ソニー損保と楽天損保は、どちらも人気があるようですね。迷ってしまいます。

ソニー損保と楽天損保とを、4つの角度から比較しました。その結果は・・・

楽天損保は2つの自動車保険を販売していますが、主力商品の『ドライブアシスト』で比較します。

また、『ドライブアシスト』は代理店申込とネット申込が可能ですが、ダイレクト型との比較なので、保険料が安くなるネット申込で見積もりしました(ネット申込は22%のインターネット割引)。

自動車保険を選ぶ上で、特に重要と思われる4項目について、2つの自動車保険を比較しました。

補償の充実度 楽天損保 ソニー損保
大きな差はないが、細かなところで楽天損保のほうが手厚い。
顧客満足度 楽天損保 ソニー損保
売上の伸びでも、苦情件数でも、ソニー損保のほうが優勢。
事故対応の評判 楽天損保 ソニー損保
事故対応の評判は、ソニー損保が完勝。
割安感 楽天損保 ソニー損保
比較した全パターンで、ソニー損保のほうが安くなった。
総合 楽天損保 ソニー損保
品質に対する評価の高さと、保険料の安さで、ソニー損保が優勢。

楽天損保にかんしては、口コミの情報量が少ないうえに、2018年7月に会社が変わって(朝日火災⇒楽天損保)以降、さまざまな改革をおこなっており、その結果はまだ出ていません。

今後に期待を持てますが、現状、前向きにおすすめできる材料は乏しいです。

一方のソニー損保は、評判が良好で売り上げ好調。保険料は、ダイレクト型としてはやや高いとは言え、楽天損保との比較では割安でした。

というわけで、この勝負は・・・

勝者!

ソニー損保

保険料がどのくらい違うかは、ご自身の見積もり条件でシミュレーションして、ご確認ください。

上で比較した4項目のうち「割安感」にかんしては、すべての方に当てはまるわけではありません。

というのは、自動車保険は複雑な保険なので、見積もり条件(年齢、等級、車の使用目的、車種、年間走行距離、お住まいの地域等)によって、保険料が大きく変わるからです。

楽天損保がソニー損保より安くなる可能性は低いでしょうが、金額が接近する可能性はあります。

実際の金額を見て、「このくらいの差なら・・・」となるかもしれません。

そのためにも、補償内容がある程度かたまっていたら、早めに見積もりをして、金額を見比べてください。

保険料の比較には、一括見積もりサービス(無料)のご利用をおすすめします。

一回の入力で、おもな自動車保険の見積もりをまとめて比較できます。

他にも、魅力的な候補が見つかるかもしれません。

2つの自動車保険を、より詳しく比較したい方は、下の記事をご覧ください。

2つの自動車保険について、4つの角度からの優劣判定をご覧いただきましたが、それぞれについて詳しくお知りになりたい方は、以下をご覧ください。

補償内容の充実度では、ソニー損保と楽天損保の、どちらが優れていますか?

補償内容の点で、ソニー損保と楽天損保との間に、大きな隔たりはありません。

それぞれの自動車保険の補償内容を、おもな保険・サービスに分けて比較しました。

対人賠償保険 楽天損保 ソニー損保
両社とも、ほとんど同じ補償内容。
対物賠償保険 楽天損保 ソニー損保
両社とも、ほとんど同じ補償内容。
人身傷害保険 楽天損保 ソニー損保
補償内容に目立つような違いはない。
車両保険 楽天損保 ソニー損保
楽天損保には車両全損時臨時費用補償特約が自動セットされる(全損したときに保険金が10%上乗せ)。
ロードサービス等 楽天損保 ソニー損保
サービスメニューは同等だが、ソニー損保のほうが無料の範囲がやや広い。
その他の特約等 楽天損保 ソニー損保
どちらにも事故現場急行サービスがある。自転車の補償は、専用の特約がある楽天損保が優位。
総合 楽天損保 ソニー損保
大きな差はないが、細かなところで楽天損保のほうが手厚い。

2つとも、競合他社が提供しているおもな補償を、一通り網羅しています。

どちらを選んでも、補償内容の点で後悔させられるリスクは低いです。

ただ、細かく優劣を比較すると、楽天損保のほうが少しばかり勝っていました。

楽天損保パンフレット

なお、この2つの自動車保険には、共通するメリットがあります。

どちらも、事故現場急行サービスが、加入者全員に無料で提供されます。

駆けつける警備会社は異なりますが(ソニー損保がセコム、楽天損保がALSOK)、サービス内容は同等です。

加入している人の満足度は、ソニー損保と楽天損保の、どちらが高いですか?

加入している人の満足度は、ソニー損保が上です。楽天損保は苦情の多さが気になります。

加入している人の満足度は、次の2つから、推定することができます。

  • 自動車保険の売上高の推移(満足している人が多いなら、売上は減らないはず)
  • 損害保険協会受付の苦情件数

2つの自動車保険を、この2つの角度から比較しました。

売上高の推移 楽天損保 ソニー損保
売上高を伸ばしているのはソニー損保。楽天損保は今後に注目。
苦情件数 楽天損保 ソニー損保
楽天損保は、かなり苦情が多い。
総合 楽天損保 ソニー損保
2項目ともソニー損保があきらかに優勢。

比較した2項目について、補足説明します。

勢いを強めているソニー損保に対して、楽天損保はまだ未知数です。

自動車保険は1年更新なので、不満を持った人は更新しないで他社に流れやすいです。

ということは、ここ数年の自動車保険の売上高を推移を見れば、顧客満足度がわかります。

下図は、ソニー損保と楽天損保の、過去5年間の売上高(元受正味保険料)の推移です。

ソニー損保と楽天損保の、過去5年間の売上高(元受正味保険料)の推移

楽天損保は、2018年の夏に朝日火災から生まれ変わって以降、組織、販売形態、商品構成などを改革しています。

2019年は売上高が落ちていますが、これは改革を優先した結果で、まだ本領を発揮していない可能性があります。

今後の動きを見守りたいです。

一方、ソニー損保は、着々と売上高を伸ばしています。

損害保険協会が受け付けた苦情件数は、楽天損保のほうがはるかに多いです。

2019年度に、損害保険協会に寄せられた、2つの損害保険会社についての苦情件数は次のとおりでした。

楽天損保 ソニー損保
206件 485件

この2社では、取り扱う契約件数が大きく異なるので、件数をそのまま比較するだけでは、苦情の多い少ないはわかりません。

2019年度の両社の売上高(正味収入保険料)を比べると、楽天損保の246億円に対して、ソニー損保は1,194億円と、5倍近く差があります。

取り扱う契約件数は、ソニー損保のほうがずっと多いです。

そこで、売上高100億円あたりの苦情件数を計算したら、下のようになりました。

楽天損保 ソニー損保
83.7件 40.6件

こうして2つの会社の条件をそろえると、楽天損保のほうが苦情が2倍くらい多いことがわかります。

楽天損保は、この1年で組織、販売形態、商品構成などを次々と改革しています。それによる混乱が、苦情件数を増やしているのかもしれません。

だとしたら、いずれは落ち着くと予想されます。

ソニー損保と楽天損保の、事故対応の評判はどうなっていますか?

複数のランキングでの順位が、安定して高いソニー損保の完勝です。

事故が起きたときの補償内容に、2つの自動車保険の違いはほとんどありません。

そうなると、事故対応サービスの品質(迅速さ、正確さ、わかりやすさ、安心感など)が決め手になりそうです。

事故対応の品質を知るには、実際に利用した方々の評判が参考になります。できれば、不特定多数の評判が望ましいです。

このサイトでは、毎年実施・公表されている、下の3つのランキングを参考にしています。

オリコン事故対応ランキング 楽天損保 ソニー損保
オリコンのランキングでは、2020年版、2019年版ともソニー損保が上でした。
価格ドットコム事故対応ランキング 楽天損保 ソニー損保
価格ドットコムのランキングでは、2020年版、2019年版ともソニー損保が上でした。
J.D.パワー事故対応満足度調査 楽天損保 ソニー損保
J.D.パワーのランキングでは、2020年版、2019年版とも、ソニー損保が上でした(楽天損保は得票数不足でランク外)。
総合 楽天損保 ソニー損保
事故対応の評判は、ソニー損保が完勝です。

3つのランキングとも、ソニー損保が上でした。

ソニー損保パンフレット

この種のランキングでは、投票数が少ない損保会社は、対象外にされてしまいます。

売上高が小さい楽天損保は、対象外になることが多いです。

よって、本当の評判の良し悪しはわかりませんが、「おすすめできるような好材料は乏しい」と言わざるを得ません。

保険料の割安感では、ソニー損保と楽天損保の、どちらが有利ですか?

ソニー損保と楽天損保の保険料を、代理店型とダイレクト(ネット通販)型の相場と比較しました。

ソニー損保と楽天損保の保険料を、相場(おもな自動車保険の平均)と比較しました。

楽天損保は、ネット申込(22%のインターネット割引)の保険料です。

普通自動車と軽自動車とで、分けて比較しています(ただし、車両保険なしで見積もり)。

普通自動車の保険料

7パターンの年齢と等級の組み合わせで、保険料を比較しています。

また、保険料は月々の金額です。

なお、楽天損保のネット申込は一括払いのみです。ここでは、比較のために月額に換算しています。

ソニー損保と楽天損保の保険料を相場と比較(普通車)

楽天損保は

インターネット割引があるネット申込だけあって、全パターンで代理店型の相場より安いです。

しかし、比較した全パターンでダイレクト型の相場より高く、そのうえソニー損保よりも高くなりました。

ソニー損保は

代理店型の相場より安いですが、比較した全パターンで、ダイレクト型の相場より高くなりました。

つまり、ソニー損保はダイレクト型の相場より高いけれど、楽天損保のネット申込は、それよりもっと高いのですね・・・

軽自動車の保険料

普通自動車と同じやり方で、軽自動車の保険料も比較しました。

ソニー損保と楽天損保の保険料を相場と比較(軽自動車)

楽天損保は

インターネット割引のあるネット申込にもかかわらず、20代は代理店型の相場より高くなりました。

30代以降は代理店型の相場より安いですが、差はわずかです。

楽天損保の軽自動車の保険料は、かなり割高です。

ソニー損保は

普通自動車のときより、割安感が高くなっています。

とくに中高年になると、ダイレクト型の相場とほとんど同じか、少し安くなっています。

ソニー損保の軽自動車の保険料は、割安なのですね。

評判がよいだけに、この金額でも魅力を感じられます。

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

ソニー損保と楽天損保の、それぞれの会社のことを詳しく教えてください。

どちらも歴史の浅いダイレクト(ネット通販)型ですが、背後には大きな企業グループが控えています。

ダイレクト(ネット通販)型損保は、代理店型損保に比べて、規模が小さいです。

ただし、その多くが企業グループに属しています。楽天損保やソニー損保も例外ではありません。

楽天損保 ソニー損保
  • 楽天グループ
  • 金融関連企業は、楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天生命、楽天少額短期保険など。
  • ソニーフィナンシャルグループ
  • ソニーグループの金融部門。他にソニー生命、ソニー銀行など。

ソニー損保と楽天損保の、歴史、企業規模、売上高を比較しました。

2つの損保会社の歴史、企業規模、売上高などを比較しました。

2018年度末のデータです。金額は、正味収入保険料です。

楽天損保 ソニー損保
創業 1951年(昭和26年) 1998年(平成10年)
直営の全国拠点数 37 9(住所で集計)
従業員数 595人 1,303人
自動車保険売上 170億 1,025億
総売上 362億 1,131億
ソルベンシー・マージン比率 636.6% 813.0%

楽天損保の前進は代理店型損保の朝日火災なので、創業は古く、拠点数も多いです。

ただし、従業員数や業績ではソニー損保に離されています。

これからは、ネット販売にも力を入れるようなので、今後どのように発展していくのか注目されます。

楽天損保CM
読まれている記事
更新情報