ダイレクト型の自動車保険の仕組みや選び方について、実践的にご説明します。

ダイレクト(ネット通販)型自動車保険は、保険料の安さを宣伝しています。代理店型自動車保険と比べて、どのくらい安いのでしょうか?

代理店型自動車保険とダイレクト(ネット通販)型自動車保険の保険料には、あきらかな格差があります。

代理店型自動車保険とダイレクト(ネット通販)型自動車保険の、それぞれの主な商品の保険料の平均を求めて、グラフにしました。

保険料は、6パターンの年齢・等級の組み合わせで、算出しました。

代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険の、保険料の平均

6つのパターンとも、はっきりと差が出ました。

金額の差は見積もり条件によって変動しますが、ダイレクト(ネット通販)型の保険料の安さは、まちがいないようです。

同じ自動車保険でも、値段の差はこんなにハッキリしているのですね!

ダイレクト(ネット通販)型はなぜそんなに安いのですか?代理店型と、補償の内容に差があるのですか?

自動車保険の補償内容は、会社の規模や、代理店型かダイレクト型か、国内損保か外資系損保か、などでは異なりません。

他社の自動車保険に切りかえるときに、前の保険の等級を、次の保険に引き継ぐことができます。

こうした等級の引継ぎは、国内で営業するすべての損保会社の間で使うことができます。

当然、代理店型⇔ダイレクト(ネット通販)型、国内損保⇔外資系損保でも、対等に引き継ぐことができます。

等級の引き継ぎが可能なのは、各社の自動車保険の、基本の仕組みが共通しているからです。

各社は、独自性を出すために、自社の自動車保険に特徴を与えています。

しかし、基本の仕組みを好き勝手に改変しているわけではありません。違いが出るのは、プラスαの機能です。

ダイレクト(ネット通販)型の保険料が、代理店型より大幅に安いのは、事業の運営費用がかかりにくいからです。

ダイレクト(ネット通販)型の保険料が、代理店型より大幅に安いことには、もっともな理由があります。

  • 代理店がないので、販売のためのコストを低く抑えることができる。
  • 損保会社の支社等の拠点数が少ないので、経営コストを低く抑えられる。

年間売上が近い、代理店型の日新火災と、ダイレクト(ネット通販)型のソニー損保で比較してみましょう(2019年3月末)。

日新火災 ソニー損保
売上高 1,438億 1,131億
従業員数 2,223 1,303
代理店数 13,148 なし※
損害サービス拠点数 97 9

ソニー損保は「タイアップ代理店」という制度を設けています。

タイアップ代理店は、代理店型自動車保険の代理店とは違って、顧客の紹介制度(損保会社に紹介する)に近いです。

いずれにしても、両社の売上高は近いですが、ソニー損保のほうが、従業員は900人ほど少なく、全国の拠点数も88店少ないです。

ソニー損保の方が日新火災より、ずっとコンパクトな組織で運営されています。経営コストを抑えられます。

その分だけ、保険料を安くできます。

ダイレクト(ネット通販)型の損保会社は、会社の規模は小さく、拠点数も少ないようです。事故対応に不安はありませんか?

事故が起こったときに、その損害を調査するための全国組織は、代理店型の損保会社が、圧倒的に充実しています。

自動車保険をはじめ、損害保険は、損害額に応じて保険金が出る仕組みになっています。

そのために、事故が発生したら、調査して、適正な保険金額を決めなければなりません。

全国どこでも的確・スピーディーに事故対応するには、全国規模の大きな組織が必要なはずです。

代理店型トップの東京海上日動と、ダイレクト(ネット通販)型トップのソニー損保で、事故対応体制を調べました。

東京海上日動は、全国240ヵ所にサービス拠点を設けています、

一方、ソニー損保の損害サービス拠点は、全国24ヵ所(9都道府県)にとどまっています。

個人向け、法人向けに、あらゆるタイプの損害保険を販売している東京海上日動と、個人向けに自動車保険、医療保険、ペット保険を販売するソニー損保で、体制に差があるのは当然です。

しかし、それにしても、拠点数で10倍の差は大きすぎます。

ソニー損保の拠点数で、全国の事故をしっかりカバーできるのでしょうか?

ダイレクト(ネット通販)型の損保会社は、外部に業務委託することによって、規模の不足を補っています。

ダイレクト(ネット通販)型の損保会社は、損害の調査などの業務を、外部の企業に業務委託しています。

たとえば、東京海上日動の系列のダイレクト(ネット通販)型損保、イーデザイン損保は、東京海上日動系列の損害調査会社、東京海上日動調査サービス(株)に業務委託していることを公表しています。

ほとんどのダイレクト(ネット通販)型損保は、委託先を公表していませんが、同じように、外部の専門会社に委託しています。

ソニー損保のウェブサイトの、事故対応の説明を読むと

当社は示談交渉業務を外部に委託しません

と宣言されています。

ということは、裏を返すと、それ以外の業務(事故調査、法律業務、車両鑑定、医療相談等)は、外部委託しているということでしょう。

ダイレクト型自動車保険は、代理店型自動車保険より加入の審査が厳しいです。事故リスクの高い人は、加入を断られます。

一般的に、代理店型よりダイレクト(ネット通販)型のほうが、加入するための基準は厳しいです。

事故でよく保険を使う人は、断られます。また、改造車両にも厳しいです。事故が多い年代からの申込みを、実質的にシャットアウトしている損保会社もあります。

事故リスクの高い人をシャットアウトすることで、事故の発生率を抑えて、事故対応部門の負担は軽くしています。

そのおかげで、組織がコンパクトでも、経験豊富なベテランが少なくても、業務をスムーズに回せるようになります。

中立的な調査会社による顧客満足度調査を見ると、ダイレクト型だからといって、評判が悪いわけではありません。

自動車保険に入る目的は、万が一事故を起こしたときの備えです。

よって、自動車保険の品質は、事故対応(初期対応〜示談交渉〜保険金支払い)での顧客満足度に、もっとも反映されます。

そこで、国際的なマーケティング調査会社J.D.パワーによる、事故対応顧客満足度ランキングを、ご覧ください。

過去3年間の順位を引用しています。赤色がダイレクト(ネット通販)型です。

会社名 2019年 2018年 2017年
ソニー損保 1位 1位 3位
イーデザイン損保 2位 5位 5位
損保ジャパン 3位 4位 4位
東京海上日動 4位 2位 2位
セゾン自動車火災 5位 5位 6位
三井住友海上 6位 7位 6位
AIG損保(旧富士火災) 7位 3位 8位
あいおいニッセイ同和 8位 9位 11位
アクサダイレクト 9位 11位 9位
チューリッヒ保険 10位 8位 1位
三井ダイレクト損保 11位 10位 10位
SBI損保 12位 12位 12位

2019年現在、一般家庭向けに自動車保険を販売している損保会社は20社あります。

しかし、この種の調査では、回答数が一定数に達しない損保会社は、正確に分析できないため、対象外になります。

そのため、上のランキングは12位までとなっています。

トップ5を見ると、3年とも、ダイレクト(ネット通販)型が3社入っています。

また、首位は3年連続でダイレクト(ネット通販)型です。

しかも、2019年は1〜2位をダイレクト(ネット通販)型が独占しています。

もちろん、パッとしないダイレクト(ネット通販)型も複数あります。

ダイレクト(ネット通販)型が代理店型を圧倒している、という状況ではありません。

それでも

ダイレクト(ネット通販)型か代理店型かで、品質を判断できなくなっている。

くらいのことは言えそうです。

なお、口コミ・ランキングについては、自動車保険の品質を比較で、より詳しくご紹介しています。

ダイレクト(ネット通販)型でも、評価の高い自動車保険を選べば、安心ですね。

ダイレクト(ネット通販)型の損保会社は、代理店型と比べて、歴史が浅く規模の小さな会社ばかりです。破綻とか倒産の心配はありませんか?

企業の健全性や将来性を評価する数字を見る限り、ダイレクト型の損保会社は、代理店型の大手損保に見劣りはありません。

保険会社の健全性や将来性を評価するために、しばしば引き合いに出されるのが、ソルベンシー・マージン比率と企業格付けです。

ただし、歴史と実績が乏しいせいか、ダイレクト(ネット通販)型損保会社の企業格付けは、まだ出そろっていません。

というわけなので、頼りになるのはソルベンシー・マージン比率です。

ソルベンシー・マージン比率は、法律で定められ、各保険会社が法律に従って算出・公表する数値です。%であらわされ、数値が大きいほど、資金面での健全性が高いとされます。

200%を下回ると危険水域とされ、金融庁より指導が入ります。

2019年3月末時点の、主な損保会社のソルベンシー・マージン比率を、数字の大きい順にランキングしました。

赤い文字がダイレクト(ネット通販)型です。

順位
損害保険会社名
ソルベンシーマージン
比率
1位 日新火災
1219.9%
2位 AIG損保
1189.5%
3位 共栄火災
929.8%
4位 アクサダイレクト
875.6%
5位 東京海上日動
825.4%
6位 ソニー損保
813.0%
7位 三井住友海上
723.2%
8位 損保ジャパン
722.2%
9位 あいおいニッセイ同和
688.2%
10位 SBI損保
657.0%
11位 セコム損保
645.0%
12位 楽天損保
636.6%
13位 チューリッヒ保険
624.1%
14位 三井ダイレクト損保
497.6%
15位 イーデザイン損保
435.1%
16位 セゾン自動車火災
341.7%

ざっと見渡すと、上位は代理店型が多く、下位にダイレクト(ネット通販)型が集まっているように見えます。

とは言え、一番下のセゾン自動車火災でも341.7%です。不安視されるのが200%ですから、少し余裕があります。

また、ソルベンシー・マージン比率が大きいという理由で、表の上位の損保会社に加入するのは、現実的ではありません。

ソルベンシー・マージン比率が良くても、保険料が割高だったり、事故対応の評判が悪い会社はありますから。

ソルベンシー・マージン比率は、あくまでも危ない損保会社をチェックするためのものです。

今のところ、破綻の危機が迫っている損保会社はないようですね。

1年更新の自動車保険に限ると、損保会社の経営状態を、そんなに気にすることはありません。

万が一の備えとして保険に入るのに、保険会社の経営状態に不安があっては、困ります。

もちろん、これは自動車保険にも当てはまります。

とは言え、1年更新の自動車保険なら、他の保険商品ほどは深刻ではありません。

  • 1年契約なので、当面の経営状態だけチェックしていれば良い。
  • 損保会社破綻後、3ヶ月間保険金全額が、それ以降は80%が保証される。
  • 満期になる前に経営危機に気がついたら、簡単に他社に乗り換えられる。

契約期間が長い保険だと、遠い将来の保険会社の経営状態まで気にしなければなりません。

しかし、1年契約の自動車保険なら、さしあたって、現在の経営状態をチェックすれば良さそうです。

また、損保会社が破綻したら、その後3ヶ月間は、損害保険契約者保護機構が保険金満額を保証してくれます。

その後も、救済会社が見つかるまで、保険金の80%を保証してくれます。

最悪、加入していた損保会社が破綻しても、1年契約なら、あっという間に満期が来ます。

ダイレクト(ネット通販)型の自動車保険は、なじみのない名前ばかりです。おススメはありますか?

保険料の安さなのか、事故対応品質なのか、自動車保険選びで重視することを、決めたいです。

ダイレクト(ネット通販)型自動車保険は、大きく2つのグループに分かれつつあります。

大手損保並みの事故対応品質を目指すグループと、品質はほどほどに追求し、保険料の割安感で勝負するグループです。

よって、保険料の安さなのか、事故対応品質なのか、どちらを重視するか決めておくと、検討を進めやすくなります。

大手損保並みの事故対応品質を目指すグループ

以下の会社が当てはまります。

  • ソニー損保
  • イーデザイン損保
  • セゾン自動車火災

ソニー損保は、複数の有力な顧客満足度調査で、最高の評価を勝ち取っています。

ただし、保険料の設定は強気です。

ダイレクト(ネット通販)型の中で、もっとも高額な損保会社の一つです。

イーデザイン損保セゾン自動車火災は、大手損保(損保ジャパン、東京海上日動など)に近い評価を得つつありますが、まだソニー損保よりは見劣りがあります。

そのかわりに、保険料はソニー損保より安いです。

おそらく、アクサダイレクトも、こちらのグループと同じものを目指しています。

しかし、現状では、事故対応の品質が目標を大きく下回っているようです。

品質はほどほどで、割安感で勝負するグループ

以下の会社が当てはまります。

  • SBI損保
  • 三井ダイレクト損保

SBI損保の事故対応は、顧客満足度調査では安定して低評価です。

そのかわり、保険料の設定は、業界最安値レベルです。

三井ダイレクト損保も、事故対応の評判は今ひとつです。もっとも、SBI損保よりは良好です。

保険料はダイレクト(ネット通販)型の中で上位の安さですが、SBI損保より少し高いです。

両社とも、こうした状況が何年も続いていることから、意図してやっていると思われます。

チューリッヒ保険は、本来はこちらのグループに近いようです。

ただ、同社の事故対応の評判は、妙に激しく上下動するので、要注意です。

検討の初期の段階で損保会社を絞り込むより、できるだけ多くの見積もりを集めることをおすすめします。

代理店型自動車保険では、よほど事故が多い人でない限り、損保会社より代理店の担当者と接する機会のほうが、はるかに多くなります。

そのため、意識していなくとも、代理店への信頼感が、自動車保険選びを左右します。

それに対して、ダイレクト(ネット通販)型自動車保険では、人間関係が入り込みにくいので、純粋に性能とか安さで選ばれることが多いようです。

そうなると、できるだけたくさんの候補の中から、最適な商品を選びたいです。

よって、検討の初期段階ではできるだけ選り好みせず、少しでも多くの見積もりを集めて見比べたいです。

といっても、ただでさえよく知らないダイレクト(ネット通販)型自動車保険の見積もりを、数多く手元に集めるのには、負担になりそうです。

しかし、心配ご無用です。

下でご案内する自動車保険の無料一括見積りサービスを利用すると、1回の入力で、主な自動車保険の見積もりが、一気にお手元に集まります。

すでに自動車保険に加入しているなら、ダイレクト(ネット通販)型への移行は簡単です!

自動車保険では、他社に移行するときに、等級をそのまま引き継ぐことができます。これは、代理店型とダイレクト(ネット通販)型の間での移行にも当てはまります。

なぜこんなことが可能かというと、どの損保会社の自動車保険でも、基本的な仕組みが共通しているからです。

損保各社は、独自性をアピールするために、特徴のある補償やサービスを提供しています。しかし、自動車保険としての根本の仕組みを好き勝手に改変しているわけではありません。

業界共通の仕組みに基づきながら、プラスαの補償やサービスで独自性を発揮しています。

よって、すでにどこかの自動車保険に加入しているなら、ダイレクト(ネット通販)型への移行は予想以上に簡単です。

そして、保険料は確実に安くなります。

代理店型でも通販型でも、基本の仕組みは同じ。移行は簡単です。

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報