軽自動車で、保険料が安い、おすすめの自動車保険はなにですか?

保険料が純粋に安くなる自動車保険はこちらです。

  • SBI損保
  • チューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』

標準的な補償を、1円でも安く手に入れたい方々に、候補に加えていただきたいのが、次の自動車保険です。

純粋に安い自動車保険

  • 〔SBI損保〕
  • 〔チューリッヒ保険〕
    『ネット専用自動車保険』

2つの自動車保険の保険料を、代理店型とダイレクト(ネット通販)型の相場(平均)と比較したのが、下のグラフです。

もっとも安い自動車保険の保険料を、相場と比較したグラフ

6パターンの等級と年齢との組み合わせで、保険料を比較しています(車両保険なし)。

2つの自動車保険とも、ダイレクト型の相場より確実に安いです。

2つを比べると、全体的にチューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』の方が優勢です。

ただし、等級と年齢が上がるにつれて、差は縮まっています。

この2つの商品は、安さでは抜きん出ていますが、それと引き換えに弱点もあるので、ご注意ください。

以下でそれぞれの自動車保険について説明します。

SBI損保の自動車保険には、どんな弱点があるのですか?

保険料の安さを武器に、着実に売上を伸ばしているSBI損保ですが、気になる点もあります。

SBI損保の自動車保険は、加入条件・補償内容に欠けはありませんが、事故対応の顧客満足度にやや不安があります。

事故対応というのは、事故発生から保険金支払いまでの、一連の流れの品質(迅速さ、安心感、納得感など)を指します。

顧客満足度を知るために、中立性の高いマーケティング会社による調査を参考にしています。

その一つが、国際的なマーケティング調査会社J.D.パワーの事故対応満足度ランキングです。

ここでは、J.D.パワーの過去3年分のランキングをご覧いただきます。

ちなみに、赤字がダイレクト(ネット通販)型、青字が代理店型の損害保険会社です。

会社名 2019年 2018年 2017年
ソニー損保 1位 1位 3位
イーデザイン損保 2位 5位 5位
損保ジャパン 3位 4位 4位
東京海上日動 4位 2位 2位
セゾン自動車火災 5位 5位 6位
三井住友海上 6位 7位 6位
AIG損保(旧富士火災) 7位 3位 8位
あいおいニッセイ同和 8位 9位 11位
アクサダイレクト 9位 11位 9位
チューリッヒ保険 10位 8位 1位
三井ダイレクト損保 11位 10位 10位
SBI損保 12位 12位 12位

国内で自動車保険を販売している損保会社は、20社あります。しかし、上の順位表には12社しかありません。

このランキングでは、回答数が一定数に届かないと、順位がつかないからです。

ご覧のとおり、SBI損保は、順位がある損保会社の中で、3年続けて最下位です。

おもな損保会社の名前は、一通り上表にあることを考えると、SBI損保の事故対応は不評と考えられます。

残念ながら、他の顧客満足度調査でも、SBI損保の良い評価は、見当たりません。

事故対応の品質は気になりますが、人によっては“程度の問題”になりそうです。

あえて、保険料の安さを重視する判断もありえます。

ここでの順位が低くても、契約どおりに保険金を支払ってくれない、というような重大な懸念があるわけではありません。

保険会社にとって保険金不払いは、場合によっては監督官庁から処分されるほど、大きな問題です。

現実的にありえそうなのは、次のような不安です。

  • 手続きに、意味不明なくらい時間がかかる。
  • 担当者の説明がわかりにくい。
  • 後になって、不十分な説明だったことが判明する。
  • 顧客対応のビジネスマナーが頼りない。

人によっては、「保険料が安いのなら、多少のストレスは我慢できる」という判断をされるかもしれません。

チョーリッヒ保険の『ネット専用自動車保険』は、どんな保険なのですか?弱点というのは、どんなところですか?

チューリッヒ保険は、2つの自動車保険を販売しています。『スーパー自動車保険』と『ネット専用自動車保険』です。

テレビやネットなどで盛んに宣伝しているのは『スーパー自動車保険』です。こちらが主力商品です。

一方、できる限り機能を省いて、加入できる条件をしぼって保険料を安くしたのが『ネット専用自動車保険』です。

SBI損保の自動車保険より制約は大きいです。

『ネット専用自動車保険』には、加入の条件に制約が多いです。

一般的な自動車保険と比べたときの、『ネット専用自動車保険』の加入条件の制約をピックアップしました。

見積もり・申込 インターネットのみ(電話、郵送による手続きは不可)。
加入できる条件 21~69歳の個人契約のみ。
保険料の払込 クレジットカードの一括決済のみ。月払い、銀行振込、コンビニ払いは不可。
継続手続き 自動継続。継続しないときは、加入者の方から申し出る。
保険料割引 『ネット専用自動車保険』は、早期契約割引、エコカー割引、インターネット割引無し。

とくに、年齢制限と、保険料一括払いというのが、気になりますね・・・

『ネット専用自動車保険』の補償内容は、一言で“平凡”ですが、日常生活での車の使用に必要な補償は、一通りそろっています。

チューリッヒ保険『ネット専用自動車保険』の補償内容は、同じ会社の『スーパー自動車保険』やSBI損保などと比べると、少し薄くなっています。たとえば・・・

  • 搭乗者傷害保険が無い(傷害保険は人身傷害保険のみ)
  • 特約の数が少なめ。
  • ロードサービスの内容がやや薄い(無料の範囲が狭い)。

事故でケガをしたときの治療費の補償や、泊りがけでの長距離ドライブをしたときのトラブル対応を手厚くしたい、という方には、やや手薄に思えるかもしれません。

しかし、日中に、自宅付近を走行するのがほとんど、という人にとっては、十分な補償内容です

SBI損保も、『ネット専用自動車保険』も、条件が合わない人には、どんな自動車保険がありますか?

ダイレクト(ネット通販)型の相場並の保険料で、より弱点の少ない自動車保険があります。

  • ソニー損保
  • チューリッヒ保険『スーパー自動車保険』
  • 三井ダイレクト損保

補償・サービス内容や申し込み条件などに制約がなく、ダイレクト型の相場前後の保険料で加入できる自動車保険が、次の3つです。

  • 〔ソニー損保〕
  • 〔チューリッヒ保険〕『スーパー自動車保険』
  • 〔三井ダイレクト損保〕

『スーパー自動車保険』は、チューリッヒ保険のもう一つの自動車保険です。

これらの自動車保険の保険料を、代理店型とダイレクト(ネット通販)型の相場(平均)と比較したのが、下のグラフです。

上のグラフと同じように作成しました。

割安感の高い自動車保険の保険料を、相場と比較したグラフ

ご覧のように、見積もり条件によっては、ダイレクト型の相場より高くなります。

ソニー損保

ソニー損保は、ダイレクト型の中では保険料が高いというイメージがあります。

それは事実ですが、普通車に比べると、軽自動車の保険料は、それほど高くありません。

同社の魅力は、代理店型を含めた全自動車保険の中でもトップクラスの、好評な事故対応です。

そういうことを重視される方にとっては、割安な保険料だと思います。

チューリッヒ保険『スーパー自動車保険』

20代は、ダイレクト型の相場よりあきらかに安いです。それが、40代半ば以降は、相場より高くなっています。

やや特徴的な金額設定です。

この商品には、『ネット専用自動車保険』のような制約はありませんし、ダイレクト型トップクラスに手厚いロードサービスがついています。

そうしたことを考えると、お手頃な価格設定です。

三井ダイレクト損保

チューリッヒ保険とは逆に、年齢が高くなるにつれて、割安感が大きくなっていきます。

とは言え、20代でもダイレクト型の相場と同じくらいなので、高くはありません。

ソニー損保と比べると、こちらのほうが確実に安くなりそうです。

ただし、上でご覧いただいたJ.D.パワーの事故対応ランキングから分かるように、事故対応の評判は今ひとつです。

どれが一番安くなるかは、見積もり条件によります。ご自身の見積もり条件で、お試しください。

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報