あいおいニッセイ同和の自動車保険の評判はどうですか?

世間でのあいおいニッセイ同和の評判・評価を、統計データをもとに分析しました。

自動車保険に対する口コミはネット上をはじめとして数限りなくあります。しかし、それらから世間での評価の全体像をつかむのは難しいです。

「たまたま出来の悪い担当者にあたった」とか「他の損保会社でも同じ対応になるはず」とか「誤解にもとづく批判」などと思える口コミが少なからずあるからです。

そこで、客観性の高い統計データの分析を通して、世間での評判・評価を探ります。

あいおいニッセイ同和は苦情が少ない会社ですか?多い会社ですか?

あいおいニッセイ同和の苦情発生率を、他の代理店型損保と比較しました。

損保各社と日本損害保険協会は、それぞれの損保会社に対する苦情件数を定期的に公表しています。

そこで、あいおいニッセイ同和の苦情発生率を、他の代理店型損保と比較しました。

下のグラフは、おもな代理店型損保の2020年度の売上高100万円あたりの苦情件数です。

代理店型損保の苦情発生率

AIG損保 セコム損保 日新火災 共栄火災 損保ジャパン 東京海上日動 あいおいニッセイ同和 三井住友海上
あいおいニッセイ同和は、苦情が少ない損害保険会社の一つです。

補足説明

損保各社と日本損害保険協会とが公表するのは会社全体の苦情件数だけです。損保会社よって取り扱う契約件数が異なるので、苦情件数の比較だけでは、多いか少ないかを判定できません。

そこで、売上高の大きさを基準にして、苦情の多い少ないを判定しました。

しかしこのやり方だと、代理店型損保とダイレクト損保との比較は不公平になります。個人向け小口販売がメインのダイレクト損保の方が、あきらかに不利です。

その点に配慮して、上では代理店型損保だけで比較しました。

あいおいニッセイ同和は途中解約が少ない会社ですか?多い会社ですか?

あいおいニッセイ同和の自動車保険の解約発生率を、他の損保会社と比較しました。

損保各社は、自動車保険の解約金の金額を毎年度公表しています。

それをもとに、年間の解約発生率を算出できます。

代理店型・ダイレクト型を合わせた中での順位

下のグラフは、おもな損保会社の2020年度の解約発生率です。

自動車保険解約発生率

チューリッヒ保険 セコム損保 楽天損保 日新火災 東京海上日動 損保ジャパン あいおいニッセイ同和 三井住友海上 アクサダイレクト 共栄火災 イーデザイン損保 AIG損保 セゾン自動車火災 三井ダイレクト損保 ソニー損保 SBI損保
あいおいニッセイ同和の解約発生率は、平均より少し多いようですね。

代理店型だけの中での順位

上のグラフから、代理店型自動車保険だけを抜き出しました。ただし、セコム損保と楽天損保はダイレクト販売(ネット通販)も手掛けています。

解約発生率(代理店型)

セコム損保 楽天損保 日新火災 東京海上日動 損保ジャパン あいおいニッセイ同和 三井住友海上 共栄火災 AIG損保
あいおいニッセイ同和の解約は、代理店型の中では、平均より少ないですね。

補足説明

解約の理由は、不満だけではありません。廃車や運転免許返納などで解約することもあります。

ですから、差が小さいときは、顧客満足度の優劣を判断しにくいです。

しかし、あきらかに他と差があるなら、不満による解約が多いかもしれません。

あいおいニッセイ同和の自動車保険は人気がありますか?売れていますか?

あいおいニッセイ同和の自動車保険の、最近の売り上げの伸び率を、他の損保会社と比較しました。

自動車保険は原則1年契約で、しかも満期で他社に乗り換えてもデメリットがありません。よって、評判や人気が売上高に反映されやすい保険と考えられます。

そこで、自動車保険の売上高の伸び率を調べました。比較のために、損保業界(=代理店型+ダイレクト型)平均と、代理店型の大手4社(あいおいニッセイ同和、損保ジャパン、東京海上日動、三井住友海上)の平均も載せました。

自動車保険 売上高伸び率

あいおいニッセイ同和 大手4社 平均 業界 平均 4% 2% 0 2018 2019 2020
あいおいニッセイ同和は代理店型損保の中では好調で、顧客満足度高そうです。

補足説明

あいおいニッセイ同和のような、元の売上規模が大きな損保会社の場合、増加した金額が大きくても、伸び率の数字は小さくなりやすいです。

そんな中で、2019年度、2020年度のあいおいニッセイ同和売り上げの伸びは立派です。

あいおいニッセイ同和の自動車保険の、評判・評価をまとめました。

ここまでにご案内したの自動車保険についての評判・評価は次の通りでした。

あいおいニッセイ同和の評判・評価

  • 苦情の少なさは損保業界上位。商品やサービスの品質はかなり高いようです。
  • 解約発生率は平均レベルで、顧客満足度はまずまずのようです。
  • 代理店型の中で売上の伸び率は好調です。競争力が高まっているようです。
チェックした3項目に関して、目につく弱点はありません。期待できそうです。

代理店型自動車保険では、代理店がわたしたちの窓口になります。ですから、代理店の品質や信頼性も重要ポイントです。

あいおいニッセイ同和は大手損保だけに、全国にまんべんなく代理店が設置されています。最寄りの代理店の実力を、ご自身で見きわめてください。

2019〜2020年のCM

自動車保険の無料一括見積りサービスはいくつかありますが、以下の理由で、こちらのサービスをおすすめします。

  • 1回入力すれば、複数の気になる自動車保険の見積りが、一気に作成されます。
  • 参加している保険会社数が多く、おすすめしたい自動車保険がすべて含まれています。
  • 『保険見直し本舗』(全国300店舗以上)を展開する株式会社ウェブクルーによるサービスなので、安心感がある。
  • サイトの利用はもちろん無料。
  • サイトは使いやすく、各損害保険会社とのつながりはスムーズ。

自動車保険サイトの1社分の情報を入力すると、おもな自動車保険の保険料が図のように一覧表示されます。

その後、個々の自動車保険のホームページに移動して、さらに条件を変えて、試算をやり直すこともできます。

このサイトの利用者を対象としたアンケート調査によると、月々の保険料が平均して約25,000円安くなったそうです。

読まれている記事
更新情報