自動車保険の数がとても多いですね。自分のニーズに合わせて、候補を絞りたいです。

自動車保険選びでお悩みの方々のために、ライバル商品を徹底比較しました!

目の付け所によってはライバルになりそうな競合商品を、徹底比較。
補償の充実度、事故対応の評判、保険料の割安感など、気になる項目一つ一つについて、優劣を判定しています。

以下、会社名の五十音順に、比較記事を並べています。

あいおいニッセイ同和

国内で大きなシェアを持つ大手損保の一つで、三井住友海上とともに、MS&ADインシュアランス・グループの中核をなす、代理店型損保です。

同じMS&ADインシュアランス・グループの代理店型損保であり、盟友の三井住友海上との比較です。

アクサダイレクト

フランスに本社を置く世界的な保険会社、アクサグループの日本法人です。
日本市場にもしっかりと根を下ろし、ダイレクト型損保では国内第2位の売上高です。

ダイレクト(ネット通販)型の中で、売上No.1がソニー損保、No.2がアクサダイレクトです。

アクサダイレクトと同じ、外資系ダイレクト(ネット通販)型損保、チューリッヒ保険と比較しました。

イーデザイン損保

東京海上日動率いる、東京海上グループのダイレクト(ネット通販)型損保です。
保険料の安さだけでなく、事故対応は業界トップクラスの評価を得ています。

イーデザイン損保とは異なる戦略(保険料の安さが武器)で成長する、SBI損保と比較しました。

イーデザイン損保と同じく、大手損保グループの系列のダイレクト(ネット通販)型損保、セゾン自動車火災と比較しました。

ダイレクト(ネット通販)型売上No.1、ソニー損保との比較です。

イーデザイン損保の実質的な親会社である、名門東京海上日動と比較しました。

イーデザイン損保と同じく、大手損保グループの系列のダイレクト(ネット通販)型損保、三井ダイレクト損保との比較です。

SBI損保

保険料の安いダイレクト(ネット通販)型損保の中でも、保険料の安さを武器に業績を伸ばすSBI損保です。

SBI損保と異なる戦略で成長する、イーデザイン損保と比較しました。

『おとなの自動車保険』が人気の、損保ジャパン系列のダイレクト(ネット通販)型損保、セゾン自動車火災と比較しました。

ダイレクト(ネット通販)型売上1位、ソニー損保との比較です。

ダイレクト(ネット通販)型の中でも保険料が安い、チューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』との比較。

JA共済

農業協同組合の自動車共済(自動車保険)です。農業に従事していなくても入ることができます。

全国規模の自動車共済同士の比較です。

セゾン自動車火災

損保ジャパン率いるSOMPOグループの、ダイレクト(ネット通販)型損保です。『おとなの自動車保険』が売れ行き好調です。

セゾン自動車火災と同じく、大手損保系列のダイレクト(ネット通販)型損保、イーデザイン損保との比較です。

保険料の安さを武器に、順調に売上高を伸ばしているSBI損保との比較です。

ダイレクト(ネット通販)型売上トップ、ソニー損保と比較しました。

セゾン自動車火災にとって親会社にあたり、代理店型売上トップでもある、損保ジャパンとの比較です。

外資系ダイレクト(ネット通販)型損保、チューリッヒ保険と比較しました。

2018年に朝日火災から生まれ変わり、急ピッチで変貌する楽天損保と比較しました。

全労済

都道府県の生活協同組合の自動車共済(自動車保険)です。どなたでも、住所地の生協を通して加入できます。

全国規模の自動車共済同士の比較です。

ソニー損保

業界トップクラスの品質を武器に、ダイレクト型損保売上高トップを独走する、ソニー損保です。

ダイレクト(ネット通販)型の中で売上高No.2、アクサダイレクトとの比較です。

品質の高さでソニー損保に迫る、イーデザイン損保との比較です。

ソニー損保と対象的に、保険料の安さを前面に出して成長する、SBI損保との比較です。

『おとなの自動車保険』が好調な、セゾン自動車火災との比較です。

代理店型売上トップ、損保ジャパンとの比較です。

損保業界の名門、東京海上日動と比較しました。

2018年に朝日火災から生まれ変わり、急ピッチで変貌する楽天損保と比較しました。

損保ジャパン

損保会社単体では売上高国内トップの、代理店型損保です。SOMPOグループの中核企業です。

同じ系列のダイレクト(ネット通販)型損保、セゾン自動車火災との比較です。

ダイレクト(ネット通販)型売上トップ、ソニー損保と比較しました。

損保市場の売上高で激しく首位争いをしている、東京海上日動との比較です。

チューリッヒ保険

スイスに本拠を構えるチューリッヒ・インシュアランス・グループの日本支店です。標準タイプの『スーパー自動車保険』と、割安タイプの『ネット専用自動車保険』を販売しています。

ヨーロッパ初の外資系ダイレクト(ネット通販)型と、共通点の多いアクサダイレクトとの比較です。

ダイレクト(ネット通販)型の中でも保険料が安い、SBI損保と比較しました。

『おとなの自動車保険』が好調な、セゾン自動車火災との比較です。

チューリッヒ保険は、個人向けに2つの自動車保険を販売しています。その2つを徹底比較しました。

チューリッヒ保険にとって、当面の直接的なライバルです。

東京海上日動

東京海上グループの中核企業です。グループとしても、単体でも、国内2位の売上規模を誇ります。

同じく東京海上グルーブのダイレクト(ネット通販)型損保、イーデザイン損保と比較しました。

ダイレクト(ネット通販)型売上トップ、ソニー損保と比較しました。

国内の損保市場で激しい首位争いを繰り広げている、損保ジャパンとの比較。

三井住友海上

国内で大きなシェアを持つ大手損保の一つで、あいおいニッセイ同和とともに、MS&ADインシュアランス・グループの中核をなす、代理店型損保です。

同じMS&ADインシュアランス・グループの代理店型損保、あいおいニッセイ同和との比較です。

同じMS&ADインシュアランス・グループの、ダイレクト(ネット通販)型損保、三井ダイレクト損保と比較しました。

三井ダイレクト損保

国内最大の損保グループ、MS&ADインシュアランス・グループのダイレクト(ネット通販)型損保です。

同じく大手損保グループの系列のダイレクト(ネット通販)型損保、イーデザイン損保との比較です。

三井ダイレクト損保にとって、当面の直接的なライバルです。

MS&ADインシュアランス・グループの代理店型損保、三井住友海上と比較しました。

楽天損保

2018年に朝日火災から生まれ変わった、もっとも新しい損害保険会社です。今、急ピッチで変貌を遂げつつあり、注目されます。

損保ジャパン率いるダイレクト型損保で、『おとなの自動車保険』が人気の、セゾン自動車火災との比較です。

ダイレクト(ネット通販)型売上トップ、ソニー損保と比較しました。

読まれている記事
更新情報