AIG損保の自動車保険の評判はどうですか?どんな口コミ情報がありますか?

自動車保険を評価するポイントはいくつかありますが、顧客対応と事故対応の品質は、利用者の評判や口コミ情報がもっとも参考になります。

自動車保険を評価するポイントはいくつかあります。たとえば・・・

  • 補償サービスの充実度。
  • 保険料の割安感、納得感。
  • 顧客対応の丁寧さ、わかりやすさ、親切さ。
  • 事故対応の迅速性、安心感、納得感。

これらのうち、「補償・サービス内容」「保険料」については、評判・口コミをそのまま受け入れるのは、ちょっと危険です。

というのは、車の使い方、乗っている車、年齢・等級などによって、必要な補償は異なります。保険料のおトク感も、見積もり条件によって変動します。

必要な補償・サービスや、保険料の割安感は、人それぞれなので、他人の成功体験をそのまま受け入れるのは危険です。

一方、「顧客対応」「事故対応」については、利用者の声を聴くのが一番参考になります。というか、そのくらいしか評価方法がありません。

とは言っても、自動車事故の経験者が、身近にたくさんいるわけではありません。そこで、メディアやインターネットで公表されている口コミ情報が、頼りになります。

中立的な機関による顧客満足度調査も参考になります。確実性を高めるために、複数年の結果をチェックしたいです。

数は多くありませんが、いくつかの調査会社、マーケティング会社、出版社が、顧客満足度調査を毎年実施しています。

その中でもわかりやすいのが、J.D.パワーによる、事故対応満足度ランキングです。

ただし、J.D.パワーに限らず、この種のランキングは、年によってけっこう順位が変動します。よって、1年分だけだと心もとないです。

そこで、以下に過去3年分のランキングをまとめました。

ところで、AIG損保は、2018年に富士火災とAIU保険が合併してできたばかりです。商品や組織は、富士火災のものが引き継がれているので、2016〜2017年の順位は、旧富士火災の結果を流用しています。

ちなみに、赤字がダイレクト(ネット通販)型、青字が代理店型の損害保険会社です。

会社名 2018年順位 2017年順位 2016年順位
ソニー損保 1位 3位 1位
東京海上日動 2位 2位 6位
AIG損保(旧富士火災) 3位 8位 2位
損保ジャパン 4位 4位 4位
イーデザイン損保 5位 5位 10位
セゾン自動車火災 5位 6位 8位
三井住友海上 7位 6位 11位
チューリッヒ保険 8位 1位 3位
あいおいニッセイ同和 9位 11位 9位
三井ダイレクト損保 10位 10位 13位
アクサダイレクト 11位 9位 7位
SBI損保 12位 12位 14位

AIG損保(旧富士火災)は、なかなか優秀です。

2018年は、初登場でいきなり3位です。2017年はやや順位を落としているものの、2016年も2位と好位置です。

合併直後は業務面で混乱が生じがちですが、合併した富士火災とAIU保険は、もともと同じAIGグループの損保会社だったので、スムーズに運んでいるようです。

合併したばかりのAIG損保ですが、その事故対応には期待できそうです!

AIG損保の事故対応に対する、利用者の評判・口コミには、どんな傾向がありますか?

AIG損保の事故対応に対する、ネット上の評判・口コミを集めて、傾向を調べました。

AIG損保の事故対応に関する、ネット上の信頼できそうな評判・口コミを集めて、その傾向を調べました。

その結果、以下のことが言えそうです。

  • 事故対応はスピーディで、担当者からの報告はマメにおこなわれている。
  • 一つの事故でも、人身と物損で担当者が異なるため、やや面倒。
  • 事故対応の担当者によって、対応や実力に差がありそう。

AIG損保の事故対応についての評判・口コミをチェックしたところ、感謝の声がある反面、不満の声も意外と多かったです。

上のJ.D.パワーの順位から、好意的な口コミが大半かと思いきや、予想は外れました。

もっとも、口コミの件数が少ないので、それだけでAIG損保全体を判断するのは無理があります。

AIG損保の事故対応に対する、実際の口コミ情報を集めました。参考になさってください。

同社に寄せられた評価コメントや、価格.comなどを参考に、口コミ情報を整理しました。

満足の箇所に印、不満な箇所に×印を追加記入しています。

深夜の時間帯、赤信号停止中に追突された。それ程大きな事故ではなかったが、翌朝9時には専任担当者からの連絡。こちらの安否確認から始まり、事故の詳しいヒアリング後、今後の予定を取り決めて、直ぐに整備工場と当家を訪問。とにかく迅速に対応してくれた

示談交渉の進捗状況等、まめに連絡を頂くことで、大変安心してお任せする事ができた。常にこちら側への不安、負担を軽減する為に尽力してくれていたと感じる。

(30代/男性)

保険会社に連絡してから、その日のうちに代理店の方から連絡がありました。相手との示談交渉、双方の車の修理、代車等も二週間以内にすべて終了し、スピード決着ということで大変満足しています。

保険金の支払いも迅速に行われており、結果はハガキ等で3週間前後で通知される。

途中経過は一週間に一度程度きちんと説明してくれたので、対応が良いと感じた。

(40代/男性)

傷害事故で、人身傷害保険と普通傷害保険の両方から支払いが発生する案件だったが、それぞれの保険担当者との連絡が上手く取れてなかったせいか、普通傷害保険の担当の知識不足か、診断書の文書代が不払いになりそうだった

こちらからその点について指摘し、結果請求書が再送されて支払いにはなった。しかし、二度手間であり保険金の支払いもその分遅れて不愉快だった。

(50代/男性)

加害者として事故を起こした。物損事故処理は物損事故担当者の交渉により、被害者納得でスムーズに終わった。しかし、人身事故処理の方は、人身事故担当者からの経過報告の頻度も少なく、こちらから経過報告の依頼をするも、なかなか連絡は来ない。そのような状況のため、被害者との交渉過程が非常に心配だった。

担当者の怠慢とかしか考えられないが、会社の姿勢も疑ってしまう。

(50代/男性)

営業担当者と比べ、事故対応のコミュニケーション能力は若干低いと評価せざるを得ない。

初期対応は拍子抜けするぐらいあっさりしたもので、人身事故になっている切迫感や緊張感を共有できていない。話が本当に通じているのか不安に感じることもあった。

事故担当者は人身と物損とで担当が違っていたので、それぞれと良好な関係を築くのがちょっとしんどい。連絡はまめにくれたけど、時間帯や頻度がバラバラなので安定感がない。事故処理はそれなりに速かった。

(40代/男性)

一つの事故でも、人身と物損で担当者が別々になるのは、面倒くさいかも・・・

AIG損保の顧客対応に対する、利用者の評判・口コミには、どんな傾向がありますか?

AIG損保の顧客対応に対する、ネット上の評判・口コミを集めて、傾向を調べました。

事故対応以外の、AIG損保の顧客に対するサービス全般に関する、ネット上の信頼できそうな評判・口コミを集めて、その傾向を調べました。

その結果、以下のことが言えそうです。

  • 代理店の担当者が有能で頼りになるかが、重要ポイント。
  • 対面で説明・手続きしない代理店がありそう。

下の口コミを読むと、代理店についてのコメントがほとんどです。代理店が提供するサービスのクオリティが、顧客満足度を大きく左右しそうです。

AIG損保の顧客対応に対する、実際の口コミ情報を集めました。参考になさってください。

満足の箇所に印、不満な箇所に×印を追加記入しています。

担当者は10年以上付き合いのある人ですが、事故発生時は加害、被害問わず迅速に対応してくれます

また、保険に関して疑問点などがあった場合はこちらが納得するまで、自宅まで来てていねいに説明してくれます

子供の乗っている原付バイクの自賠責が切れていたことに気づき連絡した際も、とてもすばやく手続きしてくれました。

(50代/男性)

数年前に物損事故を起こしたときのオペレータの電話応対は、おおむね不満を感じるものではなかった。保険を適用した場合に下がる等級や翌年度からの保険料の上がり幅、使用しなかった場合の自腹修理代と比較してどの程度プラスマイナスが発生するかという点についてはていねいに計算して教えてくださり、窓口の応対として悪い印象は無い

もっとも、あくまで一定の水準は満たしているという意味であり、他社と比較して群を抜いて好印象だったというわけではない。

(40代/男性)

担当者は年上でキャリアも長いが、親しすぎない距離感で、いつも具体例をあげてていねいにわかりやすく説明してくれる。こちらが理解しているかを確認しながら説明してくれるので、きちんと理解した上で商品を選択できてよいと思う。

また、継続の案内が届く時期もよいと思う。届いて少し経ってからフォローの連絡が入るので、内容を確認し、質問を考える時間がありよいと思う。

(40代/女性)

たまに顔を出しに来てくれて何か困った事やわからない事はありませんか?と聞いてくれます。

また、保険を契約する際にもメリットとデメリットをきちんと説明してくれましたし、予算内でできるだけ要望がかなうようなプランを作成してくれました

(40代/男性)

一度契約すると自動更新のようになっていて、あまり契約してからは連絡がこないが、契約したときと事情が変わっていることもあると思うので、更新の際には出向いて内容の確認を取って欲しいと思う。

また、契約時も保険の内容が複雑で保険会社の説明がないと内容が理解できないところがある。こちらは保険に関しては素人なので色々な情報を教えて欲しい

(50代/女性)

良い代理店との出会いがあれば、代理店型自動車保険は魅力的なのですね。

SNSでのAIG損保の口コミ・評判はどうですか?

AIG損保を利用した人たちによる、好意的・肯定的なツィートをご覧ください。

最近のツィートから、実際に保険やサービスを利用した人の感想と思える発言を、ピックアップしました。

まずは、好意的、またはどちらかというと好意的なツィートをご覧ください。

あいおいニッセイ同和を利用した人たちによる、否定的なツィートをご覧ください。

続いて、否定的なツィートをご覧ください。

好意的なツィートと否定的なツィートの数を単純比較しても、評判の良し悪しはわかりません。

一斉アンケートではないので、ツィート数にはかたよりが出やすいようです。

これからAIG損保を検討するにあたって、留意したほうが良いことは、何かありますか?

まず、近くに代理店があることを、確認しましょう。中堅損保会社は、代理店の数が少ないです。

事故のときは損害保険会社と直接のやり取りになりますが、それ以外のときは、代理店がわたしたちの窓口になります。

上の顧客対応の口コミから分かるように、代理店の良し悪しが、わたしたちの満足度を大きく左右します。

代理店の良し悪しの判定基準は色々とありますが、まずは近くにあって、フットワークよく対応してくれることです。

何かあった時にすぐに代理店に行って手続きをしたり、場合によっては代理店から来てもらって相談したり・・・

代理店のサービスの質は、単純に距離だけでは決まりません。それでも、あまりにも遠くなると、こちらが受けられるサービスの質は下がります。

代理店型でも、大手4社(損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上、あいおいニッセイ同和)あたりは、全国の市町村にくまなく代理店を設置しています。

しかし、AIG損保のような中堅の代理店型損保だと、そうはいきません。

AIG損保の代理店は、2018年3月末現在で26,042店もあります。ただし、認定を受けて同社のサイトで紹介されている、優良な代理店は597店に絞られます。

そして、優良な代理店の設置エリアには偏りがあります。代理店数が、人口に対して特に少ない都道府県を、いくつかあげると・・・

  • 茨城県 ・・・ 4店
  • 群馬県 ・・・ 3店
  • 新潟県 ・・・ 3店
  • 滋賀県 ・・・ 3店
  • 香川県 ・・・ 1店

これは例に過ぎません。似た状況の都道府県は、この数倍あります。

こういう実態なので、お近くにAIG損保の代理店がない可能性はけっこう高いです。まずは、近隣の代理店の有無を確認しましょう。

上で紹介した優良な代理店であれば、AIG損保のウェブサイトで調べることができます。また、AIG損保に問い合わせれば、教えてくれます。

もし、代理店が遠方にしかなければ、候補から外し方が安全かもしれません。

目安は、急な用件が持ち上がったときに、こちらから代理店に足を運べる立地か、というところでしょう。

頼りになって親切な代理店と巡り会えるかが、代理店型自動車保険を選ぶポイントです。

代理店は、もともと営業のための存在です。代理店が新規契約を獲得したり、既存の契約を更新・継続させると、損害保険会社から手数料が出ます。

だから、代理店からアプローチを受けて、AIG損保を検討している方は多いと思います。そういう方々は、その代理店が頼りになるか、有能で親切か等で判断しましょう。

逆に、AIG損保の自動車保険に関心があるけれど、代理店とつながりがないなら、AIG損保が最寄りの代理店を紹介してくれます。

ただし、その代理店とのかかわりはこれまでなかったので、その信頼性や親切さを見抜かなければなりません。

もっとも、判断を誤ったとしても、1年更新の自動車保険なら、翌年の更新で他に乗り換えることができます。神経質になる必要はないでしょう。

しかし、不審な点があったら、早々に他社を検討することをおすすめします。

AIG損保は代理店数が少ないので、かわりの優良代理店が、すぐに見つかる期待は薄いですから・・・

ここ何年も、代理店とのやり取りが電話・郵送だけなら、そろそろダイレクト型への切り替えどきかもしれません。

上の口コミからの印象だと、代理店型自動車保険が適しているのは、事故があってもなくても、代理店との一定のコミュニケーションを求めている方々です。

逆に言うと、この数年を振り返って、代理店の担当者と顔を合わせることなく、電話・郵送のみのやり取りで過ごせているなら、代理店型自動車保険を続ける必要は無さそうです。

というか、実質的にはダイレクト(ネット通販)型と同等のサービスしか受けていません。なのに、保険料はダイレクト(ネット通販)型より高い金額を負担しているのですから、損をしています。

もしかしたら、「ふだんは顔を合わせることがなくても、事故が起こったときのことを考えると、代理店がある方が安心」という方がいるかもしれません。

しかし、代理店型自動車保険でも、事故対応をするのは代理店ではなく、損害保険会社本体です。事故処理について、わたしたちとやり取りするのも、損害保険会社の要員です。

もちろん、事故を起こして代理店に連絡すると、親切に対応してくれるでしょうが、代理店はそのことを損害保険会社に取り次ぐだけです。

損害保険会社と代理店の、仕事の分担のイメージ図

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報