自賠責保険(強制保険)に加入していますが、自動車保険(任意保険)にも加入した方が良いですか?

自動車保険(任意保険)にも加入してください。自賠責保険が補償する範囲はとても狭いです。

自賠責保険の補償内容を、下にまとめてみました。なお、下表の〈支払限度額〉は、いずれも被害者一人あたりです。

傷害による損害
損害の範囲 治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料
支払限度額 最高120万円
後遺障害による損害
損害の範囲 逸失利益、慰謝料等
支払限度額 神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい障害を残して介護が必要な場合
  • 常時介護のとき:最高4,000万円
  • 随時介護のとき:最高3,000万円
後遺障害の程度により
第1級:最高3,000万円~第14級:最高75万円
死亡による損害
損害の範囲 葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族)
支払限度額 最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害
損害の範囲 (傷害による損害の場合と同じ)
支払限度額 最高120万円

要するに、自賠責保険からお金が出るのは、事故の相手の身体の損害だけです。しかも、金額に上限があります。

これ以外の損害、上限額を超えた医療費とか、相手の車など所有物の弁償だとかは、自腹を切ることになります。また・・・

自分の損害は、自賠責保険ではまったく補償されないのですね・・・

自賠責保険が補償するのは、事故の相手の身体の損害だけということですが、補償される金額は十分なのですか?

自賠責保険がカバーできるのは、平均的な損害のときだけです。損害がそれより大きくなると不足します。

自賠責保険の補償額が不十分であることを、2つのパターンに分けてご説明します。

相手が死亡したとき

交通事故の相手が亡くなったとき、自賠責から最高3,000万円の保険金が出ます。

損害保険料率算出機構『自動車保険の概況』(2018年度)によると、2017年度に、自賠責保険支払われた保険金額の1件平均は、下の通りでした。

  • 死亡保険金 24,181,447円
  • 傷害・後遺障害保険金 595,807円

ちなみに、自賠責保険の保険金上限は、死亡3,000万円、傷害120万円、後遺障害4,000万円なので、多少は余裕があります。

しかし、上の金額はあくまでも平均です。

特に死亡保険金は、平均と上限額との差が大きくありません。不安を感じます。

相手に後遺症が残ったとき

損害賠償額が大きくなりやすいのは、相手に後遺症が残ったときです。

判決 被害者 裁判で認定された損害額
平成23年2月 大学生(20歳) 3億9,510万円
平成21年11月 中学生(14歳) 3億6,551万円
平成24年3月 美容室店長(25歳) 3億5,618万円
平成21年5月 会社員(44歳) 3億2,545万円

損害保険料率算出機構『自動車保険の概況』には、近年の高額賠償判決例が記載されていますが、その大半は後遺症が残ったケースです。

自賠責保険から出る保険金額は、常時介護が必要なときでも上限は4,000万円です。もし、この表のような高額賠償になったら、まったく足りません。

結局、任意の自動車保険で、準備しなければならないのは、どんな補償ですか?

任意の自動車保険で検討していただきたいのは、4つのタイプの補償です。

いざ事故を起こしたときに、自賠責保険だけでは不十分になりそうな補償を、下表にまとめました。

相手の身体の損害が高額になったとき
  • 対人賠償保険
相手の所有物に損害を与えたとき
  • 対物賠償保険
自分たちが死傷したとき
  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
自分たちの所有物が壊れたとき
  • 車両保険
突然、車が故障したときの緊急対応
  • ロードサービス

これらの保険をひとまとめにしたのが、任意の自動車保険です。

以下で補足説明します。

相手の損害の大きさは、予測ができません。だから、金額無制限で準備をしておきたいです。

事故の相手への損害賠償がどのくらいの金額になるかは、予測できませんし、こちらで加減することもできません。

相手の車に乗車していたのが何人なのか?その年齢や職業は?通院で治療できるケガなのか、後遺症が残るのか?相手の車の市場価格はいかほどか?相手の車が業務用だとして、休業補償(仕事ができないことによる収入減の補償)は必要か?

同じような運転ミスによる事故であっても、こうした諸条件によって、相手に対する損害賠償額は大きく変動します。億単位になるかもしれません。

よって、安心して車を運転するためには、相手の損害に対して、金額無制限で損害賠償できるように、準備しておきたいです。

自分のための補償は、必要に応じて選んでください。治療費のために人身傷害保険、車の修理代のために車両保険が提供されています。

自分たちの損害の大きさだって、それを正確に予測することはできません。
ただ、車の修理代または買い替え費用、ある程度想定できます。預貯金などでまかなえるかもしれません。
また、身体へのダメージには、生命保険や医療保険などで備えることができます。

他とのバランスを考えたうえで、自動車保険でどこまで準備するのか、ご判断ください。

自動車保険で備えるのは、自動車事故のときのみ起こりそうなことに、限定しましょう。

一般論としては、自動車保険で対策するのは、自動車事故のときのみ起こりそうなことに、限定することをおすすめします。

車に関する補償(修理費用、買い替え費用、代車費用とか)は、必要なら、自動車保険で準備するのが望ましいです。

一方、ケガの治療費や、亡くなったときの遺族の生活費などは、自動車事故以外でも発生します。
だったら、生命保険や医療保険や一般の傷害保険のような、自動車事故以外でも幅広く使える保険に加入した方が、合理的でムダがありません。

大まかな補償内容が決まったら見積もりを。保険料を知った方が、検討ははかどります!

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報