

補償の品ぞろえの充実度を、補償の種類ごとに比較したのが下表です。

ところで、チューリッヒ保険は、個人向けに2つの自動車保険を販売しています。『スーパー自動車保険』と『ネット専用自動車保険』です。

ここでは、看板商品であり、補償内容の充実度が高い『スーパー自動車保険』で比較しています。

対人賠償保険 アクサダイレクト チューリッヒ保険
どちらも賠償金に加えて諸費用分が支払われる。ただし、諸費用はアクサの方が手厚い。
対物賠償保険 アクサダイレクト チューリッヒ保険
アクサダイレクトは、賠償金に加えて諸費用分が支払われる。どちらも、対物超過修理費用が、特約で付けられる。
人身傷害保険 アクサダイレクト チューリッヒ保険
チューリッヒ保険は、損害補償に加えて諸費用分が支払われる。
車両保険 アクサダイレクト チューリッヒ保険
アクサダイレクトは全損時臨時費用、身の回り品の補償まで自動セットされている。チューリッヒ保険は特約で用意。代車費用の補償はチューリッヒ保険だけ。
ロードサービス アクサダイレクト チューリッヒ保険
どちらも充実しているが、サービスメニューが多いのはチューリッヒ保険。
プラン作成の自由度 アクサダイレクト チューリッヒ保険
どちらも、ダイレクト(ネット通販)型としては、自由度は低め。
総合 アクサダイレクト チューリッヒ保険
相手に対する補償はアクサダイレクトが、こちらのための補償はチューリッヒ保険がわずかに上。全体としては互角で、どちらも充実している。

アクサダイレクトもチューリッヒ保険も、ダイレクト(ネット通販)型としては、充実補償志向です。気配り的な細かい補償があちこちに用意されています。

どちらを選んでも、物足りなくなることは無さそうです。

ダイレクト型は、消費者に補償プランを作ってもらうので、シンプルさ、わかりやすさが重視されます。

そのため、代理店型に比べると、特約やサービスの数は少なくなりがちです。

2社の事故対応は、どちらが好評ですか?

事故対応の評判では、アクサダイレクトが優勢です。

自動車保険では、事故が起こってから、損害保険会社が調査や示談交渉をおこなって、保険金額が決まり、支払われます。

そのスムーズさや迅速さに、損害保険会社の実力の差が出ます。

両社の比較ではアクサダイレクトが優勢です。

アクサダイレクト チューリッヒ保険

事故対応の評判・口コミを知るなら、公正かつ大規模な顧客満足度調査が参考になります。

オリコン顧客満足度ランキング アクサダイレクト チューリッヒ保険
『オリコン顧客満足度ランキング自動車保険2021』によると、アクサダイレクトは8位、チューリッヒ保険は圏外
価格.com満足度ランキング アクサダイレクト チューリッヒ保険
『価格.com自動車保険満足度ランキング2021』によると、アクサダイレクトは10位、チューリッヒ保険は圏外
J.D.パワー事故対応満足度調査 アクサダイレクト チューリッヒ保険
『J.D.パワー事故対応満足度調査2020』によると、アクサダイレクトは5位、チューリッヒ保険は10位。ちなみに、2019年版でもアクサダイレクトが上でした。
総合 アクサダイレクト チューリッヒ保険
アクサダイレクトが、すべてのランキングで上回りました。

ネットのランキングには自演やステマの危険があるので、マルマル信用することはできません。

とは言え、3つのランキングともアクサダイレクトが優勢でした。

どちらかと言うと、アクサダイレクトが好評というより、チューリッヒ保険の順位が低い印象ですね。

なお、利用者による、両社の口コミ情報はアクサダイレクトの評判・口コミチューリッヒ保険の評判・口コミをご覧ください。

アクサダイレクトとチューリッヒ保険とでは、どちらの保険料が割安ですか?

チューリッヒ保険の方が、アクサダイレクトより安くなる可能性が大きいです。

両社の自動車保険の保険料を、7パターンの年齢と等級の組み合わせで、比較しました。

それ以外の見積もり条件は統一しています。車両保険は付けていません。金額は一括払い(年払い)保険料です。

アクサダイレクトとチューリッヒ保険の、自動車保険の保険料比較

比較したすべてのパターンで、チューリッヒ保険のほうが安くなりました。

とくに、アクサダイレクトは、事故発生率が高くなる年代(若年層と高齢者)の保険料が高めのようです。

以上より、保険料の割安感は、チューリッヒ保険の勝ちとします。

アクサダイレクト チューリッヒ保険

2つの自動車保険は一長一短ですが、あえて勝敗を決めると・・・

ここまで4項目で勝敗を判定しましたが、振り返ると下のようになります。

安全性、信頼性 アクサダイレクト チューリッヒ保険
補償内容の充実 アクサダイレクト チューリッヒ保険
事故対応の評判 アクサダイレクト チューリッヒ保険
保険料の割安感 アクサダイレクト チューリッヒ保険
総合 アクサダイレクト チューリッヒ保険

4項目の判定結果は、1勝1敗2分けと互角でした。

しかし、あえて言うと、アクサダイレクトの割高感のほうが気になります。高めの保険料に見合う付加価値を見出しにくいです。

よって、チューリッヒ保険の方に軍配を上げます。

【勝者】

チューリッヒ保険ロゴ

アクサダイレクト、チューリッヒ保険といっしょに検討した方が良い自動車保険はありますか?

価格、補償内容、事故対応品質のバランスで競合するのは、こちらの商品です。

ぜひ比較していただきたいのは、以下の3つです。いずれも、カッコ内の国内大手損保系列の、ダイレクト(ネット通販)型損保会社です。

  • イーデザイン損保(東京海上日動の系列)
  • セゾン自動車火災(損保ジャパンの系列)
  • 三井ダイレクト損保(あいおいニッセイ同和、三井住友海上の系列)
おすすめの3商品は、チューリッヒ保険に近い料金設定。見積もり条件により、お得な商品は変動します。

チューリッヒ保険には、もう一つ、格安仕様の自動車保険があります。

チューリッヒ保険の主力商品は『スーパー自動車保険』です。

これとは別に、『ネット専用自動車保険』という、安さに徹した商品があります。

おもに一括見積もりサイトで提供されている、安さで他社に勝つための戦略商品です。

『ネット専用自動車保険』は、保険料を下げるために、以下のように機能を制限されています。

おもなコストダウン

  • 加入できるのは、21歳から69歳の個人のみ。
  • 保険料払込は、クレジットカード一括払いのみ。
  • 手続きはインターネットのみ(電話・郵送は不可)。

そのかわりに、保険料の安さは、業界トップクラスです。

下の一括見積もりサイトをご利用になると、『ネット専用自動車保険』の見積もりが手に入ります!

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報