共栄火災とはどんな会社なのですか?

共栄火災はJA共済連の子会社で、協同組合、信用金庫、信用組合、生活協同組合などと関係が深い、代理店型損害保険会社です。

共栄火災は、知名度は高くないかもしれませんが、同業他社とは一味違う強みを持っています。

安定した経営基盤

同社の株主を調べると、以下のようになっています。

  1. 全国共済農業協同組合連合会 74.20%
  2. 農林中央金庫 6.63%
  3. 信金中央金庫 6.08%
  4. その他(三菱UFJニコス、JA全農、JF共済、コープ共済、全労済)

JA共済連の割合が圧倒的に高く、実質的にJA共済連の子会社と言えます。

JA共済の損害保険系の商品のいくつかを受託しており、関係は緊密です。

その他にも、信用金庫・信用組合などが名を連ねています。

共栄火災の経営基盤は、とてもしっかりしています。

大きくはないが、まずまずの売上規模

グラフは、2018年度末の損害保険会社売上高(正味収入保険料)上位10社です。

2018年度末の損害保険会社売上高(正味収入保険料)上位10社

共栄火災は6位です。順位としては悪くありません。

とは言え、グラフのとおり、4位と5位との間に、きわめて大きな格差があります。

ちなみに、8位以下の3社は、ダイレクト(ネット通販)型損保会社です。

共栄火災の自動車保険を、同業他社と比較したときの、強み・弱みを教えてください。

共栄火災の自動車保険について、同業他社と比較しての印象をまとめると以下のようになります。

★★★★が満点。★★は、他に魅力があるなら許せるかもしれないレベル。は、おすすめできないレベル。

補償の充実度 ★★★★
設計の柔軟性 ★★
保険料の安さ
事故対応の評判
  • 「保険料の安さ」は、いろいろと見積もり条件を変えて試算した結果の印象で判定しています。よって、見積もり条件によっては異なる結果になります。
  • 「事故対応の評判」は、日経アフターサービスランキングとJ.D.パワーの事故対応満足度ランキングをもとに判定しています。

保険料の高い代理店型の中でも、高めの料金設定です。

3パターンで、共栄火災の保険料を、同業他社と比較しました。

比較したのは、代理店型売上1位、2位の損保ジャパン、東京海上日動。そして、ダイレクト(ネット通販)型を代表して、イーデザイン損保とソニー損保です。

車両保険を付けたときの年払い保険料です(車はトヨタのアクア)。

共栄火災の自動車保険の保険料を、他社と比較したグラフ

共栄火災の保険料は、10~30代については、割高感があります。中高年から後になると、同じ代理店型の損保ジャパンや東京海上日動と同じくらいになります。

事故対応の品質については、良い評判もありますが、おすすめするには材料不足です。

事故対応の評判を知るには、公正なアンケート調査が一番参考になります。そこで、このサイトでは、J.D.パワーやオリコンのランキングを参考にしています。

J.D.パワーのランキングでは、近年実績なし

この種のランキングでは、アンケートによる回答数が一定数に届かないと、対象外にされてしまいます。

統計上、信頼できる分析が難しいからです。

売上の規模が小さい損保会社は、利用者数が少なく、回答数不足になる危険性が大きいです。

J.D.パワーのランキングに、もっとも最近共栄火災の名前が登場したのは、2015年調査です。

このときは、17社中14位と不振でした。

その後は、2019年調査まで、対象外が続いています。

最近の調査結果がないので、同社の事故対応品質について、判断はできません。

とは言え

共栄火災に対して前向きになれる情報がないからには、おすすめしにくいです。

オリコン顧客満足度ランキング

様々な分野のランキングを発表しているオリコンは、自動車保険のランキングも、毎年発表しています。

幸い、このランキングに、共栄火災は何度も登場しています。

オリコンのランキングは、項目数が多いのが特徴です。ここでは、事故対応力にかかわる項目に絞って、日新火災の順位を引用します。

なお、順位が公表されるのは10位までです。それより下は、圏外になります。

事故対応 調査・
認定結果
受取額・
スピード
2019年 4位 2位 3位
2018年 圏外 6位 圏外
2017年 圏外 8位 圏外

2017〜2018年は圏外が多く、おすすめしにくい順位です。

ところが、2019年になって、突然3部門とも順位が大幅に上昇しました。

一転して、トップクラスの評価です。

こういうランキングでは、ある年だけ順位が良くなる損保会社がときどき現れます。

複数年、好順位をキープしてくれないと、おすすめしにくいです。

よって、現段階では、共栄火災への評価は保留とさせていただきます。

とは言え、知人などから良い評判を聞けたら、選んでも良さそうです。

補償プラン設計の柔軟性は、比較的高いです。

自動車保険の補償のうち、対人賠償保険と対物賠償保険は必須の補償です。それ以外は、加入者ができるだけ自由に選べる仕組みになってほしいです。必要性の低い補償に、お金を払いたくありませんから。

必須になっている保険が多い自動車保険は、それだけで要注意です。必要性が低い補償・サービスまでセット販売で売りつけようとしている、という疑いが生じます。

共栄火災の自動車保険で、必須となっている保険・特約は以下の通りです。

  • 対人賠償責任保険
  • 対物賠償責任保険
  • 他社運転危険補償特約
  • 人身傷害保険
  • 無保険車傷害保険
  • ロードサービス

必須となっている保険・特約の数は標準的です。代理店型自動車保険の中だけで比べると、少なめです。

ちなみに、人身傷害保険を必須とする自動車保険は多いですが、どうしても必要な保険ではありません。

共栄火災といっしょに検討した方が良い自動車保険はありますか?

大手損保の代理店型自動車保険をご希望なら、東京海上日動、損保ジャパンをおすすめします。

大手損保の代理店型自動車保険をご希望でしたら、このページですでに名前をあげている大手2社をおすすめします。

  • 東京海上日動
  • 損保ジャパン

代理店型、ダイレクト(ネット通販)型をひっくるめて、自動車保険売上高1位、2位です。

ただし、規模が大きいだけではありません。

事故対応の評判は、両社とも業界トップクラスです。中身もあります。

なお、代理店型自動車保険の加入にあたっては、代理店の存在が大切です。損保会社に相談すれば、最寄りの代理店を紹介してくれます。

補償内容と保険料だけでなく、代理店への信頼感も判断材料にしてください。

共栄火災から、ダイレクト(ネット通販)型に切りかえて、グッと保険料を下げるなら、こちらをおすすめします。

ダイレクト(ネット通販)型自動車保険に切りかえて、グッと保険料を下げるなら、手始めに以下の損保会社をおすすめします。

  • イーデザイン損保
  • セゾン自動車火災
  • ソニー損保

以下で、それぞれについて補足説明します。

イーデザイン損保

国内の損保市場では、東京海上日動と損保ジャパンが、激しく首位を争っています。

そんな東京海上日動系列のダイレクト(ネット通販)型損保が、イーデザイン損保です。

会社の規模はまだ小さいですが、定評ある東京海上グループのサービスネットワークを利用できる、という強みがあります。

実際、イーデザイン損保の事故対応の評判は、代理店型の大手損保(損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上など)に引けを取りません。

イーデザイン損保の保険料は、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近い水準です。

共栄火災より、大幅に安くできます。

また、同社は、事故現場に駆けつけて支援・代行するサービスを、全加入者に無料で提供しています。

ダイレクト(ネット通販)型は、補償が薄いというイメージをくつがえす、注目のサービスです。

セゾン自動車火災

東京海上日動のライバルである、損保ジャパン系列のダイレクト(ネット通販)型損保が、セゾン自動車火災です。

同社の主力商品は『おとなの自動車保険』です。

保険料は

代理店型より安いものの、かなりクセのある料金体系です。

10〜20代はかなり高額です。30代以降になって、ダイレクト(ネット通販)型の平均に近くなります。

それでも、ダイレクト(ネット通販)型平均より、高くなることが多いです。

例外は、運転する同居の子どもがいる世帯です。このケースでは、トップクラスに安くなります。

事故対応の評判は

代理店型の大手損保並の評価を受けているので、不安を感じることは無さそうです。

事故現場に駆けつけて支援・代行するサービスを

セゾン自動車火災もやっています。

ソニー損保

ソニー損保は、ダイレクト(ネット通販)型損保の売上高トップを、ここ数年独走しています。

最高レベルの品質

その原動力は、代理店型、ダイレクト(ネット通販)型をひっくるめて、トップクラスの評価をされている、品質の高さでしょう。

自動車保険の品質そのものと言える事故対応でも、信頼できるマーケティング調査会社のランキングで、最高レベルの評価を獲得しています。

日本を代表するエレクトロニクス企業ソニーのグループ会社というのも心強いです。

ダイレクト型としては割高

保険料の料金設定は、ダイレクト(ネット通販)型としては高いです。

とは言え、代理店型から乗り換えるのであれば、保険料を下げることができます。

事故現場駆けつけサービス

事故現場に駆けつけて支援・代行するサービスを、ソニー損保もやっています。

すでに日新火災に加入されているか、補償プランが決まっているなら、ダイレクト(ネット通販)型への切りかえは簡単です。

代理店型とダイレクト(ネット通販)型の大きな違いは、加入・更新を検討し申し込むときに、代理店のサポートがあるかないか。

加入・更新手続きが終了した後は、ほとんど違いがありません。

すでに日新火災に加入されているか、ご検討中で補償プランが決まっているなら、代理店のサポートがなくても、けっこうスムーズに移行できます。

このサイトを見つけていただいた方なら、パソコンやスマホの操作は障害にならないはずですし。

現在ご加入の内容か、ご検討中の補償プランをもとに、以下でご案内する無料の一括見積サービスで入力なさってください。

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報