ソニー損保アクサダイレクトは、どちらも広告・宣伝をよく目にします。どちらにするか、迷っています。

どちらも、ダイレクト(ネット通販)型の自動車保険です。代理店が窓口にならない、新しい形の自動車保険です。

ソニー損保もアクサダイレクトも、ダイレクト(ネット通販)型の損害保険会社です。

自動車保険は、代理店型とダイレクト(ネット通販)型に分けることができます。

損保会社と契約している代理店を窓口にするのが代理店型、ネットや電話などで損保会社が顧客と直接にやり取りするのがダイレクト(ネット通販)型です。

代理店型自動車保険とダイレクト(ネット通販)型自動車保険の仕組み

ダイレクト(ネット通販)型は、代理店のためのコストがかからないので、その分保険料が安くなります。

しかし、代理店がないので、加入・更新・内容変更・請求といった手続きを、加入者がネットや電話を通じて、損保会社と直接にやりとりしなければなりません。

そのことを大きな負担と感じる方には、ダイレクト(ネット通販)型の自動車保険をおすすめできません。ソニー損保もアクサダイレクトも、候補から外れます。

ソニー損保とアクサダイレクトは、歴史的にも、企業規模も、組織面でも、類似点が多いです。

2017年度の売上高で、ダイレクト(ネット通販)型トップだったのが、ソニー損保です。2位だったのがアクサダイレクトです。

この2社の、会社の成り立ちや規模を調べました。売上高は正味収入保険料です。

ソニー損保 アクサダイレクト
創業 1998年(平成10年) 1998年(平成10年)
企業グループ ソニー AXA(フランス)
直営の全国拠点数 9(住所で集計) 不明
従業員数 1,235人 863人
自動車保険売上 979億 486億
総売上 1,083億 521億
ソルベンシー・マージン比率 782.1% 782.5%

この2社は、同じ年に設立され、巨大な企業グループに属しています。そして、(損保会社にとしては)コンパクトな組織で事業を運営しています。

上に書いた通り、ダイレクト(ネット通販)型の1位、2位の両社ですが、売上高の差は大きいです。

ソニー損保は、アクサダイレクトの2倍以上です。独走しています。

ソニー損保とアクサダイレクトの、自動車保険の補償内容は、どちらが優れていますか?

補償内容も、保険商品としての仕組みも、かなり近いです。細かな違いで、どちらかを選ぶことになりそうです。

まず、それぞれの自動車保険の補償内容を比較します。

品ぞろえの充実度を比べます。それが保険料に見合うかは、後ほどご説明します。

対人賠償保険 アクサダイレクト ソニー損保
アクサダイレクトは、賠償金に加えて諸費用分が支払われる。
対物賠償保険 アクサダイレクト ソニー損保
アクサダイレクトは、賠償金に加えて諸費用分が支払われる。ソニー損保は、対物超過修理費用が自動セット。アクサダイレクトは、特約で付けられる。
人身傷害保険 アクサダイレクト ソニー損保
人身傷害保険そのもの補償内容は同レベル。
車両保険 アクサダイレクト ソニー損保
車両保険の基本の機能は同レベル。アクサダイレクトには全損になったときの補償がある。ソニー損保にはレンタカー費用の特約がある。
ロードサービス アクサダイレクト ソニー損保
それぞれ強み・弱みがある。総合的にはアクサがやや優位。
プラン作成の自由度 アクサダイレクト ソニー損保
アクサは、ダイレクト(ネット通販)型としては、自由度低め。
総合 アクサダイレクト ソニー損保
どちらも、ダイレクト(ネット通販)型としては充実志向。比べると、アクサの方がわずかに手厚い

自動車保険は、自賠責保険(強制保険)と一体となって、ドライバーや同乗者を守ります。だから、民間企業の商品でありながら、高い公共性を持っています。

そのために、この2社に限らず、自動車保険の基本の仕組みは共通しています。

また、ソニー損保もアクサダイレクトもダイレクト(ネット通販)型です。ダイレクト(ネット通販)型は、パンフレットやウェブサイトの情報をもとに、消費者が補償プランを選びます。商品自体をわかりやすい仕組みにする必要があります。

わかりやすさを追求しても、同じような仕組みになるとは限りませんが、この2社については、わりと近くなっています。

ソニー損保の方が、無料でレッカー搬送してくれる距離が15km長いとか、アクサダイレクトはペットを連れてドライブしても安心とか、細かな違いでどちらかを選ぶことになりそうです。

事故対応の評判では、ソニー損保が圧勝です。

補償やサービスに大きな差はなくても、それらの丁寧さとか迅速さとか親切さ、つまり品質に違いがあるかもしれません。

特に大切なのが、事故対応の品質です。

自動車保険では、事故が起こってから、損害保険会社が調査や示談交渉をおこなって、保険金額が決まり、支払われます。

そのスムーズさや迅速さに、損害保険会社の実力の差が出ます。

事故対応の評判を知るには、公正なアンケート調査が一番参考になります。また、交通事故の当日初期対応の違いも併記しました。

交通事故での当日初期対応 アクサダイレクト ソニー損保
どちらも事故の連絡受付は24時間365日。ソニー損保は、20時までに受け付けた事故は当日対応。アクサダイレクトは夜間受付分は、原則翌日対応。
オリコン日本顧客満足度ランキング アクサダイレクト ソニー損保
『オリコン日本顧客満足度ランキング自動車保険2019』によると、アクサダイレクトは11位、ソニー損保は1位。ちなみに、2018年版でもソニー損保の方が勝っていました。
J.D.パワー事故対応満足度調査 アクサダイレクト ソニー損保
『J.D.パワー自動車保険事故対応満足度調査2019』によると、アクサダイレクトは9位、ソニー損保は1位。ちなみに、2018年版でもソニー損保が上でした。
総合 アクサダイレクト ソニー損保
ソニー損保があきらかに優勢。

事故対応の評判については、両社の差がはっきりと出ました。

確かにソニー損保の評価は高いです。

しかし、比較する相手をどうこう言う前に、アクサダイレクトへの評価の低さが目につきます。

中身の充実感で選ぶなら、事故対応の評判の差で、ソニー損保が優勢です。

事故現場かけつけ支援サービス

ソニー損保の事故対応に関するサービスに、事故現場かけつけ支援サービスがあります。

自動車事故のときに、警備保障会社の警備員が駆けつけて、現場でやるべきことを代行・支援してくれます。

事故現場で、わたしたちがやらなければならないこと(関係各所への連絡、示談交渉のための情報収集など)のほとんどを、代行してくれます。

損保会社に対する、事故状況についての連絡もやってくれます。

このサービスは、すべての加入者に向けて、無料で提供されます。

ソニー損保独自のサービスではありませんが、実施している損保会社はまだ少数です。

口コミ情報

なお、利用者による、両社の口コミ情報は、アクサダイレクトの評判・口コミソニー損保の評判・口コミをご覧ください。

アクサダイレクトもソニー損保も、ダイレクト(ネット通販)型なので、どちらも保険料は安そうですが、どのくらい違いますか?

両社とも、ダイレクト(ネット通販)型の中では、保険料が高い自動車保険です。

両社の自動車保険の保険料を、6パターンの年齢と等級の組み合わせで、比較しました。

それ以外の見積もり条件は統一しています。車両保険は付けていません。金額は一括払い(年払い)保険料です。

なお、参考に、代理店型の平均と、ダイレクト(ネット通販)型の平均も載せています。

アクサダイレクトとソニー損保の、自動車保険の保険料比較

ソニー損保は、見積もりした全パターンで、ダイレクト(ネット通販)型の平均より高くなりました。

一方のアクサダイレクトは、26歳・6等級だけ、ダイレクト(ネット通販)型の平均より、少しだけ安くなりました。

他の5パターンは、ダイレクト(ネット通販)型の平均を上回りました。

傾向としては、30代くらいまではアクサダイレクトのほうが安くなりやすく、40代以降はソニー損保が優勢です。

ただし、30代半ば以降は差が小さいので、見積もり条件や補償内容によって、入れ替わるかもしれません。

いずれにしても・・・

アクサダイレクトもソニー損保も、ダイレクト(ネット通販)型としては、保険料高めです。

ソニー損保、アクサダイレクトといっしょに検討した方が良い自動車保険はありますか?

どちらも、ダイレクト(ネット通販)型の中では、保険料が高めです。他のダイレクト型を検討すれば、容易に安くできます。

ソニー損保もアクサダイレクトも、ダイレクト(ネット通販)型の中で、保険料は高めです。

他のダイレクト(ネット通販)型に切り替えて、保険料を下げるのは、比較的やりやすいです。

価格と品質のバランス重視なら、こちら

ソニー損保やアクサダイレクトより保険料を安くしたいけれど、品質に妥協したくない方々には、以下をおすすめします。

  • イーデザイン損保
  • セゾン自動車火災

以下で補足説明します。

イーデザイン損保

日本を代表する規模と伝統を誇る、東京海上日動系列のダイレクト(ネット通販)型損保が、イーデザイン損保です。

会社の規模はまだ小さいですが、定評ある東京海上グループのサービスネットワークを利用できる、という強みがあります。

実際、イーデザイン損保の事故対応の評判は、代理店型の大手損保(損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上など)に引けを取りません。

業界トップクラスのソニー損保には及ばなくても、アクサダイレクトより期待できそうです。

イーデザイン損保の保険料は、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近い水準です。

また、同社は、ソニー損保と同じく、事故現場に駆けつけて支援・代行するサービスを、全加入者に無料で提供しています。

セゾン自動車火災

東京海上日動のライバルである、損保ジャパンの系列のダイレクト(ネット通販)型損保が、セゾン自動車火災です。

同社の主力商品は『おとなの自動車保険』です。

保険料は

代理店型より安いのは当然としても、かなりクセのある料金体系です。

10〜20代はかなり高額です。ソニー損保やアクサダイレクトより高くなるかもしれません。

30代以降になると、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近くなります。

よって、30代以降の方々におすすめします。

なお、運転する同居の子どもがいる世帯の保険料は、なぜかトップクラスの安さです。

該当する方々は、特にお見逃しなく。

事故対応の評判は

代理店型の大手損保並の評価を受けているので、不安を感じることは無さそうです。

ランキングなどから推察すると、世評は、ソニー損保とアクサダイレクトの中間くらいでしょうか。

事故現場に駆けつけて支援・代行するサービスを

セゾン自動車火災もやっています。

とにかく安さを重視するなら

ダイレクト(ネット通販)型ならではの、保険料の安さを重視する、ということなら、以下の自動車保険も候補に加えたいです。

  • SBI損保
  • チューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』
SBI損保

SBI損保は、SBI証券や住信SBIネット銀行など、ネット上での金融サービス事業を展開するSBIグループの、ダイレクト(ネット通販)型損保会社です。

残念ながら、事故対応の評判は良くありません。

そのかわり、保険料の安さは、業界トップクラスです。

事故対応が不評と言っても、保険契約どおりに保険金を払ってくれます。

保険金不払いがあれば、「事故対応が不評」くらいでは収まりません。場合によっては、行政処分を受けます。

保険金は支払ってくれるけれど、手続きに時間がかかる、連絡が不十分、説明が不親切など、ストレスを感じさせられる恐れがあります。

「保険料が安いのであれば、多少のストレスはしかたがない」と割り切れるなら、この商品も選択肢に入ります。

チューリッヒ保険

チューリッヒ保険は、社名が表すとおり、スイスに本拠を置く世界的な保険グループです。

同社は、一般家庭向けに2つの自動車保険を販売しています。『スーパー自動車保険』と『ネット専用自動車保険』です。

テレビ、ネット、新聞・雑誌などで盛んに宣伝しているのは『スーパー自動車保険』です。

最新鋭の機能を備えた、同社の看板商品です。

ただし、ここでおすすめするのは、『ネット専用自動車保険』の方です。

こちらは機能を最小限に絞って、保険料を安くした商品です。

補償内容は一通りのものがそろっていますが、取り扱い上の制限がいくつか設けられています。主なものでは・・・

  • 加入できるのは21歳〜69歳の個人に限られる。
  • 手続き・窓口はインターネットのみ(電話・郵送は不可)。
  • 保険料払込は、クレジットカード一括払いのみ。
  • 契約の更新は自動(更新の通知はない)。事前の拒否は可能。

支障がないようなら、候補に加えてください。

保険料は業界最安値レベルです。

SBI損保のライバルです。

一方、事故対応の評判は、代理店型の大手損保よりやや低い印象ですが、大幅に劣るわけではありません。

なお、以下の一括見積りサービスをご利用いただくと、『ネット専用自動車保険』の保険料見積もりが手には入ります。

主な自動車保険の補償内容と保険料を比較するなら、一括見積りサービスがおすすめです。

近年では、損保各社のホームページに、使いやすい見積もり機能が提供されています。見積もりを集めるだけなら、時間をかければできそうです。

ただし、見積もりを比較するためには、損保各社の自動車保険の見積もり条件をそろえなければなりません。これがやっかいです。

各社の自動車保険の条件をそろえるには、それぞれの商品の特徴や独特の言葉遣いを理解できている必要があります。

何度か見積もりを作り直したあげくに、それでもちゃんとできているか自信を持てない、となりがちです。

その対策として、おそらくもっとも有効なのが、無料の一括見積サービスです。

1回(=1社分)だけ必要事項を入力すると、主な自動車保険の見積もりが、自動的に手元にそろいます。

入力の手間を省けるうえに、入力した内容をもとにすべての見積もりが作成されます。

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報