代理店型の自動車保険の仕組みや選び方について、実践的にご説明します。

自動車保険の代理店は、どんな役割を果たしますか?代理店はある方が良いですか?

代理店は、損害保険の営業(保険契約の獲得)とアフターサービスを担当します。

損害保険会社は、大きく、代理店型とダイレクト(ネット通販)型に分けられます。

明治〜昭和に創業された、伝統のある損保会社は、ほとんどが代理店型です。

代理店は損保会社と契約しており、損保商品を販売すると、見返りとして販売手数料を受け取ります。

代理店のメインの仕事は、保険契約の獲得です。

代理店型損保とダイレクト型損保

たとえば、自動車保険だと、1年更新が主流です。

代理店にとっては、一度販売したら終わりではなく、1年毎に更新=再購入してもらわなければなりません。

そのため、契約を継続してもらうためのアフターサービス全般が、代理店の仕事になります。

たとえば、加入・更新、契約変更、保険金請求などの手続きや、問い合わせ対応を代理店がおこないます。

ちなみに、代理店型であっても、事故対応は損保会社本体が対応をおこないます。加入者の窓口も、事故のたびに損保会社本体で選任されます。

消費者にとっての代理店のメリットは、対面で説明し、疑問に答えてくれることです。

諸手続きを代理店がやってくれることに対しては、賛否両論あります。

書類作成に自信がない人なら、代理店の担当者が、対面で手続きしてくれることに、安心を覚えるかもしれません。

しかし、代理店の営業時間にとらわれず、休日や深夜など、自分の都合の良いときに手続きしたい人もいるようです。

そう考えると、誰にとっても有益な代理店のメリットは、次の2つではないでしょうか。

  • 補償プランの提案。
  • 新しい補償・サービスの案内。

代理店があることのデメリットは、保険料が高くなることと、選択の幅が狭くなることです。

次に、代理店があることによるデメリットです。

2つに分けて説明します。

保険料が高くなる

代理店がある自動車保険=代理店型自動車保険と、代理店がない自動車保険=ダイレクト(ネット通販)型自動車保険の、保険料の平均を比較したのが、下のグラフです。

代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険の、保険料の平均を比較

6通りの年齢・等級の組み合わせで比較しましたが、そのすべてで、代理店のない自動車保険のほうが安くなりました。

代理店型自動車保険の保険料には、代理店の従業員の給料や、代理店の店舗の賃料・維持費などが含まれています。

そのため、代理店型自動車保険は、保険料が高くなる構造になっています。

消費者の選択の幅が狭くなる

一つの保険代理店が取り扱うことのできる保険会社の数は限られます。

しかも、代理店のほとんどは、販売手数料の有利な商品を売りたがります。

代理店を通して加入すると、勧められる商品をそのまま選ぶとか、2つのうちの片方を選ぶことになります。

主な商品の見積もりを一通り集めて比較しようとすると、複数の代理店を渡り歩くことになり、面倒です。

代理店制度は、数ある中から最適な商品を選ぶことには、向いていません。

事故対応は、損保会社本体がおこないます。代理店がなくても、支障はありません。

自動車保険に入るのは、万が一事故を起こしたときのためです。

そういう意味で

事故対応の品質こそが、自動車保険の品質と言えます。

そして、代理店型自動車保険でも、事故対応(初期対応〜示談交渉〜保険金支払い)は損保会社本体がおこないます。

事故対応のプロセスには、損害の大きさの調査とか、事故の相手方との示談交渉などがあり、専門的な知識・経験を要求されます。

そのため、加入者への窓口を含めて、損保会社本体が担当します。

起こした事故のことで代理店に連絡したら、親切に対応してくれます。しかし、損保会社につなぐだけです。

代理店がある損保会社の方が事故対応の品質が高い、ということはありません。あくまでも、損保会社自身の実力次第です。

ただし、事故のときに、代理店が親切に対応してくれたら、気分的には助けになります。

代理店型の損保会社は、会社の規模が大きいほど、中身も優れているのでしょうか?

自動車保険の補償内容は、会社の規模や、代理店型とダイレクト型、国内損保と外資系損保などで違いません。

他社の自動車保険に切りかえるときに、前の保険の等級を、次の保険に引き継ぐことができます。

こうした等級の引継ぎは、国内で営業するすべての損保会社の間で使うことができます。

当然、代理店型⇔ダイレクト(ネット通販)型、国内損保⇔外資系損保でも、対等に引き継ぐことができます。

等級の引き継ぎが可能なのは、各社の自動車保険の、基本の仕組みが共通しているからです。

各社は、独自性を出すために、自社の自動車保険に特徴を与えています。

しかし、基本の仕組みを好き勝手に改変しているわけではありません。違いが出るのは、プラスαの機能です。

会社の規模が大きくても、自動車保険の補償内容やサービス品質が優れているわけではありません。

会社の規模が大きいということは、それだけ商品が売れているのでしょう。

よく売れている商品には、それなりの魅力や長所があるはずです。

そう考えると、規模の大きな損保会社のほうが、良い商品を販売している可能性は高いです。

とは言え、それだけで自動車保険を選ぶのは、大雑把です。

自動車保険に入る最大の目的は、万が一事故が起こったときの準備です。

よって、自動車保険の品質を判断するとき、もっとも注目したいのは、事故対応の品質です。

損保会社のパンフレットやウェブサイトを読むと、事故対応のサービス内容は記載されています(どの損保会社もほぼ同じです)。

しかし、その品質まではわかりません。

事故対応の品質を判断するには、規模が大きくて公正なアンケート調査が、一番参考になります。

このサイトでは、J.D.パワーとオリコンの、顧客満足度調査を参考にしています。

J.D.パワーによる自動車保険顧客満足度調査

国際的なマーケティング調査会社J.D.パワーによる、自動車保険顧客満足度調査です。

この調査の、事故対応部門の、過去2年間のランキングを、下表にまとめました。

赤字がダイレクト(ネット通販)型、青字が代理店型の損害保険会社です。

会社名 2019年 2018年
ソニー損保 1位 1位
イーデザイン損保 2位 5位
損保ジャパン 3位 4位
東京海上日動 4位 2位
セゾン自動車火災 5位 5位
三井住友海上 6位 7位
AIG損保(旧富士火災) 7位 3位
あいおいニッセイ同和 8位 9位
アクサダイレクト 9位 11位
チューリッヒ保険 10位 8位
三井ダイレクト損保 11位 10位
SBI損保 12位 12位

一般家庭向けに自動車保険を販売している損保会社は20社ありますが、この顧客満足度調査では、回答数が一定数に充たないと除外されます。

上表のとおり、2018年、2019年とも、順位がついたのは12社です。

順位がついたのは、代理店型では青字の5社です。この5社は、2018年度末の売上高トップ5です。

ちなみに、1位東京海上日動、2位損保ジャパン・・・(以下略)

赤字のダイレクト(ネット通販)型のすべてが、代理店型の5社より売上高は低いです。

ダイレクト(ネット通販)型の中で、売上高1位はソニー損保、2位はアクサダイレクトです。

オリコンによる自動車保険顧客満足度調査

様々な分野のランキングを発表しているオリコンは、自動車保険のランキングも、毎年発表しています。

オリコンのランキングは、項目数が多いのが特徴です。

事故発生〜保険金支払までの品質に関わる項目だけで3つあります。

損保会社ごとに3項目のポイントを抜き出しても、わかりにくいです。

そこで、各損保会社の3項目のポイントを集計し、ランキングにしました。

このランキングでは、各項目ごとに、上位10社までしか公表していません。

よって、3項目とも10位より下だった損保会社は、登場しません。

赤字がダイレクト(ネット通販)型、青字が代理店型の損害保険会社です。

会社名 2019年 2018年
ソニー損保 1位 3位
東京海上日動 2位 6位
共栄火災 3位 12位
日新火災 4位 5位
損保ジャパン 5位 8位
AIG損保 6位 1位
チューリッヒ保険 7位 4位
イーデザイン損保 8位 2位
三井住友海上 9位 7位
アクサダイレクト 10位 10位
セゾン自動車火災 圏外 9位
三井ダイレクト損保 圏外 11位

オリコンのランキングで代理店型を見ると、売上高が低い共栄火災と日新火災が、上位に食い込んでいます。

また、売上高4位のあいおいニッセイ同和は、ランキングに登場しません。

規模が大きい損保会社のほうが、商品やサービスが好評とは限らないようです。

これから、加入する代理店型自動車保険を探す人には、規模の大きな損保会社をおすすめします。

代理店型自動車保険に加入するケースとして、先に代理店と出会って、勧められた商品の中から選ぶという流れは、けっこう多いと思われます。

代理店のことを信頼できて、長く付き合いたいと思えるなら、勧められた商品に入るのも、ひとつの選択です。

逆に、先に損保会社やその商品を気に入って、損保会社から最寄りの代理店を紹介してもらう、という選び方もあります。

この選び方のときは、規模の大きな損保会社のほうが、スムーズに運びます。

単純に、規模の大きい損保会社の方が、代理店数も多いからです。

たとえば、最大手の東京海上日動と、中堅規模の日新火災の代理店数は、以下のようになっています(2018年度末)。

  • 東京海上日動 49,651店
  • 日新火災 13,148店

ちなみに、2019年7月末時点での、全国の郵便局数は23,945店です。セブンイレブンの総店舗数は21,005店です。

これらと比べても、東京海上日動の代理店数は、倍以上です。圧倒的な多さです。

これなら、全国どこでも最寄りの代理店が見つけられそうです。

自分にあった代理店を選別することもできそうです。

日新火災の代理店数も、少なくはありません。

それでも、お住いの地域によっては、近所にないかもしれないし、選り好みできないかもしれません。

やっぱり、大きな損保会社の方が、経営状態はしっかりしていますか?安心して加入できますか?

1年更新の自動車保険に限ると、損保会社の経営状態を、そんなに気にすることはありません。

万が一の備えとして保険に入るのに、保険会社の経営状態に不安があっては、困ります。

もちろん、これは自動車保険にも当てはまります。

とは言え、1年更新の自動車保険なら、他の保険商品ほどは深刻ではありません。

  • 1年契約なので、当面の経営状態だけチェックしていれば良い。
  • 損保会社破綻後、3ヶ月間保険金全額が、それ以降は80%が保証される。
  • 満期になる前に経営危機に気がついたら、簡単に他社に乗り換えられる。

契約期間が長い保険だと、遠い将来の保険会社の経営状態まで気にしなければなりません。

しかし、1年契約の自動車保険なら、さしあたって、現在の経営状態をチェックすれば良さそうです。

また、損保会社が破綻したら、その後3ヶ月間は、損害保険契約者保護機構が保険金満額を保証してくれます。

その後も、救済会社が見つかるまで、保険金の80%を保証してくれます。

最悪、加入していた損保会社が破綻しても、1年契約なら、あっという間に満期が来ます。

テレビ・ネット・新聞などでの報道に、気をつけましょう。

どんな会社でも、経営状態が深刻になったら、それを隠そうとします。

下手に公表すると、不安になった加入者たちがどんどん解約して、破綻が早まる恐れがあります。

損保会社側が隠そうとしているのを、専門知識を持たない一般消費者が見抜くは、おそらく無理です。

わたしたちが簡単に知ることができる、企業の経営健全性を判断する材料には、以下の2つがあります。

  • ソルベンシー・マージン比率
  • 企業格付け

ただ、毎年更新のたびに、損保会社のソルベンシー・マージン比率や企業格付けをチェックしても、おそらく安心にはつながりません。

ソルベンシー・マージン比率が200%より小さくなったら危険水域とされています。

たとえば、イーデザイン損保のソルベンシー・マージン比率は、2019年3月末時点で435.1%と、不安のない数値です。

ところが、2018年3月末に282.4%と、200%にかなり近づきました。

しかし、ニュースでイーデザイン損保の経営不安が報じられることはなく、それどころか、その後の1年で売上を伸ばしました。

要するに、ソルベンシー・マージン比率だけでは、経営健全性を判断できない、というのが結論です。

結局のところ

テレビ・ネット・新聞などで、加入している損保会社の悪い報道があったらすぐ対応する、という常識的な対策が、一番有効かもしれません。

なお、ソルベンシー・マージン比率については、ソルベンシー・マージン比率で、保険会社の体力をチェックで、詳しく説明しています。

おすすめの代理店型自動車保険はありますか?

代理店と信頼関係があるなら、代理店が勧める自動車保険の中から、選びましょう。

代理店型自動車保険の場合、事故の対応(初期対応〜示談交渉〜保険金支払い)は損保会社本体が窓口になります。

しかし、それ以外では、原則として代理店が窓口になります。

つまり、よほど事故が多い人を除けば、損保会社本体より、代理店の担当者と接っする機会のほうが、はるかに多いです。

もし、親切で信頼できる代理店があれば、その縁を第一に考えたほうが、幸せかもしれません。

この場合、その代理店が販売できる商品の中から、選ぶことになります。

損害保険会社や商品で選ぶなら、こちらを候補に加えてください。

損保会社や商品の品質で代理店型自動車保険を選ぶなら、次の2つをおすすめします。

  • 損保ジャパン
  • 東京海上日動

国内の売上高1位と2位なので、おすすめ商品としては常識的すぎます。

しかし、売上の大きさは、ダテではありません。

上でJ.D.パワーとオリコンの顧客満足度ランキングをご覧いただきましたが、この2社は安定して好評です。

その裏には、この2社による熾烈な売上高トップ争いがあります。

下は、損保会社売上高上位10社の、2018年度末の売上高(正味収入保険料)です。

損保会社売上高上位10社の、2018年度末の売上高(正味収入保険料)

合併により2014年に損保ジャパンが誕生すると、それまで不動の首位だった東京海上日動を抜かしました。

その後、東京海上日動はジワジワと差をつめて、ついに2018年度末に逆転しました。

とは言え、グラフのとおり、両社の差はわずかです。まだまだ競争は続きそうです。

このことが、2つの損保会社のサービス品質に、良い影響を及ぼしています。

代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険を比較するときに、何に注意したらよいでしょう?

代理店が無くなることの意味を、正確に理解しましょう。

代理店型からダイレクト(ネット通販)型に切り替えると、それまで窓口になってくれた代理店が無くなります。

それをどう受けとめるかは、人によって異なるようです。

人によっては、ダイレクト(ネット通販)型になって、手続きのすべてを、損保会社のウェブサイトで独力でやることに、不安を覚えるようです。

人によっては、代理店の営業日・営業時間にとらわれないで、深夜でも休日でも、自分の都合で手続きできることを、快適に感じるようです。

というように、代理店が無くなることの意味には、個人差がけっこうあるようです。

ご自分にとってはどうなのか、しっかり見定めてください。

ごく当たり前のことですが、ネットの口コミ情報をチェックすると、誤解・思い込みで判断している人が、けっこういます。

一つの判断基準として

現在、代理店型に加入していながら、代理店とのやり取りは電話と郵送のみという方は、ダイレクト(ネット通販)型にすぐにでも移行できます。

逆に、更新のたびに、代理店の担当者と直接向き合って手続きしている方は、ダイレクト(ネット通販)型に乗り換えると不安を覚える可能性が高いです。

ダイレクト型の中には、代理店型の大手損保系列の損保会社もあります。

代理店型の損保会社と、ダイレクト(ネット通販)型の損保会社はライバル関係にありますが、それだけの関係ではありません。

東京海上日動、損保ジャパン、あいおいニッセイ同和、三井住友海上というような代理店型の大手損保は、それぞれ系列のダイレクト(ネット通販)型損保会社を設立しています。

代理店型の大手損保系列のダイレクト(ネット通販)型損保会社には、以下があります。

損保グループ 系列のダイレクト型
東京海上グルーブ
(東京海上日動)
イーデザイン損保
SOMPOグループ
(損保ジャパン)
セゾン自動車火災
MS&ADグループ
(三井住友海上、あいおいニッセイ同和)
三井ダイレクト損保

これらのダイレクト(ネット通販)型の損保会社は、グループ内の親会社の損害調査ネットワークを使うことができます。

たとえば、イーデザイン損保であれば、東京海上日動の系列会社である東京海上日動調査サービス(株)に、損害調査業務を委託しています。

事故対応が代理店型より手厚いダイレクト型自動車保険が、登場しています。

ダイレクト(ネット通販)型自動車保険の品質は年々向上しています。

そして、部分的に代理店型の上を行く商品が、いくつか登場しています。

事故現場駆けつけ支援サービス(サービス名は商品により異なります)を提供する自動車保険です。

自動車事故のときに、警備保障会社の警備員が駆けつけて、現場でやるべきことを代行・支援してくれます。

事故現場で、わたしたちがやらなければならないこと(関係各所への連絡、示談交渉のための情報収集など)のほとんどを、代行してくれます。

損保会社に対する、事故状況についての連絡もやってくれます。

このサービスは、すべての加入者に向けて、無料で提供されます。

2019年時点で、このサービスを提供しているのは、以下の損保会社です。

  • イーデザイン損保
  • セコム損保
  • セゾン自動車火災
  • ソニー損保
  • 損保ジャパン

この中で、損保ジャパンだけは代理店型です。

他の4社と違って、このサービスを受けるには、有料の特約を付加しなければなりません。

ちなみに、ロードサービスにも、現場に駆けつけて応急処置をしてくれるサービスがあります。

そのサービスは、あくまでも車両トラブルが対象です。事故対応ではありません。

せっかくダイレクト型を検討するなら、もっともオトクな選択を!

代理店型の自動車保険では、多かれ少なかれ、代理店との信頼関係がもとになります。

人と人の関係が入り込むので、片っ端から見積もりをとって比較する、という探し方をしにくいです。

それに比べると、ダイレクト(ネット通販)型の探し方は、ビジネスライクです。

というか、性能と安さ重視の割り切った選び方をできるのが、ダイレクト(ネット通販)型の良さかもしれません。

上で、親しみやすいと思われるダイレクト(ネット通販)型損保をいくつかご案内しました。

それぞれ、魅力と強みを持った自動車保険です。

とは言え、できることなら、検討の初期段階で候補を絞り込むより、できるだけ多くの見積もりを集めることをおすすめします。

よく知らない損保会社の見積もりを、数多く集めるのには、手間と時間がかかりそうです。

しかし、心配ご無用です。自動車保険の無料一括見積りサービスを利用すると、1回の入力で、主な自動車保険の見積もりが、一気にお手元に集まります。

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報