ソニー損保SBI損保の自動車保険、どちらにするか、迷っています。比較のポイントを知りたいです。

どちらも、ダイレクト(ネット通販)型の自動車保険です。代理店が窓口にならない、新しい形の自動車保険です。

ソニー損保もSBI損保も、ダイレクト(ネット通販)型の損害保険会社です。

自動車保険は、代理店型とダイレクト(ネット通販)型に分けることができます。

損保会社と契約している代理店を窓口にするのが代理店型、ネットや電話などで損保会社が顧客と直接にやり取りするのがダイレクト(ネット通販)型です。

代理店型自動車保険とダイレクト(ネット通販)型自動車保険の仕組み

ダイレクト(ネット通販)型は、代理店のためのコストがかからないので、その分保険料が安くなります。

しかし、代理店がないので、加入・更新・内容変更・請求といった手続きを、加入者がネットや電話を通じて、損保会社と直接にやりとりしなければなりません。

そのことを大きな負担と感じる方には、ダイレクト(ネット通販)型の自動車保険をおすすめできません。ソニー損保もSBI損保も、候補から外れます。

ダイレクト(ネット通販)型の先頭を走るソニー損保と、伸び盛りのSBI損保!

2017年度の売上高で、ダイレクト(ネット通販)型トップだったのが、ソニー損保です。というか、同社はもう何年もトップを独走しています。

一方、創業時期が遅いこともあって、現時点でソニー損保に離されていますが、伸び盛りなのがSBI損保です。

この2社の、会社の成り立ちや規模をまとめました。売上高は正味収入保険料です。

SBI損保 ソニー損保
創業 2006年(平成18年) 1998年(平成10年)
直営の全国拠点数 7(住所で集計) 9(住所で集計)
従業員数 528人 1,235人
自動車保険売上 232億 979億
総売上 244億 1083億
ソルベンシー・マージン比率 366.1% 782.1%

ソニー損保は

日本を代表する企業グループ、ソニーグループという強力な後ろ盾を持ち、ここ数年ダイレクト(ネット通販)型の中で、売上高トップを独走しています。

一方のSBI損保は

SBIグループの損保会社です。SBIグループには、他にSBI証券や住信SBIネット銀行などがあります。

インターネットでの金融サービスに関心がある人なら、SBIの名前はおなじみだと思います。

ソニー損保とSBI損保の、自動車保険の補償内容は、どちらが優れていますか?

補償内容も、保険商品としての仕組みも、かなり近いです。細かな違いで、どちらかを選ぶことになりそうです。

まず、それぞれの自動車保険の補償内容を比較します。

保障のメニューの充実度を比べます。それが保険料に見合うかは、後ほどご説明します。

対人賠償保険 SBI損保 ソニー損保
対人賠償保険自体はほぼ同じ。ただし、被害者救済費用等補償特約があるので、SBI損保がわずかに充実。
対物賠償保険 SBI損保 ソニー損保
対物賠償保険は、ほぼ同じ内容。
人身傷害保険 SBI損保 ソニー損保
ソニー損保は示談前でも支払われる。搭乗者傷害保険はソニー損保がやや手厚い。
車両保険 SBI損保 ソニー損保
車両保険の基本の機能は同レベル。付加できる特約は、ソニー損保の方がやや多い。
ロードサービス SBI損保 ソニー損保
標準のサービスはソニー損保がやや充実。SBI損保は、3年継続するとプレミアム・サービスになり、手厚くなる。
プラン作成の自由度 SBI損保 ソニー損保
どちらも、ダイレクト(ネット通販)型としては標準レベル。自由度はそこそこ高い。
総合 SBI損保 ソニー損保
どちらも、ダイレクト(ネット通販)型としては、平均的な補償内容。大きな差はないけれど、細かく比べるとソニー損保がいくらか優勢。

自動車保険は、自賠責保険(強制保険)と一体となって、ドライバーや同乗者を守ります。だから、民間企業の商品でありながら、高い公共性を持っています。

そのために、この2社に限らず、自動車保険の基本の仕組みは共通しています。

また、ソニー損保もSBI損保もダイレクト(ネット通販)型です。ダイレクト(ネット通販)型は、パンフレットやウェブサイトの情報をもとに、消費者が補償プランを選びます。商品自体をわかりやすい仕組みにする必要があります。

わかりやすさを追求すると、ある程度仕組みが似てくるのは、ダイレクト(ネット通販)型にありがちな傾向です。

もともとSBI損保は、シンプルな補償内容が特徴でした。

しかし、商品改定を何度か繰り返すうちに機能が増えて、現時点では、ダイレクト(ネット通販)型として平均的な中身になっています。

事故対応の評判では、ソニー損保が圧勝です。

補償やサービスに大きな差はなくても、それらの丁寧さとか迅速さとか親切さ、つまり品質に違いがあるかもしれません。

特に大切なのが、事故対応の品質です。

自動車保険では、事故が起こってから、損害保険会社が調査や示談交渉をおこなって、保険金額が決まり、支払われます。

そのスムーズさや迅速さに、損害保険会社の実力の差が出ます。

事故対応の評判を知るには、公正なアンケート調査が一番参考になります。また、交通事故の当日初期対応の違いも併記しました。

交通事故での当日初期対応 SBI損保 ソニー損保
ソニー損保は、20時までに受け付けた事故は当日対応。SBI損保が当日対応するのは、平日19時まで休日17時までに受け付けたもの。
オリコン日本顧客満足度ランキング SBI損保 ソニー損保
『オリコン日本顧客満足度ランキング自動車保険2019』によると、SBI損保は圏外、ソニー損保は1位。ちなみに、2018年版でもソニー損保の方が勝っていました。
J.D.パワー事故対応満足度調査 SBI損保 ソニー損保
『J.D.パワー自動車保険事故対応満足度調査2019』によると、SBI損保は12位、ソニー損保は1位。ちなみに、2018年版でも両社は同じ順位でした。
総合 SBI損保 ソニー損保
ソニー損保があきらかに優勢。

事故対応の評判については、両社の差がはっきりと出ました。

ソニー損保の評価は業界トップクラスなので、SBI損保以外でもかなわないでしょう。

もっとも、相手と比較する以前に、SBI損保の評判はかんばしくありません。

中身の充実感で選ぶなら、事故対応の評判の差で、ソニー損保が優勢です。

事故現場かけつけ支援サービス

ソニー損保の事故対応に関するサービスに、事故現場かけつけ支援サービスがあります。

自動車事故のときに、警備保障会社の警備員が駆けつけて、現場でやるべきことを代行・支援してくれます。

事故現場で、わたしたちがやらなければならないこと(関係各所への連絡、示談交渉のための情報収集など)のほとんどを、代行してくれます。

損保会社に対する、事故状況についての連絡もやってくれます。

このサービスは、すべての加入者に向けて、無料で提供されます。

ソニー損保独自のサービスではありませんが、実施している損保会社はまだ少数です。

口コミ情報

なお、利用者による、両社の口コミ情報は、SBI損保の評判・口コミソニー損保の評判・口コミをご覧ください。

ソニー損保もSBI損保もダイレクト(ネット通販)型なので、どちらも保険料は安そうですが、どのくらい違いますか?

ダイレクト(ネット通販)型の最高値と最安値。2つの価格設定は好対照です。

両社の自動車保険の保険料を、6パターンの年齢と等級の組み合わせで、比較しました。

それ以外の見積もり条件は統一しています。車両保険は付けていません。金額は一括払い(年払い)保険料です。

なお、参考に、代理店型の平均と、ダイレクト(ネット通販)型の平均も載せています。

SBI損保とソニー損保の、自動車保険の保険料比較

ソニー損保は、見積もりした全パターンで、ダイレクト(ネット通販)型の平均よりかなり高くなりました。

ダイレクト(ネット通販)型としては、高い価格設定です。

一方のSBI損保は、すべてのパターンで、ダイレクト(ネット通販)型の平均より、大幅に安くなりました。

ダイレクト(ネット通販)型の中でも、保険料が安い商品です。

2つの自動車保険は、目指すところが異なっているようです。

同じダイレクト(ネット通販)型ですが、この2つの自動車保険は、別の方向を目指しているようです。

ソニー損保は

代理店型自動車保険の加入者を、メイン・ターゲットにしているようです。

代理店型自動車保険より安い保険料で、代理店型と同等以上の事故対応の実現しようとしています。

逆に言うと、同じダイレクト(ネット通販)型の中で勝ち抜くことを、さほど重視していないようです。

SBI損保は

それとは対照的に、ダイレクト(ネット通販)型の中で存在感を発揮することに、力点を置いているように見えます。

品質向上を多少後回しにしてでも、ダイレクト(ネット通販)型らしさである、保険料の安さを追求しているようです。

もちろん、SBI損保が、代理店型からの顧客獲得を、放棄しているはずはないでしょう。

ただ、値段も安いけど品質もそれなりというSBI損保が、代理店型自動車保険に入っている人たちの関心を引きやすい、とは考えにくいです。

むしろ、保険料に対する意識が強く、ダイレクト(ネット通販)型の手軽さを快適と感じる人たちに、アピールしやすい商品性ではないでしょうか。

事故対応の評判と保険料の差を、どう判断するかは、悩ましいです。

事故対応の評判が今ひとつな損保会社でも、保険契約どおりの補償・サービスを提供してくれない、ということではありません。

そういう損保会社は、以下のような思いをさせられる危険性が高いです。

  • 接客態度が親切ではない。
  • 説明がわかりにくくて、納得しにくい。
  • 担当者の動き遅かったり、連絡・報告のタイミングが悪い。

事故を起こすと、こちらも動転したり冷静さを欠きがちです。そんなときに上のような対応をされると、ふだん以上にストレスになったり不安になります。

事故対応の評判が優れない損保会社は、そういうストレスにさらされるリスクが大きいです。

もっとも、多少のストレスを我慢してでも、保険料を節約したい、という判断はありえます。

たとえば、これまで事故で保険を一度も使ったことがないとか、日中に自宅付近を低速で走るだけという方々の中には、安さを最優先する人がいるかもしれません。

いくら品質に定評があっても、ソニー損保の保険料をもったいなく感じる人は、少なからずいるはずです。

SBI損保とソニー損保の自動車保険は、方向性が正反対なので、選ぶ人の価値観に大きく左右されそうです。

なお、SBI損保に関する口コミ情報は、SBI損保の評判・口コミを、ソニー損保に関する口コミ情報は、ソニー損保の評判・口コミをご覧ください。

ソニー損保、SBI損保といっしょに検討した方が良い自動車保険はありますか?

ソニー損保より保険料が安く、SBI損保より事故対応の評判が良いダイレクト(ネット通販)型が、狙いめです。

たとえダイレクト(ネット通販)型にしては保険料が高くても、品質にこだわりたいなら、ソニー損保が第一の候補になります。

逆に、品質に少しくらい不安があっても、保険料を安く抑えたいなら、SBI損保を外せません。

というように、この2つの自動車保険は両極端です。

まず、品質重視か安さ重視かの方針を決めないと、候補の絞り込みは難しくなりそうです。

ここでは、ダイレクト(ネット通販)型の中から、ソニー損保ほど保険料が高額にならず、それでいて、それなりの事故対応品質を期待できそうな自動車保険を、ご案内します。

  • イーデザイン損保(東京海上日動の系列)
  • セゾン自動車火災(損保ジャパンの系列)
  • チューリッヒ保険

以下で、各商品のチェック・ポイントを説明します。

イーデザイン損保

イーデザイン損保は、東京海上日動系列のダイレクト(ネット通販)型損保です。

イーデザイン損保の保険料の水準は、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近いです。

ソニー損保とSBI損保の中間付近の金額になりそうです。

補償内容・サービスでは、ロードサービスが、やや薄い(宿泊費用・帰宅費用などが出ない)以外は、標準的です。

イーデザイン損保は、東京海上グループの日本有数のサービスネットワークを活用できます。

そのおかげか、事故対応の評判は良好です。

ソニー損保には及ばないまでも、大手損保並みの品質を期待できます。

また、イーデザイン損保は、ソニー損保と同じく事故現場に警備保障会社の隊員が駆けつけて、現場対応を代行・支援するサービスを提供しています。

セゾン自動車火災

セゾン自動車火災は、損保ジャパン系列のダイレクト(ネット通販)型損保です。

大手損保系列ならではの強みを持つところは、イーデザイン損保と同じです。

ただし、事故対応の評判は、イーデザイン損保より、やや低い印象です。

ところで、セゾン自動車火災の『おとなの自動車保険』は、保険料の設定が、かなり偏っています。

10〜20代の保険料は、代理店型並に高額です。

ソニー損保と比べても、『おとなの自動車保険』の方が高くなります。

30代の半ば以降になると、ダイレクト型の平均に近い金額に近づきます。

興味深いことに、同居する子どもが運転する世帯に限り、『おとなの自動車保険』の保険料は、業界最安値レベルになります。

このケースだけなら、SBI損保と勝負できます。

イーデザイン損保と同じく、セゾン自動車火災も、事故現場に警備保障会社の隊員が駆けつけて、現場対応を代行・支援してくれます。

チューリッヒ保険

チューリッヒ保険は、個人向けに2つの自動車保険を販売しています。『スーパー自動車保険』と『ネット専用自動車保険』です。

テレビ・新聞・ネットなどで盛んに宣伝しているのは『スーパー自動車保険』です。

現代の自動車保険らしい行き届いた補償を、割安感の高い保険料で提供する、コストパフォーマンスに優れた商品です。

保険料は、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近い水準です。

一方の『ネット専用自動車保険』は、シンプルな専用のウェブサイトでひっそりと紹介されていますが、魅力的な商品です。

補償やサービスは、実用性本位にシンプルです。そして、以下のような、取扱い上の制限があります。

  • 手続きはネットのみで、電話・郵送は使えない。
  • 加入できるのは21~69歳。
  • 保険料払込は、クレジットカードの一括決済のみ。
  • 搭乗者傷害保険が無い。

そのかわり、保険料は業界トップクラスの安さです。

保険料の安さで、SBI損保と真っ向勝負できます。

上のような制限がある点は、SBI損保より不利です。

しかし、チューリッヒ保険の事故対応の評判は、大手損保と同等か、近いレベルにあります。

SBI損保より好評です。

下でご案内する、一括見積サービスを使っていただくと、自動的に『ネット専用自動車保険』の見積もりが手に入ります。

主な自動車保険の補償内容と保険料を比較するなら、一括見積りサービスがおすすめです。

近年では、損保各社のホームページに、使いやすい見積もり機能が提供されています。見積もりを集めるだけなら、時間をかければできそうです。

ただし、見積もりを比較するためには、損保各社の自動車保険の見積もり条件をそろえなければなりません。これがやっかいです。

各社の自動車保険の条件をそろえるには、それぞれの商品の特徴や独特の言葉遣いを理解できている必要があります。

何度か見積もりを作り直したあげくに、それでもちゃんとできているか自信を持てない、となりがちです。

その対策として、おそらくもっとも有効なのが、無料の一括見積サービスです。

1回(=1社分)だけ必要事項を入力すると、主な自動車保険の見積もりが、自動的に手元にそろいます。

入力の手間を省けるうえに、入力した内容をもとにすべての見積もりが作成されます。

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報