SBI損保チューリッヒ保険の自動車保険を、徹底比較しました!

2つのダイレクト型自動車保険を、徹底比較しました。

チューリッヒ保険は2つの自動車保険を販売しています。ここでの比較は、主力商品の『スーパー自動車保険』でおこないます。

ただし、もう一つの『ネット専用自動車保険』も注目していただきたいので、その特徴を解説しています。

どちらの損害保険会社の方が、安全性信頼性が高いですか?

どちらも巨大な保険会社がバックアップしており、不安はありません。

ダイレクト(ネット通販)型損保は、代理店型損保に比べて、規模が小さいです。

ただし、その多くが、大きな企業グループに属しています。チューリッヒ保険やセゾン自動車火災も例外ではありません。

SBI損保 チューリッヒ保険
  • SBIグループ
  • SBI証券、住信SBIネット銀行など、インターネットによる金融サービス事業を多角的に展開。
SBIグループロゴ
  • チューリッヒ・インシュアランス・グループ
  • スイスを拠点を置く世界的な保険グループで、SOMPOグループより規模は大きい。
  • 日本支店として営業している。
チューリッヒ保険ロゴ

背景が違いすぎて優劣の判定は難しいですが、どちらを選んでも不安はありません。

SBI損保 チューリッヒ保険

外国企業の場合、いくら大企業でも、(一般論としては)日本から撤退するリスクがあります。

ただ、チューリッヒ保険の日本での営業はすでに30年を超えていますから、安易な撤退は考えにくいです。

過去に外資系が撤退した事例では、段階的に(まず新規募集を中止し、全契約が満期を迎えてから営業を終了する)撤退が進められました。

自動車保険は1年契約なので、とくにダメージを受けるリスクは低いです。

2社の、会社の成り立ちや規模を調べました。売上高は正味収入保険料です。

SBI損保 チューリッヒ保険
創業 2009年(平成21年) 1986年(昭和61年)
従業員数 709人 1,200人
自動車保険売上 290億 188億
総売上 310億 422億
ソルベンシー・マージン比率 545.5% 831.8%

チューリッヒ保険は、販売した自動車保険の半分以上を、他の保険会社に引き受けてもらっています(いわゆる再保険)。そのため、上のように決算での自動車保険の売上高は小さい数字になっています。

チューリッヒ保険の自動車保険の単純な売上は483億円で、SBI損保を大きく上回ります。

他の保険会社にならってチューリッヒ保険も(支店としての)決算数値を公表していますが、かなり独特です。

補償内容の充実度では、どちらが優れていますか?

補償内容に大きな差はありませんが、比べるとチューリッヒ保険の方が手厚いです。

自動車保険の基本的な仕組みや補償内容は業界内で統一されています。

しかも、この2つの自動車保険のようなダイレクト型保険は、消費者に補償プランを作ってもらうので、シンプルでわかりやすいことが重視されます。

ですから、補償内容に決定的な差はありません

それが大前提ですが、2つの自動車保険の補償内容にあえて優劣を付けるとしたら、次のようになります。

SBI損保 チューリッヒ保険

細かな補強や特約の多さで、チューリッヒ保険がわずかに勝っています。

それぞれの自動車保険の補償内容を、おもな保険・サービスに分けて比較しました。

対人賠償保険 SBI損保 チューリッヒ保険
チューリッヒ保険では、保険金に臨時費用分が上乗せされる。
対物賠償保険 SBI損保 チューリッヒ保険
対物賠償はほとんど同じだが、SBI損保には被害者救済費用等補償特約がある。
人身傷害保険 SBI損保 チューリッヒ保険
チューリッヒ保険では、臨時費用や訴訟費用も補償対象になる。
車両保険 SBI損保 チューリッヒ保険
SBI損保には自宅・車庫等修理費用補償特約がある。
ロードサービス等 SBI損保 チューリッヒ保険
サービスメニューはほとんど同じだが、無料の範囲はチューリッヒ保険が広い。
総合 SBI損保 チューリッヒ保険
大きな差はないが、チューリッヒ保険がやや優位。

補償内容の違いでどちらを選ぶかが決するほど、大きな差はありません。

近年、自転車の保険を義務化する自治体が増えつつあります。どちらの自動車保険とも、それに対応できます。

SBI損保だと「自転車事故補償特約」、チューリッヒ保険だと「個人賠償責任補償特約」を付加してください。

なお、SBI損保の特約には、こちらのケガを補償する機能も含まれています。チューリッヒ保険で同じ補償が必要なら、「傷害特約」も付けてください。

事故対応の評判は、SBI損保とチューリッヒ保険とで、どちらが好評ですか?

どちらも好評とは言えませんが、比べるとチューリッヒ保険優勢です。

自動車保険では、事故が起こってから、損害保険会社が調査や示談交渉をおこなって、保険金額が決まり、支払われます。

そのスムーズさや迅速さに、損害保険会社の実力の差が出ます。

両社の比較ではチューリッヒ保険が優勢です。ただし、どちらもイマイチです・・・

SBI損保 チューリッヒ保険

事故対応の評判を知るには、公正なアンケート調査が一番参考になります。

オリコン顧客満足度ランキング SBI損保 チューリッヒ保険
オリコンの事故対おランキング2021によると、どちらも圏外(10位より下)でした。
価格.com事故対応ランキング SBI損保 チューリッヒ保険
価格.comの事故対応ランキング2021年版では、両社ともランキング外(10位より下)でした。
J.D.パワー事故対応満足度調査 SBI損保 チューリッヒ保険
J.D.パワー事故対応満足度調査2020によると、チューリッヒ保険が10位、SBI損保が12位でした。
総合 SBI損保 チューリッヒ保険
SBI損保もチューリッヒ保険も低調ですが、比較するとチューリッヒ保険優勢です。
事故対応の品質を重視する方々には、どちらもお勧めできません!

なお、利用者による、両社の口コミ情報は、チューリッヒ保険の評判・口コミSBI損保の評判・口コミをご覧ください。

2つともダイレクト(ネット通販)型ですが、どちらの保険料が割安ですが?

見積もり条件によって傾向が異なるので、どちらが割安と、一概に言えません。

両社の自動車保険の保険料を、7パターンの年齢と等級の組み合わせで、比較しました。

それ以外の見積もり条件は統一しています。車両保険は付けていません。金額は一括払い(年払い)保険料です。

チューリッヒ保険「スーパー自動車保険」とSBI損保の、自動車保険の保険料比較

金額の差に幅はありますが、比較した全パターンでSBI損保の方が安くなりました。

SBI損保 チューリッヒ保険

チューリッヒ保険『スーパー自動車保険』は、標準で組み込まれている補償が多めです。それを考慮すると、保険料は高くありません。

ただし、標準で組み込まれている補償の中には、必要性が低いものもあります。

4つの角度から比較しましたが、総合的な優劣は決められません・・・

ここまで4項目で勝敗を判定しましたが、振り返ると下のようになります。

安全性、信頼性 SBI損保 チューリッヒ保険
補償内容の充実 SBI損保 チューリッヒ保険
事故対応の評判 SBI損保 チューリッヒ保険
保険料の割安感 SBI損保 チューリッヒ保険
総合 SBI損保 チューリッヒ保険

4項目の勝敗数ではチューリッヒ保険の勝ちですが、総合判定は勝敗なしです。

「補償内容の充実」「事故対応の評判」での両社の差が小さかったのに比べて、「保険料の割安感」ではSBI損保があきらかに勝っていた、というのがその理由です。

チューリッヒ保険のもう一つの商品『ネット専用自動車保険』の評価はどうですか?

『ネット専用自動車保険』は、メリット、デメリットがハッキリしています。

チューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』は、保険料を安くすることに特化しているので、メリット、デメリットはわかりやすいです。

『ネット専用自動車保険』の保険料

まず、『スーパー自動車保険』との保険料比較をご覧ください。

『スーパー自動車保険』と『ネット専用自動車保険』の保険料比較

ご覧のように、保険料の差は大きいです。

『ネット専用自動車保険』の特徴

次に、三井ダイレクト損保との比較に使った4つの切り口で、特徴を整理しました。

安全性・信頼性 『スーパー自動車保険』と同じ。
補償内容 搭乗者傷害保険が無いだけで、それ以外の一般的な保険・特約・サービスはそろっている。ただし中身は平凡。
事故対応の評判 『スーパー自動車保険』と同じ。
保険料の割安感 業界トップクラスの安さ。

保険料が安くても、補償内容が貧弱なわけではありません。平凡だけど、一通りのものはそろっています。

安さの理由は、取扱い上の制約

『ネット専用自動車保険』の保険料を安くできるのは、下のような制約をもうけることで、コストダウンしているからです。

ネット専用
自動車保険
スーパー
自動車保険
加入申込 インターネットのみ 電話、インターネット、郵送
加入の条件 21~69歳の個人のみ。 18歳以上で、個人・法人とも可。
保険料払込 クレジットカード一括払いのみ。 クレジットカード、ネットバンク決済、銀行振込、コンビニ払。
継続手続き 自動継続。 継続通知書による手続き。

『ネット専用自動車保険』は、もっばら一括見積もりサイトで販売されています。

興味をお持ちでしたら、このページ下方の一括見積もりサイトをご利用ください。

SBI損保にとって強敵になるのは、『ネット専用自動車保険』の方です。

SBI損保の自動車保険は、ダイレクト(ネット通販)型の中でも、保険料の割安感を重視しています。

そういう意味で、商品性がかぶる『ネット専用自動車保険』の方が、強敵かもしれません。

『ネット専用自動車保険』は、上のような大胆な制約を設けることで保険料を下げており、SBI損保より安くなる確率が高いです。

しかも、事故対応は『スーパー自動車保険』と同レベルなので、品質面でSBI損保に勝る部分があります。

SBI損保 ネット専用
補償内容の充実 ×
事故対応の評判 ×
保険料の割安感 ×

手続き方法とか、加入年齢とか、保険料の払い方などの制約をクリアできる人にとって、『ネット専用自動車保険』は魅力的な候補ですね!

SBI損保の方が年間の保険料は高くなっても、月払いが可能なので、『ネット専用自動車保険』より負担感が低くなる可能性はあります。

SBI損保やチューリッヒ保険と、いっしょに検討したい自動車保険には、どんな商品がありますか?

チューリッヒ『スーパー自動車保険』並の保険料で、事故対応の品質をアップさせるなら・・・

ぜひ比較していただきたいのは、以下の2つです。いずれも、カッコ内の国内大手損保系列の、ダイレクト(ネット通販)型損保会社です。

  • イーデザイン損保(東京海上日動の系列)
  • セゾン自動車火災(損保ジャパンの系列)

保険料の水準はダイレクト(ネット通販)型の平均前後で、チューリッヒ『スーパー自動車保険』に近いです。

ただし、『おとなの自動車保険』(セゾン自動車火災)は、10〜20代の保険料に限り高額になるので、当てはまる方々はご注意ください。

これらの商品の詳細は以下のページで解説しています。

保険料の割安感で、SBI損保やチューリッヒ『ネット専用自動車保険』と対等に戦える競合商品はありません。

保険料の割安感で、SBI損保やチューリッヒ『ネット専用自動車保険』のライバルになりうる商品はありません。

自動車共済でも、ほとんどの場合、この2つの自動車保険より高くなります。

下の無料一括見積もりサービスをご利用いただくと、これらの保険料を簡単に比較できます!

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報