ソニー損保とおとなの自動車保険(セゾン自動車火災)は、どちらも人気があるようですね。迷ってしまいます。

ソニー損保と『おとなの自動車保険』(セゾン自動車火災)とを、4つの角度から比較しました。その結果は・・・

自動車保険を選ぶ上で、特に重要と思われる4項目について、2つの自動車保険を比較しました。

補償の充実度 ソニー損保 セゾン自動車火災
補償の充実度はほぼ互角。
顧客満足度 ソニー損保 セゾン自動車火災
売上の伸びは甲乙つけられないが、苦情が少ないのはソニー損保。
事故対応の評判 ソニー損保 セゾン自動車火災
複数の顧客満足度ランキングで、ソニー損保のほうが好評。
割安感 ソニー損保 セゾン自動車火災
ソニー損保はダイレクト型の相場より高い。セゾン『おとなの自動車保険』は、10〜20代は高いが、30代以上は相場並みか少し安い。
総合 ソニー損保 セゾン自動車火災
ソニー損保は、品質に対する評判が極めて良好。保険料は少々高いが、セゾン『おとなの自動車保険』との比較では、そこまで大きな差はない。

品質重視ならソニー損保、安さ重視なら『おとなの自動車保険』を選ぶところです。

ただし、両者の保険料の差はそこまで大きくありません。そして、安さ重視なら、『おとなの自動車保険』より強力な商品が複数あります。

一方、ダイレクト型の中で、ソニー損保より(品質面で)評判のよい自動車保険は、思い当たりません。

以上のことから、ソニー損保を勝ちとしました。

勝者!

ソニー損保

評判を選ぶか、安さを選ぶかの、難しい選択です。迷ったら、こんな考え方もあるので、ご参考までに・・・

保険料が高いか安いかは、はっきりと結論が出ます。一方、評判を客観的に比べるのは難しいです。

そのため、ソニー損保にするか『おとなの自動車保険』にすべきか、決めきれないかもしれません。

ダイレクト型同士で迷ったときは、次のような考え方で乗り切ってください。

ダイレクト型同士で迷ったときは・・・

1つでも多くメリットを感じられる方から始めましょう。もし期待はずれだったら、翌年に気軽に乗り換えられます。

お気楽に思えるかもしれませんが、以下の理由から、これでも問題ないと考えられます。

  • どちらを選んでも、深く後悔する危険性は低い。
  • 1年後の満期で乗り換えるなら、手続きは簡単(元の保険の解約手続きは不要)。
  • 人の縁で入っているわけではないので、人に気を使わずに乗り換えできる。
  • 他社に移っても等級を引き継げるので、満期で乗り換えるならデメリットはない。

いずれにしても、保険料を確かめないことには、検討が進まないでしょう。

ご自身の見積もり条件で、保険料をシミュレーションをされてはいかがでしょうか。

保険料の比較には一括見積もりサービス(無料)をおすすめします。

一回の入力で、おもな自動車保険の見積もりをまとめて比較できます。

2つの自動車保険を、より詳しく比較したい方は、下の記事をご覧ください。

2つの自動車保険について、4つの角度からの優劣判定をご覧いただきましたが、それぞれについて詳しくお知りになりたい方は、以下をご覧ください。

補償内容の充実度では、ソニー損保と『おとなの自動車保険』(セゾン自動車火災)の、どちらが優れていますか?

補償内容の点で、ソニー損保と『おとなの自動車保険』との間に、大きな隔たりはありません。

それぞれの自動車保険の補償内容を、おもな保険・サービスに分けて比較しました。

対人賠償保険 ソニー損保 セゾン自動車火災
両社とも、ほとんど同じ補償内容。
対物賠償保険 ソニー損保 セゾン自動車火災
両社とも、ほとんど同じ補償内容。なお、ソニー損保は対物超過費用の保障が自動セットされていますが、セゾン『おとなの自動車保険』では特約です。
人身傷害保険 ソニー損保 セゾン自動車火災
補償内容に目立つような違いはない。
車両保険 ソニー損保 セゾン自動車火災
補償内容は同レベルだが、セゾン『おとなの自動車保険』はきめ細かな設定が可能。
ロードサービス等 ソニー損保 セゾン自動車火災
ソニー損保のほうがサービスメニューは多い。
その他の特約等 ソニー損保 セゾン自動車火災
自転車事故の補償は、セゾン『おとなの自動車保険』のほうが充実。
総合 ソニー損保 セゾン自動車火災
自動車保険の本筋の機能では甲乙つけられない。

2つとも、競合他社が提供しているおもな補償を、一通り網羅しています。

どちらを選んでも、補償内容の点で後悔させられるリスクは低いです。

近年、自転車の保険を義務化する自治体が増えつつあります。2つのどちらの自動車保険でも、特約を付加すればそれに対応できます。

ただし、こちらのケガの治療費に関しては、『おとなの自動車保険』のほうが勝っています。

加入している人の満足度は、ソニー損保と『おとなの自動車保険』(セゾン自動車火災)の、どちらが高いですか?

加入している人の満足度は、ソニー損保のほうが上ですが、『おとなの自動車保険』(セゾン自動車火災)も悪くはありません。

加入している人の満足度は、次の2つから、推定することができます。

  • 自動車保険の売上高の推移(満足している人が多いなら、売上は減らないはず)
  • 損害保険協会受付の苦情件数

2つの自動車保険を、この2つの角度から比較しました。

売上高の推移 ソニー損保 セゾン自動車火災
金額の伸びはソニー損保、伸び率ではセゾン自動車火災が勝り、甲乙つけられない。どちらも好調。
苦情件数 ソニー損保 セゾン自動車火災
ソニー損保のほうが、苦情の発生率は低い。
総合 ソニー損保 セゾン自動車火災
『おとなの自動車保険』も業界の中では優秀ですが、ソニー損保はその上を行っています。

比較した2項目について、補足説明します。

どちらも売上高を伸ばしており、加入者の満足度は高いようです。

自動車保険は1年更新なので、不満を持った人は更新しないで他社に流れやすいです。

ということは、ここ数年の自動車保険の売上高を推移を見れば、顧客満足度がわかります。

下図は、ソニー損保とセゾン自動車火災の、過去4年間の売上高(元受正味保険料)の推移です。

ソニー損保とセゾン自動車火災の、過去4年間の売上高(元受正味保険料)の推移

両社の売上高に差がありますが、業績の伸びに注目してください。

どちらも右肩上がりに業績を伸ばしており、顧客満足度は高いようです。

金額の伸びではソニー損保、伸び率ではセゾン自動車火災が勝り、どちらが勝ちとは言えません

損害保険協会が受け付けた苦情件数は、ソニー損保のほうが少ないです。

2019年度に、損害保険協会に寄せられた、2つの損害保険会社についての苦情件数は次のとおりでした。

ソニー損保 セゾン自動車火災
485件 236件

ソニー損保のほうが件数は多いですが、だから苦情が起こりやすいとは言い切れません。

というのは、上のグラフの通り、ソニー損保のほうが取り扱う契約件数が数倍あるので、苦情件数も多くなりやすいからです。

そこで、売上高100億円あたりの苦情件数を計算したら、下のようになりました。

ソニー損保 セゾン自動車火災
40.6件 47.6件

こうして2つの会社の条件をそろえると、ソニー損保のほうが苦情が少ないことがわかります。

『おとなの自動車保険』も健闘していますが、ソニー損保はそれを上回る好評です。

ソニー損保と『おとなの自動車保険』(セゾン自動車火災)の、事故対応の評判はどうなっていますか?

事故対応の評判は、ソニー損保が優位です。ただし、『おとなの自動車保険』(セゾン自動車火災)もまずまず良いです。

事故が起きたときの補償内容に、2つの自動車保険の違いはほとんどありません。

そうなると、事故対応サービスの品質(迅速さ、正確さ、わかりやすさ、安心感など)が決め手になりそうです。

事故対応の品質を知るには、実際に利用した方々の評判が参考になります。できれば、不特定多数の評判が望ましいです。

このサイトでは、毎年実施・公表されている、下の3つのランキングを参考にしています。

オリコン事故対応ランキング ソニー損保 セゾン自動車火災
オリコンのランキングでは、2020年版、2019年版とも、ソニー損保が上でした(連続1位)。
価格ドットコム事故対応ランキング ソニー損保 セゾン自動車火災
価格ドットコムのランキングでは、2020年版、2019年版と2年続けて、ソニー損保のほうが上位でした。
J.D.パワー事故対応満足度調査 ソニー損保 セゾン自動車火災
J.D.パワーのランキングでは、2020年版、2019年版とも、ソニー損保が上でした(連続1位)。
総合 ソニー損保 セゾン自動車火災
事故対応のランキングでは、ソニー損保が圧勝。

インターネット上のアンケート調査によるランキングは、自演やステマの恐れがあるので、全面的には信用できません。

とは言え、売上高や苦情件数の結果が良好だったソニー損保だけに、ランキングでの高評価は納得できます。

保険料の割安感では、ソニー損保と『おとなの自動車保険』(セゾン自動車火災)の、どちらが有利ですか?

ソニー損保と『おとなの自動車保険』の保険料を、代理店型とダイレクト(ネット通販)型の相場と比較しました。

ソニー損保と『おとなの自動車保険』の保険料を、相場(おもな自動車保険の平均)と比較しました。

普通自動車と軽自動車とで、分けて比較しています(ただし、車両保険なしで見積もり)。

普通自動車の保険料

8パターンの年齢と等級の組み合わせで、保険料を比較しています。

また、保険料は月々の金額です。

ソニー損保と『おとなの自動車保険』(セゾン自動車火災)の保険料を相場と比較(普通車)

ソニー損保は

全パターンでダイレクト(ネット通販)型の相場より高くなりました。

『おとなの自動車保険』は

まず、記名被保険者(主に運転する人)が20歳以下だと、インターネット申込できないので、これを見積もりから外しました。

21歳、26歳の保険料は、グラフのとおり高額です。

とくに21歳の保険料は代理店型より高くなりました。

ところが、35歳以降の5パターンでは、いずれもわずかずつですが、ダイレクト(ネット通販)型の相場より安くなりました。

『おとなの自動車保険』が、20歳以下のインターネット申込みを不可(=電話申込のみ)にしているのは、門前払いするためでしょう。

上のグラフのように、もともと若年層の保険料は高く設定されていますが、電話申込だと10000円のインターネット割引を受けられないので、もっと高くなります。

軽自動車の保険料

普通自動車と同じやり方で、軽自動車の保険料も比較しました。

ソニー損保と『おとなの自動車保険』(セゾン自動車火災)の保険料を相場と比較(軽自動車)

ソニー損保は

ダイレクト(ネット通販)型の相場より高くなることが多いものの、普通自動車のときと比べて、相場との差は縮まっています。

とくに40代以上になると、ダイレクト型の相場と比べても、『おとなの自動車保険』と比べても、大差ありません

『おとなの自動車保険』は

普通自動車と傾向は似ています。

しかしよく見ると、40代〜50代になっても、ソニー損保より(そしてダイレクト型の相場より)安いとは言い切れません。

軽自動車では、価格競争力が低下するようです。

評判のよいソニー損保に、ダイレクト型の相場並の保険料で入れるなら、オトクですね!

軽自動車のオーナーは、「ソニー損保は高そうだから」と決めつけないで、ひとまず見積もりしてみましょう。

意外と安くなります。

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

ソニー損保も『おとなの自動車保険』(セゾン自動車火災)も、事故現場に駆けつけて、サポートするサービスがあるそうですね。

車が故障したときには、整備の専門家が現場に駆けつけて、応急対応やレッカー牽引してくれます。これらはロードサービスです。

これらとは別に、自動車事故のときに、事故現場に駆けつけてサポートしてくれるサービスがあります。

自動車事故を起こしてしまったら、事故現場でやらなければならないことは、意外と多いです。

交通事故を起こしてしまったら、事故現場でやらなければならないことが、いくつかあります。

  • 負傷者の救護
  • 二次被害の防止
  • 警察への連絡
  • 事故の情報収集、証拠・証人の確保
  • 事故の相手との連絡先などの交換

通常、これらのことは、わたしたち自身がやらなければなりません。

事故現場に駆けつけて、現場対応をサポートしてくれるサービスが、じょじょに普及しています。

ここ最近、事故現場に駆けつけて、現場対応をサポートするサービスを提供する自動車保険が、少しずつ増えています。

事故現場から損保会社に連絡すると、損保会社と提携している警備保障会社の警備員が、現場に駆けつけてサポートしてくれます。

現在、このサービスを提供しているのは、以下の自動車保険です。( )内が、提携している警備保障会社です。

  • イーデザイン損保(セコム)
  • セコム損保(セコム)
  • セゾン自動車火災(ALSOK)
  • 損保ジャパン(ALSOK)
  • 楽天損保(ALSOK)

警備保障会社は違っても、サービス内容はほとんど同じです。

ソニー損保も『おとなの自動車保険』も、加入者全員に無料で提供しています。

ソニー損保とセゾン自動車火災の、それぞれの会社のことを詳しく教えてください。

どちらも歴史の浅いダイレクト(ネット通販)型ですが、背後には大きな企業グループが控えています。

ダイレクト(ネット通販)型損保は、代理店型損保に比べて、規模が小さいです。

ただし、その多くが、大きな企業グループに属しています。ソニー損保やセゾン自動車火災も例外ではありません。

ソニー損保 セゾン自動車火災
  • ソニーフィナンシャルグループ
  • ソニーグループの金融部門。他にソニー生命、ソニー銀行など。
  • SOMPOグループ
  • グループの中心は損保ジャパン

ソニー損保とセゾン自動車火災(おとなの自動車保険)の、歴史、企業規模、売上高を比較しました。

2つの損保会社の歴史、企業規模、売上高などを比較しました。

2018年度末のデータです。金額は、正味収入保険料です。

ソニー損保 セゾン自動車火災
創業 1998年(平成10年) 1982年(昭和57年)
直営の全国拠点数 9(住所で集計) 2(住所で集計)
従業員数 1,303人 679人
自動車保険売上 1025億 370億
総売上 1131億 413億
ソルベンシー・マージン比率 813.0% 341.7%

拠点数、従業員数、売上高のいずれでも、ソニー損保が大きく上回っています。

セゾン自動車火災は、会社の設立時期は早いですが、はじめはカード会員向けに保険を提供していました。

ダイレクト販売(ネット通販)への本格参戦は、『おとなの自動車保険』発売の2011年からと、比較的最近です。

そういう経緯で、セゾン自動車火災が追いかける立場になっています。

読まれている記事
更新情報