イーデザイン損保ソニー損保の自動車保険、どちらにするか、迷っています。比較のポイントを知りたいです。

どちらも、ダイレクト(ネット通販)型の自動車保険です。代理店が窓口にならない、新しい形の自動車保険です。

イーデザイン損保もソニー損保も、ダイレクト(ネット通販)型の損害保険会社です。

自動車保険は、代理店型とダイレクト(ネット通販)型に分けることができます。

損保会社と契約している代理店を窓口にするのが代理店型、ネットや電話などで損保会社が顧客と直接にやり取りするのがダイレクト(ネット通販)型です。

代理店型自動車保険とダイレクト(ネット通販)型自動車保険の仕組み

ダイレクト(ネット通販)型は、代理店のためのコストがかからないので、その分保険料が安くなります。

しかし、代理店がないので、加入・更新・内容変更・請求といった手続きを、加入者がネットや電話を通じて、損保会社と直接にやりとりしなければなりません。

そのことを大きな負担と感じる方には、ダイレクト(ネット通販)型の自動車保険をおすすめできません。イーデザイン損保もソニー損保も、候補から外れます。

ダイレクト(ネット通販)型の先頭を走るソニー損保と、伸び盛りのイーデザイン損保!

ダイレクト(ネット通販)型のトップを独走するソニー損保と、新進ながら名門東京海上グループの一員であるイーデザイン損保を比較します。

2017年度の売上高で、ダイレクト(ネット通販)型トップだったのが、ソニー損保です。というか、同社はもう何年もトップを独走しています。

一方、創業時期が遅いこともあって、現時点でソニー損保に離されていますが、伸び盛りなのがイーデザイン損保です。

この2社の、会社の成り立ちや規模をまとめました。売上高は正味収入保険料です。

ソニー損保 イーデザイン
損保
創業 1998年(平成10年) 2009年(平成21年)
直営の全国拠点数 9(住所で集計) 3(住所で集計)
従業員数 1,235人 264人
自動車保険売上 979億 280億
総売上 1083億 280億
ソルベンシー・マージン比率 782.1% 282.4%

ソニー損保は

日本を代表する企業グループ、ソニーグループという強力な後ろ盾を持ち、ダイレクト(ネット通販)型の中ではトップの売上高を誇ります。

下のグラフは、過去5年のダイレクト(ネット通販)型の自動車保険の売上高(元受正味保険料)です。

ダイレクト(ネット通販)型の自動車保険の売上高(元受正味保険料)の推移

ソニー損保は、2位以下を大きく突き放し、独走状態を保っています。

イーデザイン損保は

損保業界の名門、東京海上グループのダイレクト(ネット通販)型損保会社です。

役員の過半数を、東京海上日動出身者が占めており、若い会社といっても、安心感は大きいです。

現時点での売上高は、ソニー損保に遠く及びません。しかし、グラフから分かるように、急速に成長しています。伸び盛りの、目を離せない損保会社です。

イーデザイン損保とソニー損保の、自動車保険の補償内容は、どちらが優れていますか?

細かな違いはいろいろありますが、全体的な充実度は互角です。こちらのニーズ次第で、選択が分かれそうです。

まず、それぞれの自動車保険の補償内容を比較します。

保障のメニューの充実度を比べます。それが保険料に見合うかは、後ほどご説明します。

対人賠償保険 ソニー損保 イーデザイン損保
対人賠償保険自体はほぼ同じ。イーデザイン損保は対人臨時費用保険金も出る。
対物賠償保険 ソニー損保 イーデザイン損保
対物賠償保険は、ほぼ同じ内容。
人身傷害保険 ソニー損保 イーデザイン損保
人身傷害保険本体はほぼ同じ。特約は、イーデザイン損保の方が多い。
車両保険 ソニー損保 イーデザイン損保
車両保険本体も、特約のラインナップも、同等レベル。
ロードサービス ソニー損保 イーデザイン損保
イーデザイン損保は、長距離ドライブのときのサービスが薄い。
プラン作成の自由度 ソニー損保 イーデザイン損保
イーデザイン損保の方が、自動付帯の補償・サービスが多く、自由度はやや落ちる。
総合 ソニー損保 イーデザイン損保
ソニー損保は、ダイレクト(ネット通販)型の平均的な内容。イーデザイン損保は、やや独自色がある。総合的には互角。

ソニー損保の

補償・サービスは、ダイレクト(ネット通販)型の標準的な内容です。良くも悪くも常識的なわかりやすい仕組みになっており、安心して選べます。

イーデザイン損保は

弁護士費用等補償保険を自動付帯にしたり、ロードサービスが薄かったりと、独自の主張があります。

とは言え、選んで後悔するほど、偏っているわけではありません。

ただし、泊りがけのドライブをたびたびする方たちは、ロードサービスの薄さが気になるかもしれません。

事故対応では、両社とも業界トップクラスの評判を獲得しています!

補償やサービスに大きな差はなくても、それらの丁寧さとか迅速さとか親切さ、つまり品質に違いがあるかもしれません。

特に大切なのが、事故対応の品質です。

自動車保険では、事故が起こってから、損害保険会社が調査や示談交渉をおこなって、保険金額が決まり、支払われます。

そのスムーズさや迅速さに、損害保険会社の実力の差が出ます。

事故対応の評判を知るには、公正なアンケート調査が一番参考になります。また、交通事故の当日初期対応の違いも併記しました。

交通事故での当日初期対応 ソニー損保 イーデザイン損保
ソニー損保は、20時までに受け付けた事故は当日初期対応。イーデザイン損保は、受付時刻に関係なく、当日初期対応。なお、どちらも、セコム警備員が、事故現場に駆けつけるサービスを、無料で提供。
オリコン日本顧客満足度ランキング ソニー損保 イーデザイン損保
『オリコン日本顧客満足度ランキング自動車保険2019』によると、ソニー損保は1位、イーデザイン損保は8位。ちなみに、2018年版ではイーデザイン損保の方が上でしたが、僅差でした。
J.D.パワー事故対応満足度調査 ソニー損保 イーデザイン損保
『J.D.パワー自動車保険事故対応満足度調査2019』によると、ソニー損保は1位、イーデザイン損保は2位。ちなみに、2018年版でもソニー損保が上でした。
総合 ソニー損保 イーデザイン損保
どちらも好評だが、2つのランキングとも高順位なのはソニー損保。

当日初期対応は

イーデザイン損保の方が、より手厚くなっています。

ただし、ソニー損保の、20:00までに受付したらその日のうちに対応というルールでも、支障はなさそうです。

というのは、夜の遅い時間になると、手配や交渉をしようにも、相手方が業務時間外なので、できることは限られるからです。

事故対応の

顧客満足度ランキングを見ると、両社ともに高評価です。

特に、2019年のJ.D.パワーのランキングでは、1位2位をこの2社が占めました。

しかし、2つを比べると、ソニー損保の方が安定感があります。

ソニー損保は、複数のランキングで、複数年に渡ってトップクラスの評判を維持してます。

セコムによる事故現場駆けつけサービスを

イーデザイン損保、ソニー損保ともに採用しています。

事故現場から損保会社に連絡すると、セコムの警備員が駆けつけて、事故現場での対応を代行・支援してくれます。

代理店型よりサービスが薄いとされる、ダイレクト(ネット通販)型のイメージをひっくり返す、注目のサービスです。

この点では、両社は対等です。

なお、利用者による、両社の口コミ情報は、ソニー損保の評判・口コミイーデザイン損保の評判・口コミをご覧ください。

イーデザイン損保もソニー損保もダイレクト(ネット通販)型なので、どちらも保険料は安そうですが、どのくらい違いますか?

保険料の比較では、ほとんどの見積もり条件で、イーデザイン損保の方が安くなります。

両社の自動車保険の保険料を、6パターンの年齢と等級の組み合わせで、比較しました。

それ以外の見積もり条件は統一しています。車両保険は付けていません。金額は一括払い(年払い)保険料です。

なお、参考に、代理店型の平均と、ダイレクト(ネット通販)型の平均も載せています。

イーデザイン損保とソニー損保の、自動車保険の保険料比較

イーデザイン損保は

見積もり条件によって上下動はありますが、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近い金額です。

一方のソニー損保は

見積もりした全パターンで、ダイレクト(ネット通販)型の平均より高くなりました。

ソニー損保の保険料は、ダイレクト(ネット通販)型と代理店型の平均の、真ん中よりダイレクト(ネット通販)型の平均にやや近いあたりです。

ダイレクト(ネット通販)型の中で、保険料は最高値クラスです。もちろん、イーデザイン損保よりも高いです。

品質重視ならソニー損保、コストパフォーマンスならイーデザイン損保になりそうですね。

イーデザイン損保、ソニー損保といっしょに検討した方が良い自動車保険はありますか?

ダイレクト型を選ぶときは、品質と安さをそれぞれどのくらい重視するかで決まります。

保険料にはこだわらないから、少しでも品質の高いダイレクト(ネット通販)型に入りたい、ということなら、ソニー損保のライバルは見当たりません。

他にも評判の良い自動車保険はありますが、ソニー損保を脅かすほどではありません。

しかし、品質と保険料とのバランスを見て、費用対効果に優れた自動車保険を選びたい、ということなら、比較していただきたい競合商品はいくつかあります。

  • セゾン自動車火災
  • チューリッヒ保険
  • 三井ダイレクト損保

セゾン自動車火災

損保ジャパンの系列のダイレクト(ネット通販)型損保です。イーデザイン損保と同じく、大手損保の系列です。

保険料の設定は

かなり変則的です。

10代〜20代は、保険料がかなり高くなります。特に20代前半までは、代理店型並の金額になります。

30代後半あたりから割安になりますが、それでもダイレクト(ネット通販)型の平均と同じか、それより少し高くなります。

というように、全体的な印象は、ソニー損保ほどではありませんが、ダイレクト(ネット通販)型の中では、保険料はやや高めです。

ただし、運転する子どもが同居する世帯の保険料は、かなり安くなります。業界トップレベルの割安感です。

事故対応の評判は

ソニー損保より劣りますし、イーデザイン損保と比べても劣勢です。

それでも、大手損保(損保ジャパン・東京海上日動・三井住友海上など)と同等か、それに近いくらいの品質を期待できそうです。

また、セゾン自動車火災も、事故現場駆けつけ支援サービスをやっています。

駆けつけるのは警備保障会社ALSOKの警備員で、サービス内容は、イーデザイン損保やソニー損保と同じです。

チューリッヒ保険

同社は、個人向けに2つの自動車保険を販売しています。『スーパー自動車保険』と『ネット専用自動車保険』です。

テレビ・新聞・ネットなどで盛んに宣伝しているのは前者です。

保険料は

安さを重視するなら『ネット専用自動車保険』です。業界トップクラスに安さを誇ります

ただし、取扱い上の制限があります。10代や70代以上は入れないとか、保険料払込は一括払いのみとか、電話・郵送での手続きは不可とか・・・

それが障害になるようなら、『スーパー自動車保険』が候補になります。

『スーパー自動車保険』には取扱い上の制限はありません。また、『ネット専用自動車保険』と比べて、機能は増えますが、保険料も高くなります。

と言っても、他社と比べると、意外と安いです。

ダイレクト(ネット通販)型の平均くらいか、見積もり条件によってはそれより少し高くなります。

ソニー損保より安くなる可能性は高いですが、イーデザイン損保とは勝ったり負けたりしそうです。

事故対応は

ソニー損保やイーデザイン損保より劣りそうですが、大手損保並みの品質を期待できそうです。

少なくとも

『ネット専用自動車保険』の保険料であれば、費用対効果はけっこう高いです。

三井ダイレクト損保

あいおいニッセイ同和や三井住友海上が中心となっているMS&ADインシュアランス・グループの、ダイレクト(ネット通販)型損保です。

保険料の安さは、チューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』ほどではありませんが、ダイレクト(ネット通販型)型の中で上位です。

当然、ソニー損保より安くなります。

イーデザイン損保と比べても、たいていは三井ダイレクト損保の方が安くなるでしょう。

ただし、事故対応の評判はもう一つです。ソニー損保やイーデザイン損保より劣ります。

大手損保よりワンランク落ちる印象です。

主な自動車保険の補償内容と保険料を比較するなら、一括見積りサービスがおすすめです。

近年では、損保各社のホームページに、使いやすい見積もり機能が提供されています。見積もりを集めるだけなら、時間をかければできそうです。

ただし、見積もりを比較するためには、損保各社の自動車保険の見積もり条件をそろえなければなりません。これがやっかいです。

各社の自動車保険の条件をそろえるには、それぞれの商品の特徴や独特の言葉遣いを理解できている必要があります。

何度か見積もりを作り直したあげくに、それでもちゃんとできているか自信を持てない、となりがちです。

その対策として、おそらくもっとも有効なのが、無料の一括見積サービスです。

1回(=1社分)だけ必要事項を入力すると、主な自動車保険の見積もりが、自動的に手元にそろいます。

入力の手間を省けるうえに、入力した内容をもとにすべての見積もりが作成されます。

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報